カテゴリ:日々のこと(社長ネタ込み)( 14 )

ぐるぐる。(一部訂正)

ここのところ、テレビや書店に入ると必ず聞こえてくる
「ぼーにょ、ぽにょぽにょ、さかなのこー」の歌。
公開まで2週間を切って前告攻勢が始まったようですが、
気が付いたらやっぱりこちらも無意識に口ずさんでいて、
なんの呪い歌かと!

今日は会社で某氏(オーバー50歳)さんも歌ってたよ…

ジブリ恐るべし。

ドライアイがキビシイので、素材優先でコンタクトレンズを変えたら、
トーリックではないので乱視の微少なブレが解決できず、
少しばかりストレスが…
うーむ、こちらを立てればこっちが立たず…難しいですね。


えーと、前回のエントリっていつだっけ?(軽い認知症)
とりあえず、生きてます。

先月末は、電気屋さんにお誕生日祝いで、
お料理教室とホタル狩り&蕎麦&バーベキューの集いに
連れて行ってもらいました。
楽しかった!そして、食べ過ぎた!(爆)
基本的に、足の数の多い生き物は苦手なので(汗)、
ホタルも遠目で発光体として見るほうが好ましく…。
雨空のなか、ふわりとほの明るく浮かぶ青白いあかり。
人工燈でない不思議な色目に心和みました。
某社の皆さんもありがとうございました。

んで、先週末も、電気屋さんに取ってもらったチケットで
D-BOYSステージ「ラスト・ゲーム」に。
戦時中、学徒動員が決定し戦場へ向かう学生たちが
最後に臨んだ「早慶戦」がテーマ。
戦争を知らない世代が歌やダンスを交えて演じる舞台に
奇妙なくすぐったさを感じながらも、
思ったよりちゃんとしたお芝居だったなー、と。
テニミュから流れてきた「お芝居初心者」にもわかりやすいのがよかった。
ただ、最初はだれがだれやらさっぱり判らず…(爆)
しろたんはオープニングでいきなり歌ってくれたでかい人(笑)だったので
すぐ判別できたんですが…(汗)。
ユニフォーム姿は特に分かりにくくて、
途中からようやく荒やんとズッキーがわかるようになりました。
ていうか、荒やんが予想外に華があって上手かったのにびっくりです
(ファンの人ごめんなさい)。
肝心の試合より対錬成隊レースやその準備運動(?)に
長い時間をかけてみせる演出は、
出演者たちの最大の武器である「若さ」を思いっきり見せつけるためですね!
いやいや、あれだけステージの上で筋トレを見せる舞台はなかなかありません(笑)
でも、どこかの養成所やら専門学校の卒業公演みたいだなーと思ったのはヒミツです。


しかし、なんだかんだと雑事にまぎれて、萌えの補給もままならず。
「愛こそ明日の絶対」の予約をし忘れていて、ちょっと凹む…(涙)

とりあえず、「仮面のメイドガイ」と「ゴルゴ13」の社長登場回は見ました。
実は「ゴルゴ13」、初回から毎回渋々キャストで、
こんなおっさんキャラばっかりが出てくるアニメなら
絶対お呼びがかかるはず!と毎回録画チェックしておりまして、
ようやく満を侍しての登場です(笑)。
主役の台詞が「なぜだ」の一言だったのに対して、
ほぼビクター・ランス@社長の1人舞台(笑)。
声はちょっとのどを絞めた感じのワル系おっさん声でした。
(そういえば、「仮面のメイドガイ」の小富士原侘び介も同系統。
こちらはより小者っぽい…笑)。
ちょうど「ダート」でもパパラッチ役をやっていることもあり、
こなれたスクープ・カメラマンぶり(笑)。
しかしながら、エンドクレジットで
「舘ひろし」と「堀内賢雄」の名前が並ぶのを見る日が来ようとは…
今回はラストで完璧主義のゴルゴに殺られちゃったので、
次の出番はありませんが、
「メイドガイ」の侘び介は、2期があれば再登場の可能性も。
しかし、どっちも雷電と同じ人がやっているとは思えません…(苦笑)


さて、今日こそ出番がありますかね?、天貝隊長は…。
[PR]

by yuqui084 | 2008-07-09 17:20 | 日々のこと(社長ネタ込み)

ホントのことを言いますよー!(笑)←ちょっと手を入れました

今週は盛りだくさんの週末でした。
なのでさくっと。

金曜日はシアター・ドラマシティ「49日後…」
デス・スウィーパーネタ。
サスペンス風味のお芝居でしたが、ちょっとわかりにくい部分も。
多分脚本がそうなってるんだと思いますが、
時々間が変なところがありまして。
でも面白かった。
役者さんが芸達者な方々なので、
あっという間の2時間でした。
でも、あのメンバーならもっとポテンシャルあるはずと思うのは
贅沢でしょうか…
個人的に松重さんの「サバレンジャー」にはちょっとヤラれました…(笑)


