「ミスト」

携帯からなので、改行等変だったらすみません。
会社から飛んで帰って
Amazonからの荷物を受け取り、
たった今見終わりました。
スティーブンキング原作、フランク・ダラボン脚本&監督「ミスト」。
原作は十数年前に読んでたんですが、
いやもう
エンディングで思わず
ええええええー!!!???と声が。
ひどいよフランク・ダラボン監督…
わざわざオリジナルエンディングにしてこれですか…orz
確かに、衝撃のラストには違いない(爆)。
いや、かなり面白かったのは事実ですが。
終盤、デッド・カン・ダンスの「ザ・ホスト・オブ・セラフィム」が効果的に使われておりました。
主人公を演じていたトーマス・ジェーンは、
どこかで見た顔だなぁ…と思っていたら
同じスティーブン・キング原作の「ドリーム・キャッチャー」に出てた人でした。
ホラー役者なのかな?
とりあえず、ホラーとか、スリラーとかパニック映画が嫌いな人には
全くおすすめしませんが
堀内賢雄ファンは一見の価値あり
子供に語りかける優しい声から絶望的な絶叫まで
持ってる引き出し開けまくってます!(笑)
そして全編しゃべりっぱなし。
古澤徹さんキャラとの兄貴弟分対決も楽しめます(笑)。
同じお父さん役なら「蛇男」よりも断然こちらがおすすめ。

というわけでキャスト。
トーマス・ジェーン:堀内賢雄
マーシャ・ゲイ・ハーデン:宮寺智子
ローリー・ホールデン:日野由利加
アンドレ・ブラウアー:古澤徹
トビー・ジョーンズ:茶風林
ウイリアム・サドラー:辻親八

この吹き替え全盛のご時世に
パッケージにキャスト名書いてくれないんだもんなぁ…。
実は第一声を聞くまでちょっとドキドキしてました。
本編のエンドクレジットのあとに
詳しい吹き替えキャストクレジットを入れてくれています。

実は、コレクターズ・エディションを買ったので
特典ディスクがもう一枚あるんですが、
ラストの衝撃が大きくて、今日は続きを見られそうにありません。
メイキングやらなにやら228分!も入っているそうなので
また改めてしっかり見たいと思います。
(なにげにメイキング好き)
ではではおやすみなさい~
[PR]

by yuqui084 | 2008-09-19 00:25 | 社長!

<< おばあちゃんの日 「なんやかんやは…なんやかんや... >>