カテゴリ:音楽( 18 )

ナイスなおっさんライブ♪

はー、もう11月ですね。
そう言ってる間に今年も終わりですよ。
風邪も流行っているようですし、みなさんお身体には気をつけて。
文化の日あたりはなんやかんやと忙しく、
あっち行ったりこっち行ったりしておりましたが、
そちらはまた別項で。

さて、このあいだは久々の洋楽ライヴに行って来ました。
ホワイトスネイクとデフレパートのダブル・ヘッドライナーツアー。
いつものことながら、仕事終わりにヒールでダッシュ!
いや~、最近J関係や邦楽のコンサートでしか行ってなかったせいか、
久々に半分しか使ってない大阪城ホールをみました(苦笑)。
ただ、前回がスマップさんのドームコンサートだったせいか、
「ちゃんと裸眼で見える」印象。
いい距離感でありました。

さて、演奏はWS→DLの順。
間にセットチェンジが25~30分くらいあるので、
だいたい各一時間半が持ち時間。
WSのオープニングは今年発売の新譜から「Best Years」。
(ちゃんと予習しました…笑)
しかしながら、自分の席は左翼の端だったためか、
どうやらPAのレンジ外だったらしく、いきなりショボイ音…(涙)
WSさん…これって、たしかワールドツアーのはずでは…?(泣)
で、一応新譜は買ったものの、
実は最近のメンバーが誰か誰やらよく判らず…(汗)。
でも、技巧派ギタリスト、ダグ・アルドリッチ&レヴ・ビーチの演奏はぐっときました。
それに、まさか今になって自分の人生の中で
あの「Is This Love」を生で聴けるとは思ってなかったので、感慨深かった。

で、セットチェンジのあとはDLさん。
いきなり響く重低音。…やっぱり機材の差が…(涙)
おまけにDLさん、ヒットソング満載のサービスライブで。
「Rocket」から始まり、
アコースティックバージョンの「Bringin’ On The Heartbreak」、
「Pour Some Suger On Me」~「Rock Of Ages」まで、
今何年だっけ?という懐メロ揃い(笑)。
お客さんは大喜び。
個人的には
ジョー・エリオットのメタボぶりに比べて、
フィル・コリン&ヴィヴィアン・キャンベルの
精悍なダブルおっさんギターに、
思わずときめきまくりました!か…かっこいい!

てなわけで、終了は10時をまわり、
自分も含め、結構観客の年齢層は高かったんですが、
それもいい感じの疲労感。
なんだかあったかいものが流れるライブでした。

帰ってから、「サーペンス・アルバス」を聞き直したのはヒ・ミ・ツ。
[PR]

by yuqui084 | 2008-11-05 17:31 | 音楽

眼鏡ッ子祭り

「めがねっこ」を変換したら、「目が根っこ」と出ました。
こんにちは。道場洋三です(嘘)。

病未だ完治せず、目薬がお友達。
遠近感がおぼつかなくて、
階段でなんども落ちそうになるのはなんとかしたいっす…(汗)

さて、昨日は大阪城ホールでの
元祖眼鏡ッ子・アンジェラ・アキのライブに行って参りました。
大阪城ホールができてから25年、
ピアノ弾き語りライブが行われるのは始めてのことだったそうですが、
中央バトンから吊ってあったスピーカーのバランスもよく、
思ったよりいい音響具合でした。
アリーナ中央に通天閣のつもり(笑)でかたどったという
8角形の回転ステージ。
楽器はグランドピアノ一台のみ。
舞台がシンプルなだけに、照明の構成などはデザイナーさんの腕の見せどころ、
といったところですが、実際の所はやっぱり、
声&ピアノメインの奇をてらわない真っ直ぐなライブでした。
MCでは、相変わらずアンジーはよくしゃべっておられました。
歌って弾いて笑いもとれるナイスなアーティストです(笑)。
六甲おろし熱唱や、スナック「ふるさと」開店、
くいだおれ太郎さんのゲスト(笑)という
サービス満点・もりだくさんなライブでした。
前回のZEPPでは泣かなかったのに、
今回は3曲目(だっけ?)の「TODAY」でもう涙。
「THIS LOVE」でもやっぱり涙。
率直で真っ直ぐな歌詞、
よく伸びる声に全身の水分を揺さぶられた感じ。
心地よいカタルシス。
今回は、アンコールで住吉少年少女合唱団の皆さんと共に、
1万4000人で新曲「手紙」を歌いました。
なつかしーなー、NHK合唱コンクール。
うちの学校はいつも予選落ちでしたが(爆)。
「手紙」は、帰る頃には丸一曲覚えちゃいました。
現在、「ポニョ」に次ぐ鼻歌ソングです(笑)。
[PR]