土曜日はSSDS診察会。ていうか、愛される社長見学会(笑)。
昼の部は座席が社長立ち位置前4列目だったんですが
前の列が4席まるまるあいていてびっくり(もったいない…)。
おかげでよく見えましたが。
社長は昼の部出てきた瞬間に滝のような汗。
また二日酔い?(爆)
速水さんがかいがいしく汗を拭いてくださって。
リーダーなのに、いい人だ…(涙)。
しかし、最近の社長は
ホラ吹きではなく「ウソツキ」がデフォルトなんでしょうか?
発言に毎回「それは本当ですか?」とツッコまれる人はなかなかいませんよ。
ちょっと「これは本当のことなんですけど」というと
「この人が、本当のことをいいますよー!」と大声で触れ回られる始末(笑)。
愛があればこその先輩いじりですね。
診察では、前回の診察会で見事予想を当てたせいか
ギャンブルネタ質問のお当番と化しておられました。
そして、最近は毎回、かぶり物&背負い物がお約束。
今回はうさみみと妖精さんの羽でした(爆)
社長がブルー、森川さんがピンク。
どこの披露宴の新郎新婦かと(苦笑)
けれど2人ともまったく抵抗なし。むしろうれしそう。
50代、40代の鑑ですね。
朗読は以前リーガロイヤル早稲田の診察会で演じられた
「人体の不思議」の再演。
今回のライブドラマ台本は速水さんの暴走加減がなかなかナイスでした。
ドクターズランドで大人気のケーブルテレビの番組と称して
テレビ番組ネタ満載。時代劇に「相棒」にメロドラマ。
そして、自ら封印していた禁断のBLネタ
(ここではドクターズラブことDLらしいですが)に果敢にチャレンジ!。
といっても「センパイ…放課後待っててもいいですか?」程度ですが(笑)。
今回は残念ながら、DVDにはならないので、
あとはもぐもぐと脳内で反芻します…


日曜日は久しぶりに高校時代の同級生の家へ。
その途中伊勢丹でつかまって、予想外の買い物をしてしまいました。
…だって、関西の専門店では在庫なしと言われていた物が
目の前に普通に並んでるんですもん…(涙)
6月の誕生日に、自分へのプレゼント!(こじつけ)
友人宅では娘と遊んだり、しゃべり倒したり。

夜はそのまま世田谷パブリックシアターまで行って「瞼の母」観劇。
剛はがんばってたよ!
しゅっとした渡世人、三度傘が良く似合っていました。
台詞回しはどちらかというと現代風でしたが
独特の語尾にちゃんと気を使っているのがわかって好感度高し。
立ち回りは時々剣先がふらついて
どう見ても切った人に刃が当たってないところがあって
少々どきどきしましたが。
弟分の母君を演じていた三田和代さんがよかった。
りんとした声とやさしさあふれる所作で
番場の忠太郎の「理想とする母親像」を体現しておられました。
三田さんに手を取られて字を書いてもらって
思わず素が出た忠太郎がとても可愛かった。←ここでちょっとうるっときました。
1時間半という短い時間ですが
客演の皆さんが豪華で、ぜいたくなピンポイント起用。
ありがたやありがたや。
大竹さんとの一対一も見ているほうが緊張してしまって(笑)。
桜の花びらの演出が叙情的で、
客席の涙を誘います。
やっぱり日本のお芝居だなぁと。
息子がやくざものになっているのを悟って
「息子は死んだ」と忠太郎を追い返した気丈な母親が
やっぱりどんな息子でも息子と
心を改めて追いかけるが、
息子は物陰に隠れて会おうとはしない。
それが忠太郎の矜持。
二人の幸せを祈りつつ
新しい自分の道を歩んでいく後ろ姿がりりしかったです。
ハッピーエンドとは言いがたいのですが、希望のある幕切れです。

…いかん…睡魔が襲ってきたので続きはまた明日。
[PR]

by yuqui084 | 2008-05-28 01:35 | 日々のこと(社長ネタ込み)

GW終了後にお楽しみ

「かんせいひろうししゃ」
が「完成疲労支社」と一括変換されるパソコンを使っている今日この頃。
お元気ですか?
連休終わってバタバタしていたら、
「瞼の母」初日が終わっていました。
…しまった…すっかりワイドショーのチェックを忘れてたー!(爆)
しかしながら今回、幸運にもチケットを譲ってもらうことができたので、
25日夜に観にいけることになりましたよ!わーい!
会社は月曜半休にしようかと思ったんですが、結局丸一日休んで
ついでに上野の森美術館で井上雄彦さんの「最後のマンガ展」
(「最後」というのが意味深ですが)
を観てこようかと。ここは月曜が休みじゃない美術館なので。
あと時間があれば21_21DESIGN SIGHTの企画展「ΧΧIc.―21世紀人」も。

