吹っ切った者勝ち?

自分にしては珍しく録画忘れもなく見続けております。
「落語天女おゆい」
今回、まとめて2話見たんですが
なんかもう落語アニメじゃなくてもいいような気がしてきました。
落語はネタというかアイテムとして置いといて、
魔法を使う女の子たちの友情物語でいいじゃん!!
どうせ少年少女達には分からないわけだし。
(…って、ターゲットは少年少女じゃないのかな?)

個人的には、主人公が単純で素直なところがベタだけど結構好きだったり、
意地悪・いじめっ子がいなくて(いじけメガネっ子はいるけど)、
敵味方・善悪わかりやすい古風さが
そこはかとなく漂うB級テイストにマッチしていて
今の時代には逆に新鮮なのではと思ったりもしております。
珍しく男前役の社長もいるしね!(笑)
しかし、準ゴールデンタイムのイロモノキャラと
深夜の二枚目キャラを平行して持っている役者って…。
そして、微妙にイロモノの方が人気あると言う現実(笑)。
いっそしゃべるぬいぐるみも発売してください(マジで)。

来週はヨネスケ師匠(カタカナで書くな~)がご出演の様子。悪役ですって♪
でも、毎回戦闘シーンが迫力に欠けるのは
やっぱり攻撃呪文が「あーぶらこーじのぶらこーじ!」とか
和語だからじゃないでしょうか。印象がひらがななので弱そうだし。
いっそ漢語にして
「貧乏長屋!」とか「傘貼浪人!」(いやいや、それは漢語じゃないし)とかだと
石田右京にも「お目だるい…」とか言われずにすむんじゃないでしょうかね?
[PR]

by yuqui084 | 2006-02-10 01:38 | 社長!

<< 戦い終わって、腹減って… 悲喜こもごも? >>