by yuqui084 | 2008-09-08 18:27 | 音楽

みんな大人になるのね。

昨日は久々にひどい二日酔いで
仕事の合間にトイレや会議室にこもって休憩。
そんな時に限って打ち合わせや昼食会が…(爆)
昼ごはん残してごめんなさい。

そうやって1日死にそうになりながらも、
夕方のライブには色んなものをぶっちぎってダッシュで。
幸い、2階中央最前列という良席で座ったまま観ることができてよかった。
B-Tさんのライブは何年ぶりかという感じでしたが
ステージセットがかなり洗練されていて目を見張りました。
よもやLEDをバックに歌う人たちを観られるとは…!
天使のリボルバー(初回生産限定盤)(DVD付)
BUCK-TICK / / BMG JAPAN



今回、予習を初回特典版のCD&DVDでやったので
現状のメンバーたちのヴィジュアルはなんとなく確認していたんですが
なんですか、ユータのあのかわいさは!!!
一時期兄弟揃って大変なことになっていた(おいおい)のですが
昨日ステージに上がってたちっこくてカワイイ人はまるで別人のようでした。
櫻井さんはですね…DVDを観てある程度覚悟はしていったのですが
やっぱりちょっとどすこい感じに…(爆)
きっとあの衣装のせいよね。むっちりしたベージュの革スーツ。
ベージュは膨張色なんですってば(涙)。
でも、MCではちゃんとしゃべってたし、謙虚だったし、関西弁使ってくれたし
なんと、ホールまで褒めましたよ。
…大人になったんですね(感涙)。
ヒデはなんか肩の力が抜けた感じのかっこよさ。
くわえ煙草プレイとか似合いそう。いい感じに年をとってますね。
と思ったら、左のギタリストさんはどこの桜塚やっくんかと(←こらー!)。
いやー、今井さん、常にマイペースでイイ!(笑)
そして、我らがアニイは不動のスタイル。
なんか観ているとどんどんうれしくなってくるステージで。
20年たってもいいなぁ、この人達の仲の良さは。
そして20年たったおかげで円くなったところもあって、
「大人のロック」の枠に踏み込み始めているかんじ。
今回の新譜もサウンドはかなり大人な印象があってお気に入りです。
というわけで、12月22日の追加公演もチケットとってしまいました。
このツアーをもう一度観られるのは嬉しいかも。
今度はもっとちゃんと予習して行きます(笑)

そして、ライブ後の宴会がこれまた楽しかった(また飲んでる!)
仕事がらみで知り合って好きな音楽の傾向が似ているということで友達になり
昨日はその彼女のお友達とも初めて会ったんですけど
やっぱりいろいろ歩いてきた道(笑)がかぶってると
説明をせずに話が分かるので、
初めて会った人とは思えないような盛り上がり!
さすがに自重してビール一杯と後はペリエでやりすごしたのに
かわされる酔っ払いのようなトーク!
LSB世代最高(笑)。
ああ、ここに職人さんがいたらなぁ…(涙)。

というわけで、いまだライブ咀嚼中。
いかんいかん、明日は「声優口演」なのに。
社長のバスター・キートン、堪能してきます。
[PR]

by yuqui084 | 2007-10-27 16:11 | 音楽

背筋が伸びる歌

最近はなにかと新しいモノを観る機会が多く、
毎回自分の細胞のどこかが書き換えられているような気分でございます。
歌舞伎しかり、ライヴしかり。

金曜日のアンジェラ・アキのライヴでは、
珍しく「This Love」ではなく「キス・ミー・グッバイ」に泣けました。
曲前のコメントにグッときて、最終的にはアンジーに釣られ泣き(笑)。
4拍以上伸ばす声の響きがまさに腹式!って感じで、聴いていてとても気持ちよかった。
多分唱っている方も気持ちいいんじゃないかなー。

