カラダが時間を刻む人たち。

仕事がらみで、某ラジオ番組の生放送に立ち会ってきました。
初めて調整室に入っての見学だったのですが
けっこうディレクターさんも、スタッフの皆さんもラフな感じで
1時間番組なのに、あっという間に過ぎていった気分でした。
CMの素材がいまだにオープンリールのテープで使われているのにびっくりしたり
時報が別システムで管理されていたり
(そりゃ、万が一遅れたら大変ですもんね)
ニュースは別ブースで読まれていたりと
いろいろ知らなかったことが分かって面白かったです。

で、思ったのは、秒単位の進行なのに
みんな時計とにらめっこするでもなく
さら~っと、それでも時間きっちりにすすんでいくんですね。
自然と身に付いた時間感覚なんでしょうか。
じ…自分にはできない…!!

しかしながら、メインパーソナリティの人より
番組の途中で生ニュースをきっちり時間内で読んだメガネくんに
ついつい目が行ってしまったのは…サガ?(苦笑)
[PR]

by yuqui084 | 2006-05-23 23:47 | 日々のこと

<< Reading stage『キ... ひとの語りと笑いと老いと。 >>