セクシャルハラスメントセミナー

先日、会社で人権セミナーと称する
管理職向けのセクシュアルハラスメントのセミナーがあったのですが、
なぜか法務室の人間と知りあいだったというだけで
管理職でもないのにご指名がかかってしまい、
面白半分(こらこら)で行ってまいりました。

なにせ、うちの会社はまだまだ女性社員が少なく
一番威張ってるのは声のでかいおっさんたちという前時代的な職場で、
女子たちは下手すれば無知なおっさんたちのセクハラ被害に
遭いやすい環境であると思われるわけですが
不思議なことに、
女子のほうもなにかされて黙っているタイプの人間はまず入ってこないという
攻守絶妙(?)のバランスで社内がなりたっております(笑)

まあいうなれば、このセミナーはその有象無象のおっさんたちに
「社風はどうあれ、一般的というか社会的にダメなものはダメなんだから、
あんた下手したら裁判で負けて賠償金払わなきゃなんないよ」
と脅しをかけるために開催されたのではないかと思われるわけですね。
会社的に言うなら
「もしあんたたちが下手うったら、うちが使用者責任とか、
マスコミの取材だとかで迷惑するんだから、
その前にちょっとは勉強しとけ」という意図がありあり(笑)。
というわけで、出席者構成を見てみると、女性は自分ともう一人だけ、
あとはすべておっさんという暑苦しいセミナーとなりました。

講師は、元大阪府知事横山ノックのセクハラ訴訟の
被害者弁護団における主要メンバーだった女性弁護士。
講義のメインは実際にあったセクハラ訴訟の話とその賠償金額。
(やっぱり脅しセミナーだった!笑)
で、どうやらセクハラというのは、何をもってセクハラとするかというのが
一番重要事項らしいのですね。



★セクシュアルハラスメントのタイプ。
【対価型】
 職場の性的な言動に対する(女性)労働者の対応によって、
 その(女性)労働者がその労働条件につき不利益を受けるもの。
 上司の性的誘いを断ったら、次の査定を下げられた、派遣契約を切られた、
 契約継続を盾に交際をせまられたなど。
【環境型】
 職場の性的な言動によって、就業環境が不快なものとなり、
 見過ごせない程度の支障が生じるもの。
 日常的に体に触ってくる上司・同僚がいて、やめて欲しいと言ってもやめない、
 わいせつなポスターやカレンダーを平気でデスクに飾っていて、
 抗議してもやめないなど。

★セクシュアルハラスメントの法的責任
1)民事上の責任
 ①損害賠償請求
   1.不法行為責任(加害者・使用者に求めるもの)
     法律に反する行為をしたことに関する責任。
     また、使用者(事業主)には使用者責任が生ずる。
   2.債務不履行責任(使用者・上司などに求めるもの)
     使用者は、労働契約上の義務として安全配慮義務の他にも
     職場環境配慮義務を負う。
 ②労働法上の救済など
   解雇無効
2)刑事上の責任
  ①刑法176条による強制わいせつ
  ②刑法177条による強姦罪

しかし、強制わいせつや強姦は明らかに犯罪ですが
日常的な態度・会話でどこまでがセーフでどこからがアウトなのか
はっきり言って人によります。
同じことを言われても、
○○さんはOKで、さんはダメなんて良くある話です。
基本的には『セクシュアルハラスメントは相手の判断による』ので
うっかり、とか、このくらいなら、とか、自分は大丈夫などとは
考えないほうがよいと先生はおっしゃっておられました。
まあ、自分がすべての女性に許されていると思うのは
妄想以外の何物でもないわけですが。

で、自分の言動がセクハラに当たるかどうか判断できないときは
次のような基準を当てはめてみればいいとおっしゃっていました。
 1)あなたにとって身近な異性(親、配偶者、兄弟姉妹、恋人など)が同じような
   言動を受けても、「気にするな、たいしたことではない」と言えるかどうか。
 2)あなたの部下が上司の娘であっても同じような言動ができるかどうか。
 3)その場に幼い子供がいても同じような言動ができるかどうか。
 4)その言動を社内報などで取り上げられても気にしないでいられるかどうか
 5)あなたの部下や同僚が他の上司からセクハラを受けて悩んでいても
   「がまんしろ」と言いきれるかどうか。
このような想像力を働かせると、
適切な言動と不適切な言動の区別がつきやすくなるというわけです。

ほらほら、昔から言われているじゃないですか。
「人の嫌がることはしちゃいけないよ」って。
それは、社会の中で生きる人間同士のマナーであり、
ルールでもあるわけですね。

セミナーが終わり、ぞろぞろと会議室を出ていくおっさんたちの顔には
いろいろな感情がのぞいていました。
肩をすくめる人、困惑気味の人、考え込む人…
日ごろから自己主張が先に出る世代。
セクシュアルな面だけに限らず、
「自分と他者との関係」を考えるいい機会になったんじゃないでしょうか。

とかいう自分も、後輩たちに不適切な言動をしないように気をつけなきゃ…
(ちょっとドキドキ)
[PR]

by yuqui084 | 2005-06-29 21:36 | 日々のこと

<< ミュージカル・アンカー 訂正。 >>