リアリティ

想像もしなかった光景を目の当たりにしたとき、
自分の皮膚感覚と目で見たものの距離を
かなり遠く感じてしまうことがあります。

見ているのに、
「そんなはずはない」と思ってしまうその感覚。
現実なのに、認めたくない。そんな感じ。
そして、もし自分が突然その状況に投げ出されてしまったら…?
そんなことを考えていたら、
のどの奥から頭の後ろ側にかけての
ざらりとした違和感がずっとぬぐえなくて
昨日の夜は意味もなくぼーっと
テレビのニュースを見てしまいました。

ある日突然終わってしまうかもしれない自分の人生。

でも、それにリアリティを感じられるのは
それが本当に終わる瞬間だけなのかもしれません。
[PR]

by yuqui084 | 2005-04-26 17:31 | 日々のこと

<< コンスタンティン カッコいいオヤジ >>