まさかBONJOVIやチャゲ&飛鳥を合唱させられるとは思いませんでしたが、
それはそれで楽しかった(笑)。
「livin`on a prayer」がワンコーラス全部歌えたのには自分でも驚いた。
覚えてるものなんですね(笑)
いやー、でもさすがにオールスタンディング2時間、
それも回りの皆さん全然動かずの体勢はちょっとつらかった…。
少なくとも踊ったり揺れることができればそんなに苦痛じゃないんですが、
みんな密集地帯でじっとしてるんだもん…(涙)。
立ち位置選択失敗。もう少し前なら強制的に波に巻き込まれるし、
もう少し後ろなら見えなくても体は動かせたなぁと。
ライブハウスでは中央が一番しんどいのを今更ながらに思い出しました。
そういえば、昔は最前までつっこんでいくか
一番後ろでのんびり観るかのどちらかしかしなかった…(爆)

で、生でみるアンジーはやっぱり漢前でした(笑)。
自分の夢があって、まっとうに生きている人のオーラがあった。
すごく健全な姿勢に、こちらの背筋も伸びるようでした。
まっすぐな人をみるのは気持ちがいい。そう感じさせるライブでした。

このワタクシの汚れきった細胞も、
どこか一部でいいからきれいに書き換えられてたらいいのになぁ…(もう無理)
[PR]

by yuqui084 | 2006-10-23 18:22 | 音楽

ゆるぎない力強さ

最近のヘビーローテーションはコレ。
Home (通常盤)
アンジェラ・アキ / ERJ

うっかりして発売日の3日ほど後にCDショップに行ったら
近場の4件全て、初回版がSOLD OUTでした(涙)
(その中の1軒は、通常版すらも売り切れていてびっくり)
それで仕方なく通常版を購入。

かなり好きです、アンジェラ・アキ。
なんていうか…メガネっ娘萌え?(ウソ)。
歌う姿がとっても雄々しい…というのも変ですが(笑)。
一番最初に歌っている姿を見たのは
たしか偶然観たミュージックステーション初出演の時だったと思いますが
なぜか聴いているうちに思わず涙が。
歌を聴いて泣けるのはここ久しくなかったので自分でもびっくり。
今回CDで聴いても「THIS LOVE」で泣けました。
なんでだろう…「Kiss Me Good-Bye」は全然印象に残らなかったのに。

やっぱり歌詞と、歌う姿の力強さかな。
歌に対する揺るぎない姿勢に憧れます。
LIVEで聴いてみたいけど、ZEPP大阪か…それも金曜…(汗)
うむむ…要検討なり。
[PR]

by yuqui084 | 2006-06-20 01:58 | 音楽

やはり侮りがたし!「おねがいマイメロディ」(笑)

今発売中のこのCD、

おねがいマイメロディ 柊恵一 ヴァイオリンソロアルバム
柊恵一 / インターチャネル(K)



演奏者:柊恵一。ひいらぎしゃまですな(笑)
まあ、いくらなんでも置鮎龍太郎氏が弾いてるわけない(笑)と思っていたら
今日の朝日新聞夕刊で正体が明かされていました。
曲のチョイスをし、演奏しているのは
長原幸太さんという人。

…ちょっとまて。
長原さんって…大フィルのコンマスじゃん!!

というわけで、プロフィールはこちら
(主席コンサートマスターのお名前リンクで個人プロフィールに飛べます)

