いろいろ盛りだくさん

な、週末でした。

「ラッキーナンバー7」を観て
「WE WILL ROCK YOU」を観て
「ディパーテッド」を観て
M嬢のお誕生日祝いをして

宅急便で
「日本沈没 スペシャルコレクターズエディション」と
「% takuya kimura」と
「Fate Zero」と
「螺鈿迷宮」を受け取って…

あああ…また積みあげるものが増えてしまった…(爆)
今平行して読んでる本が3冊あるのに
我慢しきれずに「Fate Zero」を読み始めて
本編プレイ時からその片鱗を見せていた第四次マスター萌えを増殖させる始末。
これで衛宮切嗣が社長だったなら…!!(まだいうか)

「WE WILL ROCK YOU」は楽しかったです。
ストーリー自体は単純明快、歌は知っている曲がほとんどだったので
半分くらいは字幕を見なくても大丈夫でした。
役者の皆さんがけっこうもっさり体型だったのに、なんだか安心したりして(笑)。
でも歌はパンチが効いていて気持ちよかったし、
観客の皆さんも拍手歓声が他のミュージカルより断然多くてノリがいい。
もちろん、自分も一緒に歌ってきましたよ~。
クイーンの曲を愛している人たちがたくさん来ていて、その一体感も
演出の一部になっているようでした。
自分たちの座っていた席の一列前に、超ノリノリのお姉さま方がいて、
その方々のリアクション込みで面白かった!(笑)

「ラッキーナンバー7」と「ディパーテッド」、
どっちを見ようかなと悩んでる人には
断然「ラッキーナンバー7」をおすすめします。
「ディパーテッド」と「インファナルアフェア」で悩んでる人には
圧倒的に「インファナルアフェア」をおすすめします。
あくまでも個人的にですが。
「ディパーテッド」、マーティン・スコセッシ節は健在のようですが、
いかんせん物語の背景をごちゃごちゃさせすぎて…
おまけに「チームアメリカ・ワールドポリス」以来
マット・デイモンを見ると…(以下略)
「ラッキーナンバー7」の勝因は
ジョシュ・ハートネットがプリティすぎました。ギャランドゥ込みで。…鼻折れてるけど(爆)
あと、「16ブロック」以来のブルース・ウィリス贔屓と、
70年代風の美術が良かったので。



そうそう、「劇場版ブリーチ MEMORIES OF NOBODY」も観ました。
劇場版にしてはしょぼいストーリーと作画だなぁ…と思っていたら
江原正士さんの咆哮にハートを打ち抜かれました(爆)
モリモリといい、江原さんといい、なんであんなにクリアに叫べるんでしょう。
…この作品にはなんとももったいなさすぎる。


ネオロマライブ秋のDVDは
全部観る時間がなくて一部分のみ鑑賞。
すっかり「グラマラスビーナス」を歌い慣れた社長に安定感(笑)
久しぶりに動いている社長を観たら、イベント熱がふつふつと…。
こういう時に限って次のネオロマはコルダオンリー(涙)
禁断症状が出るまでにライブパスコレの詳細が出てくれますように…!
[PR]

by yuqui084 | 2007-01-22 01:13 | 日々のこと

<< 湧き出ずる萌えと押し寄せる現実。 ケンユウオフィス5周年記念公演 >>