「マン・オブ・ザ・イヤー」とか

アメリカの男性ファッション誌「GQ」が
毎年恒例で選んでいる「マン・オブ・ザ・イヤー(今年を代表する男性)」に
今年はなんとジェニファー・アニストンが選ばれたらしい(笑)。
もちろん、女性が選ばれるのは初めて。
その理由は、ブラッド・ピットと離婚したときのメディア対応が
感情的にならずにサッパリしていたところが〝男らしい〟と評価されたからだそうですが。
対するブラピは、あいかわらず
「アンジェリーナ・ジョリーとつきあっているのは
『Mr.&Ms.Smith』のプロモーションだ」と言われているようですが。
まあ、グウィネス・パルトロウとつきあってたときに、
全裸でぶらぶらしている姿をパパラッチされたときは
ある意味男らしかったかも(笑)

ファッション誌と言えば、
チョイ悪だのなんだのとオヤジ向けのマニュアル雑誌が話題になっていたと思ったら
幻冬社の新雑誌「ゲーテ」の創刊号が出てましたが
テーマが「24時間仕事バカ」。
…それこそバカじゃないの?って感じですが。
「ワーカホリック」って蔑称だと思ってたんだけどなぁ?
「ビジネスホリック」って言い換えたって、バカはバカ。
燃え尽き症候群とか、帰宅拒否症候群とか、主人在宅症候群とか(コレはちょっと違うか)、
仕事に依存しなきゃ生きていけない日本人をこれ以上増やしてどうすんだ?
っていうか、まわりが迷惑だし。
仕事は免罪符じゃないし、
忙しいのを自慢するヤツほど仕事ができない、っていうのがこの世の常。
こんなの読んで喜んでるのはバカしかいないので、
人前で読むのはやめましょう。
…なので、自分は立ち読みで読んだんですが(笑)
目新しいことはな~んにも書いてませんでした。時間のムダ。
でも、こんなんでも広告費はスゴイらしい。

あ、全然関係ないけど
子供に株を教えるっていうのはどうなんですかね?
額に汗して、身体を動かしてお金を稼ぐということを学ばせる前に
「目指せ村上ファンド」とか言ってぽんとお金渡して
「これを運用しなさい」っていうバカ親…。
最初の運用資本金も自分で稼がせろっての!


は~、いかんいかん、また毒を…
[PR]

by yuqui084 | 2005-11-21 23:58 | 日々のこと

<< 県庁の星 眼精疲労 >>