年の瀬です。

そして、また今年も掃除が終わりそうにありません…あはは(遠い目)

といいながらも、
昨日はミュージカル「テニスの王子様」を初めて観に行って参りました。
本当は予習していくつもりだったのが、結局できずに
ぶっつけ本番初見。でも、席が9列目中央でよく見えました
いやー、ステージ上30名弱の若い男前が短パンジャージで歌う、踊る!
衣装からウィッグから、マンガから出てきた人そのまま!
ある意味コスチュームプレイそのもので。
そんでまた、歌の歌詞がですね…熱い!!そして恥ずかしい!!(笑)
でも慣れてくると、気にならなくなるもんですね。
とにかく、ヴィジュアル的には非常に眼福でございました(笑)
娘さんと観にきていたお母さんのお肌がつやつやになるのも分かるね!(笑)
どこのだれかも分からない皆さん!ありがとう!
…というのもなんか申し訳なかったので、パンフレットも買ってみました。
結局、役者さんで唯一名前と顔が一致したのが
映画版にも同じ不二役で出ていた相葉君だけでした(汗)
リョーマ役の桜田くんは役にあった感じで可愛かったなー。
でも、みんなヅラとったら別人だ…(笑)
で、今回観て思ったのは、
ストーリー的にはやはり共通認識を持っていてこそ楽しめる世界だなぁと。
マンガをちゃんと読んでたらもっと面白かったのかもしれません。
(実は原作は3巻くらいまでしか読んでなかったもので…)
技術として舞台上でできることは限られているので
試合のときに繰り出される魔球などは、
どうしても試合を観ている者の解説・感想として台詞で表現するしかなく
そのあたりが、初めて観る者には分かりにくかったなと。
でも、出演者のキャラ立ちがはっきりしているので
ああ、あの巻き毛くんが誰々、前髪はらりのひとが誰々、
あの銀髪くんとメガネくんがコンビで、
帽子の人は怖い人、とわかりやすくて助かりました(笑)
(名前を知らないのがバレバレ)

しかし、今回なによりも衝撃的だったのは、
「きらきらミトン」なるグッズでございました。
会場で売っている公式グッズ。1700円也(高っ!)。
各校のジャージの生地を筒状にして、指のない手袋状にしたものに、
キラキラした端切れが手首のところに縫いつけてあるものなんですが、
なんというか…キラキラ端切れが片面仕様でなんとなく安物くさく、
着用して手を振るにも、どう見てもかなり珍妙なグッズで。
でもね、アンコールで出てきた出演者がみんなそれをつけてるんですよ。
すみません…申し訳なかったんですが、
最後の最後で我慢できずに笑ってしまいました…(爆)
夢から現実に引き戻されるって、こういうことをいうのね(笑)。

今度はM嬢も誘ってみよっと。きっと面白がってくれるはず。
その前に、原作読んでおかなきゃ…。


昨日書いていた「紳士協定」CD、
会場に行く予定だったIさんからお声がけいただきまして、
無事購入していただけました~♪ありがとうございます!m(__)m
は~、今頃社長はハワイか…いいなぁ…
[PR]

by yuqui084 | 2006-12-30 22:48 | 日々のこと

<< そして大晦日。 なつかしいこの年末年始風景…(苦笑) >>