カテゴリ:「J」( 4 )

関ジャニ∞ 「 TOUR 2006 Funky Tokyo Osaka Nagoya」

せっかくなので、ぽつぽつと過去のできごとを書いてみるテスト(笑)。

なんだか今年はジャニーズ関係でお初なことが多いです。
去年までだったら、GWに大阪城公園駅で色とりどりの筒(ポスター)と
うちわを持ったお嬢さんたちが環状線に乗り込んできても、
ああ、どこかのグループがコンサートやってるのね…ぐらいにしか思ってなかったのに
今年は、彼女らと一緒に電車下りちゃいましたから(笑)

というわけで、行って来ました。
M嬢「YOU&J」入会記念(笑)、5月5日こどもの日
「関ジャニ∞ CONCERT TOUR 2006 Funky Tokyo Osaka Nagoya」。
昼夜で申し込んだのが振り替えられて朝(10時)と夜(18時)の部に参戦。
メンバーの顔も名前も、下手したら人数も分からないという超初心者状態でしたが
結構楽しめました。(以下敬称略)

More
[PR]

by yuqui084 | 2006-05-11 11:23 | 「J」

「Spring Tour'06  Live of KAT-TUN “Real Face”」 in 福岡

多分誰も期待してないと思うんですけど、記念なので感想(笑)。
いやいや、なにが感慨深かったって、
彼らはメンバーのことを「くん」付けで呼ばないって事ですね。
伝統的源氏名は時代と共に消えていくのかと。
おまけに、「おめぇら~!盛り上がらないと命はないぞー!」と脅されるとは!(爆笑)
というわけで、タメ口にはタメ口で。以下敬称略。

今回はなにもかもが初めてのライブだったので、
さすがに会場入りしたときはきょろきょろしちゃいました。
博多マリンメッセ、キャパは約12000。
アリーナ会場のお弁当箱形セッティング…なつかしー!
前方にスチールの要塞のようなセット、
アクリルのスケルトンステージがメインステージに組み込まれるようにはめ込まれ
スタンド外周に沿って、お約束の花道がセット。
バックのステージはメインステージに組み込まれているものと同じアクリルステージ。
アリーナは前からA→B→Cと下がっていき、
AブロックとBブロックの間に、ショートカット用の低くて細い花道が一本。
そして、スタンドの中央通路には人力のトロッコが走る親切設計。
スタンドの上の方でも、しっかりとメンバーが近くまでやってきてくれます(笑)
印象は…とってもお金がかかっている!!!
セリはあがるわ、リフターはあがるわ、トロッコは走るわ、
ミドルステージはうごくわ、特効は派手だわで、まるでテーマパークのよう。
SMAPのデビューコンサートとは比べ物にならないくらいの豪華さです。
さすが、飛ぶ鳥を落とす勢いの事務所イチオシグループ。

で、我々は昼公演が2本だったのですが、
8日がアリーナB4ブロック3列め、9日がスタンドRブロック5列目。
なにげに遠近両方から観られてよかった。
時々、アリーナのブロックを左から右に縦にA→B→Cと切っていくスタイルがあり
最初からあんまり前の方だといやだなぁと思ってたので
座席表をみたらAの後ろだし、よかったなぁと安心していたら
なんのなんの、ここがとんでもない席でした。

More…
[PR]

by yuqui084 | 2006-04-14 01:57 | 「J」

壊れました…

9月10日、11日と
SMAP SAMPLE TOUR FOR 62 DAYS
大阪場所に行って参りました。
(あ、ちゃんと選挙にも行って来ましたよ!)
今回は某方のご厚意で、大阪ドーム・ビスタルームでの鑑賞。
10人入れる部屋に、10日は3人、11日は5人で観たので
バルコニー席は余裕のスペースで、もう大暴れ。
そして、改めて確認しました。

バカがつくくらいのクサナギツヨシ萌え。
もちろん、バカの形容詞は自分に付くんですが。

もう可愛くて可愛くてどうしてくれようかと!(笑)。
語りはじめたら長くなるので割愛しますが、
(聞きたい方はメールでご連絡を…笑)
11日のトークからの流れは事務所的に大丈夫だったんでしょうかね?
ジャニーさんに怒られてなければいいけど…(笑)
しかし、大阪のお客さんって、すごいよ(いろんな意味で)。
自分はあのベストジーニストの爆笑顔が忘れられません。
そしてゴローさん。
ツヨシをよろしくおねがいします m(_ _)m。
マジで。

これで一応今年の夏は終了。
しかし、今回のツアーは
久々に「早くDVDが観たい!」と思ったライブでした。
12月発売が待ち遠しいです…
[PR]

by yuqui084 | 2005-09-12 00:32 | 「J」

帰ってきました。

福岡より帰還いたしました。
飲んで食べてしゃべって泣いて
メインはSMAPコンサート(各日3時間半以上の長丁場)。
スタンド44列目とアリーナ3列目という
緩急揃ったシチュエーションで堪能して参りました。
色々はまた追々書くとして
これだけは書いておかなくては…

ごめんなさい。ホントごめんなさい。
今回のアルバムが○×△だなんて言って。
自分が間違っていました。
あれをソングアルバムと思うからダメだったのですね。

最高のサウンドトラック盤でした!!!

こらー!(←とりあえず自分にツッコミ)

いや、ほんと、CDだけ聴いたら「…?」と思う曲も
ステージでダンスや演出交えて観ると
すばらしい曲に聞こえてくるから不思議。
それほど視覚効果というものは影響が大きい。

でも、毎回思うのですが
本当に、サービス精神旺盛なライブなんですよ。
ドーム会場に何万人もの人間を入れて、
歌あり、ダンスあり、トークあり、コントあり、
かぶり物まで用意して
お客さんを楽しませようとするエンターテイナーぶり。
ライティングからVTRまできっちり計算されていて、
オープニングからして
アリーナの後ろから、客席横の通路を徒歩でステージまで歩いていく演出。
そりゃ時間はかかるけど、カメラで追いかけて正面スクリーンに映してるし
バックに流れる音楽はアルバムの一曲目、
いよいよ始まるんだという臨場感があります。
もともとアリーナとはいえ野球場ですから、後方のお客さんにしてみれば
ステージとの距離は如何ともしがたいものですが
すぐそばを本人達が通っていくとなれば
テンションもあがります。
そしてアリーナ後方からだと、ステージと反対方向のスタンドのお客さんにも
ちゃんと肉眼でメンバー達が見えるわけで。
彼らがテレビでの活動をメインとした
「アイドルグループ」だということをちゃんと理解して把握して
ステージに反映させる、ということをオープニングから考えて
ライブ全編でやりとおしたプロのお仕事だと思いました。

まあ、観てる間はそんなことは全く考えずに
踊りまくってるわけですが(笑)

というわけで、とりあえずのご報告。
今回個人的なツボは
・ホストマンブルース:ヒカルさんと優雅くんの生マイヤヒ
・クサナギツヨシのちびっこ番長ぶり
・香取慎吾の金髪大魔王(色んな意味で)
でした(笑)。

あと、お友達の強運のおかげで
大阪の9月のライブも2本観られることになりました。
よーし!次回までにマイヤヒ&カツケンの振りをマスターするぞ~!
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-15 23:50 | 「J」