個人でも「あしなが育英会」のチャリティーコンサートや
ジャズのライブなどにも参加してクロスオーバーに活動してらっしゃいます。
もちろん技術は第一級。

やっぱりあなどれんなマイメロ…!(笑)
結構な難曲ばかり集めてると思ったらこういうことだったとは。
うーむ、結構好きな曲ばかりだし、
長原氏が演奏してるなら買ってみようかな…
[PR]

by yuqui084 | 2006-04-19 17:45 | 音楽

最近のヘビーローテーション

Fate/another score-super remix tracks-
ゲーム・ミュージック NUMBER 201 / ジェネオン エンタテインメント

このところ、通勤で、家でずーっとかけているんですが、
…これイイ!!
今でこそカラオケで「越冬つばめ」「天城越え」を熱唱し、
「愛・終列車」に落涙、「オリジナルスマイル」で大喜び、
という音楽生活を送っている自分ですが、
かつてはTEST DEPT、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、
ミニストリーというインダストリー系を愛聴して、
当時付き合っていた彼氏に「普通じゃない」と言われた黒歴史があり、
それからテクノにソフト移行(苦笑)して聴いていたのが
今は亡きオービタルやアンダーワールド。
そのあたりからの音楽が好きな人にはお勧めの一枚!!
(前置きが長いっつーの。そして古い)。
最近のカテゴリーには全然疎いんですが、
ジャンルとしてはどうやら「トランス」らしい?(もう年寄りにはさっぱり分からんよ…)
まあ、有体に言えば、
PCゲーム(現在アニメ放映中)のサントラのリミックス盤なんですけど(笑)
もともとゲームで使われていた曲も好きなのですが、
リミックス盤はかな-りカッコ良くなっております。
どっちかというと、オリジナルに比べて旋律よりビート優先ではあるのですが、
ビジュアルノベルというスタイルのゲームらしく、
どうしてもストーリーと音楽がセットになるもんで、
やっぱり今でも「EMIYA」で泣ける…。

ちなみに自分、一番好きなストーリーは「凛ルート」、
一番好きなキャラクターは「遠坂凛」でした
(我ながら分かりやすい!…笑)

More…
[PR]

by yuqui084 | 2006-04-03 17:54 | 音楽

「ミュージック・サプリvol.1 松谷卓」

クラシックコンサートホール「いずみホール」が、
音楽ホールでの演奏会を身近に楽しんでもらいたいと企画した
『癒し系』コンサートである「ミュージック・サプリ」。
その第一回目の出演者は若手作曲家・松谷卓さん
CM、舞台、テレビ番組などの音楽を手がけ、
2002年に放送開始したABC「大改造!劇的ビフォー・アフター」の音楽で話題になり、
最近では「いま会いにゆきます」「七人の弔い」「タッチ」「県庁の星」など
映画音楽も数々手がける実力派。1979年生まれ。
影響を受けた作曲家が、バルトーク、カバレフスキー、
プロコフィエフ、スティーヴ・ライヒ(…渋い)。

ふわふわのひよこのような金髪、かなりの照れ屋さん、
なのに、仕事に一生懸命&サービス精神は人一倍という人となりが、
個人的に声優・三木眞一郎氏を彷彿とさせてくれます(…比喩的にどうなんだそれは)。

これまでコンピレーションアルバム「Image」のツアーなどで
全国を回ったこともあるそうですが、
クラシック専門ホールでのアコースティックライヴは初めてだそうで、
今回はヴァイオリンとチェロ奏者も交えたアンサンブル構成。
なかなか一緒に練習ができず、当日はリハーサルを4時間もやったとご本人たち。
途中のソロ曲も含めてできるだけ沢山の曲を聴いて帰って欲しいと、
休憩なしで約2時間のコンサートでした。

More…
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-13 16:35 | 音楽

癒しの音色、プリーズ。

メールフォームからメッセージをいただきました方へ。
お言葉ありがとうございます。m(__)m
でも、なんだかマイナー情報ばかりですみません。
社長情報は、他のサイトさんの方が豊富だし早いし、詳しいので
自分自身いつも人様におんぶにだっこなのでございます。
こんなところでよろしければ、また覗いてやってくださいませ。

さて、
会社に届けられるフリーペーパーに紹介されていたのですが
いずみホールが企画している「ミュージックサプリ」というイベントは、
仕事帰りでも行ける心持ちゆっくりスタートのイベントらしいのです。
もともと終業時間が通常でも映画の最終回に間に合わない上、
下手したらレイトショーも間に合わなかったりする職場なもので
平日にコンサートなんてとんでもない!って感じなのですが
スタートが午後7時半なら行けるかもしれない…と
ダメもとでチケットとってみました。

