さてご陽気に参りましょう♪(5周年イベントその2)

タイトルが意味不明…

さすがに一週間以上たつといろいろ忘れているもんですね。
ていうか、最初から印象深いことを
適当にしか覚えていないのが自分であると…(汗)
もし、普通の話を期待していた方がいたらごめんなさい(先に平伏)。

さて、第1部に引き続き、よりフリーダムな(笑)第2部に突入。



舞台転換の暗転とともに、会場脇のドアから
セルジオ・メンデス「マシュケナダ」(?)を歌いながら登場したのは、
宝亀克寿さん率いる「宝5(トレジャーファイブ)」の皆さん。
といっても、この場はラテン担当の橘U子さんと武田華さんとの3名編成。
(残りの2名は後ほど登場)
お衣装もラテンで、観客の目は宝亀さんのアフロ&白スーツと
橘さんの素敵なバストラインに釘付け!
そのまま通路を練り歩く3人に観客も大喜び。
その間に舞台にはニューヨークの寿司屋のカウンターが(笑)。

正面舞台がライトアップされると
いよいよ社長作コント「寿司食いねぇ?」のスタート。
「NYのアニメフェアを訪れているアニメ同好会の大学生たちが
偶然寿司屋で出会った人とは?!」
という登場人物を見ただけでもネタバレ感満載(笑)の筋ですが、
なぜNYなのかは不明。
けんじゅうのカウンタートークもNY設定だったし、
単なるNY好きなのか…?
別に某コミケ帰りの築地の寿司屋でも
まったく違和感なしの話ではあります(笑)。
出演者は花輪英司さん、奈良徹さん、新田万紀子さんの
トークバック出身若手+講師の堀江真理子さん。
そして社長に大御所たてかべさん。
このメンバーからして、
どうみてもジャイアン・フィーチャリング・ストーリー(笑)
しかしながらこのコーナーのたてかべさんは軽快でした。
昨年の25周年記念イベントゲストで、
ステージに呼ばれて会場の階段を転げ落ちやしないかと
その場にいた者たちをハラハラさせた歩みもしっかりしており、
ツッコミのタイミングもグッド。
それどころか社長の台詞抜けを指摘するという余裕まで(笑)。
その点はやっぱり役者なのだなぁと。
与えられた役には全力で応えるプロ。
若手の皆さんも、少々緊張しながらも元気さをアピール。
そして、若手に囲まれて胴上げされるたてかべさんは
心なしかうれしそうでした。
(地面に降りたときはちょっと青ざめてたけど…笑)

その後は、プロジェクターを利用して、
写真とともに振り返る事務所の5年間というフリートーク。
出演者はトークバック講師チーム=古田、池本、堀江、
卒業生チーム=花輪、奈良、新田の各氏と、社長&たてかべさん。
まずスクリーンに映し出されたのは
家族旅行の記念かと思われるような
社長とたてかべさんのスナップ写真(笑)
どうやらふたりの新婚旅行の写真らしいです(本人談…笑)
とはいえ、昼夜同じ素材を使っているのに、
微妙に話のネタがかぶらない面白トークを繰り広げる2人。
さすが、行き当たりばったり…もとい、変幻自在のトークの魔術師。
ていうか、まるで社長とたてかべさんの漫才コーナーみたいでした(笑)。
その次には若手のトークバック時代の写真について
先生や当人から思い出が語られました。
なにげにツッコミの鋭い司会は紗川じゅんさん。
さすがケンユウオフィス、
社長がボケキャラなためか、ツッコミ人材が豊富(笑)
フリートークというかほとんど雑談みたいなものでしたが、
それを聞いている観客も
なんとなく井戸端会議に参加しているような不思議な気分に。

そしてその後は、社長の紹介を受けて、
お待ちかね本邦初公開事務所発ユニット
「matsu-ragi(マツラギ)」のお披露目です。
「宝5」のアイドル担当、姫・河原木志穂さんと王子・松本さちさん。
ピンクと茶色のかわいい衣装でさわやかに歌う2人。
これで事務所的に実力派アイドル声優路線も確保か!と思いきや、
いかにもアイドルルックスな河原木さんが
「うちのボス、昼の部では『どうぞ!』としか言えなかったのに、
夜の部はちゃんと曲名を言ってくれました~!」となにげにツッコミキャラ。

カラーだ…!
これはもう事務所のカラーとしか言いようがない…!!
(爆笑)

そして2人&会場のみんなの「賢雄さ~ん!」コールで
再び社長登場。
すっかりネタになってしまったカンペを片手にしっかり握りしめ、
「matsu-ragi」の美しいハーモニーをバックコーラスに、
オリジナル曲「君を抱きしめて」を熱唱。
さすがにネタらしくカンペは見てませんでしたが
しっかり昼夜同じところの歌詞を間違っていました…(爆)
でも、とっても気持ちよさそうでした。

オーラスは、出演者全員でご挨拶。
一人一人を名前を挙げて紹介する社長。
実は、握り締めていたのはこのためのカンペでした(笑)。

ユニークで、明るい、陽気な、でもとっても真面目な事務所カラーを
最後にずらっとならんだ人たちを見ながら感じました。
実はこのイベントをやることになって初めて、
うちにはこんなに歌の上手いヤツらがいたんだ…とわかったんだそうで
次は、小さいライブハウスとかでもいいので、
歌のイベントをやってみたいんだとか。
「そのときは、僕は司会です」とか言ってましたけど
絶対に歌うよね、社長…(笑)
というわけで、昨年の25周年イベントに引き続き
アットホームであったかな、手作り感溢れるイベントでございました。
これからも、できたら年1回くらいは
なにかイベントができればいいなとおっしゃっていましたが
それはもうあなた次第だと、こっそり客席から突っ込んでおきました(笑)

というわけで、スタッフのみなさんもお疲れさまでした!
物販や会場整理には若手の皆さんがお手伝いをしていて
個人的にカワイイ子チェックをしている自分がちょっとオヤジだなぁと反省。
とりあえず、グッズはお布施として買いました。(笑)

締めとして、サンケイスポーツの記事はこちら
関東版芸能面にカラーで載るなんてねぇ…。
記念品としてしっかり買って帰りました。

7月のネオロマ出演もないし、次に社長のお姿を拝めるのは
9月のSSDSイベントでしょうか。
ちょっと寂しいですが、
しばらくはゆっくり休んでいただきたいなとも思うし…。
とりあえず、監督に居残りさせられて泣きながら録ったという
「人生は、奇跡の詩」のロベルト・ベニーニはチェックしまーす!!(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2007-05-09 16:24 | 社長!

<< GWのお楽しみ【映画編】 笑顔と心意気。(5周年イベント... >>