逝ってしまった人のことを思う。

今日、
アルバイトのときから数えると
二十年近くいっしょに働いていた人が亡くなりました。
56歳でした。
入院してから一カ月ちょっとしかたっていないので
職場で連絡をもらったとき、
本当に信じられなくて
「えっ?」っという言葉しか出てきませんでした。

お通夜は明日、お葬式はあさって。
まだ信じられないのは、自分の目で見ていないから。
でも。
社内の掲示板に貼ってある黒枠のお知らせの
名前を見るたびに涙が出てくるのは
頭以外のところが気づいてしまっているからかもしれません。

どうか、ちゃんと、お別れが言えますように…。
[PR]

by yuqui084 | 2005-03-15 20:24 | 日々のこと

<< なんとか浮上。 ラジオとメール。 >>