ミュージックサプリ vol.1「松谷卓」

なんで気になったかというと、この方、
「大改造!ビフォーアフター」の音楽を作っている人らしいのですよ。
リフォーム終了のお披露目パートで
加藤みどり@サザエさんの「…なんということでしょう!」の
バックに流れているあの曲ですよ!!(笑)
気持ちよさげでしょう?
実は大阪科学技術センターのプラネタリウムのウエイティングBGMにも
使われていたりするのですが、結構耳に残る曲で。
ちょっと生で聴いてみたいなぁと。
万が一人を誘って自分が行けなくなると申し訳ないので
とりあえずチケットは一枚だけ。
セブンイレブンにあるぴあの発券機でとったら、なぜか最前列でした(爆)
がんばって、仕事ぶっちぎって癒されてきます~♪
[PR]

by yuqui084 | 2006-02-23 22:50 | 音楽

ラブ!!なライヴ。

デビューから早10年。
宇宙人だの王子さまだの数々の職業(笑)を経て
今日も輝き続けるミッチーこと及川光博元王子。
最近は3000~5000のキャパの会場も埋めるというのに
なんと、今回はライブハウスツアーです。

というわけで、行って参りました。
10 YEARS A GO GO!!
及川光博ライヴツアー05/06
「意志の上にも10年」

(会場:なんばHatch)

かつては某バンドの追っかけで全国津津浦浦のライブハウスを巡ったものですが
さすがにもうこの歳ではそれもできず、
時間と体力とライヴの席は金で買う怠惰な大人になってしまい
めっきりライヴハウスに行くこともなくなってしまっていた今日この頃。
いや~、疲れました!!
待ち時間を合わせると、延々4時間の立ちっぱなし&踊りっぱなし。

でも楽しかった!燃えました!(笑)

オープニングからノリノリのロックンロール、華麗なダンス!
ルックスは端正な王子さまなのに、トークはちょっとしたお笑い芸人をしのぐ軽妙さ。
昨日は本人も「ほら、親しみやすいでしょ?ミステリアスなのは顔だけ(笑)」と
初心者ベイベーに話しかけてました。
ちなみに、ライブ会場では女性の観客はすべて「ベイベー」と呼ばれ、
男性は「男子」(笑)と呼ばれます。
ミッチーライブの男子はノリもいいし、団結力もあって
会場占拠率90%以上の「ベイベー」たちにも、
好感を持って受け入れられている様子(笑)

今回のライブツアーも、一階客席はオールスタンディングということもあり
ステージとフロアの一体感は気持ちいいほどでした。
最近はミスチルやSMAPのドームコンサートみたいな
大きいハコでしかライブを観てなかったので
なんばハッチはすごくステージが近く感じたし、
実際、出演者の表情までよく見えました。
ミッチーはMCなどでは終始にこにこして楽しそうだったし
バックバンド「10年ズ」(笑)の皆さん(師匠!お誕生日おめでとう!)も、
いつものコーラスのリエお姉さま(スタイル抜群!)も楽しそうでした。
興にのるとどんどん長くなるMCのネタも
10年間の活動のことや、去年~今年の活動のこと、
(どうやら去年はライブより映画・ドラマの撮影にとられる時間の方が多かった模様。
それも公家方の役とか、やんごとない身分の役とかそんなんばっかり…笑)
かわいくてかわいくて仕方のない姪っ子のことなどバラエティ豊富。
16日のCX「西遊記」にもコスプレ出演するそうです。
「コスプレに関しては、キムタクの上を行く」と自画自賛(笑)していたので、
是非ともビデオセットしとかなくちゃ(笑)

楽曲は11年前に作った曲から最新リリース曲まで
途中バラードコーナーもはさみながら、ノリの良い曲を集めた構成。
お約束の「モラリティー」「強烈ロマンス」「悲しみロケット2号」のあたりは
大盛り上がり!アレンジがロック調で乗りやすさ最高潮。
アンコールの「CRAZY A GOGO!!」も気持ちよかった!!
というわけで、最近うっとおしいことの多かった気分が一掃されました。
ありがとうミッチー!合い言葉はラブ!
数日後に来るはずの筋肉痛も気合いで乗り越えるぜ!(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2006-01-15 22:26 | 音楽