119は防災の日

11月になったとたん、会議だの行事だのがいろいろ入るようになりまして
文化祭と体育祭がないのが不思議なくらいです。
ていうか、体育祭とかむしろやって欲しいぞー!(笑)
てなわけで、昨日は防災訓練でした。
社屋移転後初めて、というよりも、ビルが建ってから初めてなので
消防署の皆さんも、いろいろ事前チェックや下準備にいらした様で
廊下で見なれぬ制服姿の方々に遭遇した人多数。
実際の訓練は、朝10時にサイレンの音でスタート。
さすがに社員全員が参加するわけに行かないので、各局5名ほどが参加。
当該参加者はエレベーターを使わずに階段で外に避難、ビル横の広場に集合。
まあ、人によってはだらだらと降りてくる人もいるわけですが
集合点呼のあと、消防救助のデモンストレーションに入ると、
それまでのだらだらぶりから一転、軒並み盛り上がるギャラリーたち(笑)

今回のデモは15階建てのビルの2階から出火、
火はビル内を延焼、8階に取り残された人がいるということで、
ヘリコプターで救急隊員が屋上に降下、ビルの壁面をロープで伝い降りて
8階の窓からビル内に入って取り残された人たちを確保、
その後はしご車のカーゴで地上に下ろすというもの。
ストーリー的には結構なスペクタクルシーンです(笑)。
まず街中・ビル上空に救急ヘリの勇姿が現われると集まった人たちから歓声が。
その後ローターの風に煽られながら救急隊員が屋上フロアに降り立ち、
ロープ一本で足場もなにもないビルの壁をするすると降りてくるとこれまた声が。
もうほとんど「アレグリア」のノリです(おいおい)。
そして『要救助者確保!』の声とともに、今度は最新はしご車の出番。
モーター音を響かせ、自慢げに回転灯をくるくる回しながら
「もうオイラ、天まで伸びちゃうもんね!」と言わんばかりのはしごの伸長ぶり(笑)。
そのまま8階の窓に到着すると、カーゴを開けて救助者を乗せ
救急隊員が担架を用意して待つ地上までゆっくり降りてきて、救助完了!拍手!
いや~、デモとはいえ、ええもん見せてもらいました。
きびきび働く人たちの姿を見るのは気持ちいいっす。
その後、消火器の使い方を教えてもらったり、火事の際の煙体験などをさせてもらい
最後に消防署長さんのお話をうかがって解散。
面白がっちゃいけないと思いつつ、面白かったです!
あと、隣の局の女の子とも話していたのですが、
「制服効果」は侮れないなと。
なにせ、普段着ならふつーのおっさんにしか見えない人が
レスキューのオレンジ色の制服とか、
肩章、腕章のついた紺色の制服を着ていると
凄くかっこよく見えるからあらあら不思議(笑)
ちょっと若手でも、あれでびしっと敬礼なんかされたら、
合コン会場じゃ一番人気なんじゃなかろうかと。
(まあ、合コン会場に制服着てくる男はどうかといわれたらそれは別問題なんですが…笑)
てなわけで、おじさんたちにもちょっとときめいた一日でした(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2005-11-10 23:10 | 日々のこと

<< 謎。 びっくりした! >>