というわけで、備忘録的予定メモ。
5月23日 「49日後…」
5月24日 S.S.D.S診察会昼・夜
5月25日 「瞼の母」夜の部
5月26日 「最後のマンガ展」ほか
6月20日 三輪明宏「黒蜥蜴」
7月 5日  D―BOYS「ラストゲーム」
7月20日 KAT―TUN石川(チケット取れなければ金沢温泉旅行…笑)
8月16日 劇団新感線「五右衛門ロック」夜の部
5月31日のTRANSMUSICはまだ悩み中。当日券ありそうだしなぁ…

今回はネオロマ行かずに済んで本当に良かった…!
キャスト発表になったときには思わず「万歳!」と(笑)
ただ、何もイベントがないのも寂しいので、
なんかやって下さい社長(他力本願)。

昨日、久しぶりにリアルタイムで「エイリアス シーズン5」を見たら、
死んだはずのヴォーン@社長が復活してました。
おまけにスローンもいろいろ大変なことになってて。
でももうこのドラマでは、なにが起こっても驚かないぞー(笑)。
同じくAXNの新番組「ダート」も今日から吹き替え版スタート。
社長が吹き替えるドン・コンキー、なにやら難しそうな役なので楽しみです。

「リーディングセッション鉄輪」も、
雷鳥社のサイトでダウンロード販売が始まりました。
視聴もできますが、2分弱にぎゅっと詰め込んだダイジェスト版なのでびみょー…。
社長部分、もしかして昼の部…?

玄田さんのモバイルラジオ、楽しそうですね。
かつての「てっちゃんけんちゃん」ラジオを思い出します。
自分は非対応キャリアなので、聴けませんが(涙)

先日、中途半端に時間があいたので、
ちょうど上映時間前だった「相棒」劇場版を見ました。
実はテレビ版を観たことがなかったので、
話について行けるかどうか不安だったのですが、
「踊る大捜査線」よりマニアックでなかったので
のんびりと面白く楽しめました。
水谷豊さんはかつて土曜ドラマ「男たちの旅路 非常階段」での
チンピラ感が好きでファンになって、
しばらく追っかけていたことがあったのですが、
チンピラ→インテリへの転身(笑)でも相変わらずのキャラ立ちですねー。
岸谷さんの特別出演はさすが「地球ゴージャス」(笑)。
テレビ版も観てみようかな。
[PR]

by yuqui084 | 2008-05-14 18:03 | 日々のこと(社長ネタ込み)

口角上がった無精ひげ隊長

お疲れさまです!ご無沙汰しております!が最近の合い言葉(爆)
うれしくないゴールデンウイークが今年も近づいて参りました。

それはさておき。
一つ下↓のエントリで藤原さんと三木さんの話を書いていたら
こんな情報が!(ニュースソースはこちら→

「西洋骨董洋菓子店」キャスト(敬称略)
・橘圭一郎:藤原啓治
・小野裕介:三木眞一郎
・神田エイジ:宮野真守
・小早川千影:花輪英司

うわ!なんですかこの素敵キャスト!!
標準画質録画決定。ていうか、DVD買います。
(まだ放送もしてないっつーの…←バカ)
ケンユウオフィス期待の星・花輪さん、
ノイタミナ枠で準レギュラー(てか、ほぼメイン)ですよ!!
オーディション合格おめでとう!!
ますますのご活躍を期待しております。

さてさて、社長のほうも春からの新キャストでございます。
「このアニメに複数回登場できる役がもらえればメジャー声優」と
まことしやかに噂される人気アニメ「BLEACH」
まあ、ほとんどのアニメが1クール10話~13話で終了するこのご時世に、
168話も続いている時点でその人気がうかがわれるわけですが。
かつてゲーム版でオーディションに落ちた(本人談)このアニメに
満を持して社長キャラ登場であります。
市丸ギンの出奔後空席だった護廷十三隊三番隊に新任してきた
天貝繍助(ビジュアルはこんな人→
アニメのオリジナルストーリー編のみ登場、
原作には登場しないキャラなのでいかがなものかと思いましたが
第一話を見る限りおいしいキャラ設定。
ていうか、下戸というだけで笑いを取れるのは中の人効果かと!(笑)
で、お芝居的には、まだキャラクターが固まっていないご様子でした(苦笑)
まあ、オリジナルストーリーだし、
カッコイイ味方キャラがラスボスだったー!というのは
このアニメではあり得る話なので、
これからの天貝隊長の動向に要注目です。

もうひとつ。
先日、六本木スイートベイジルで行われたリーディングセッションが
雷鳥社オーディオ文庫で5月中旬からダウンロード販売されるようです。
ソースはこちらのブログ→
77分で2100円ということは、前段からまるまる入るのかな?
うちは通信環境が不安定なもので、個人的にはダウンロードより
CDメディアにして通販してくれたほうがうれしいのですが…(汗)
当日参加できなかった方や、あの感動をふたたび!という方はどうぞ。
(…って、昼夜どちらの公演が入るのかが気になるところですが…笑)


一昨日、関ジャニ∞コンサートのチケットが届きました。
席が「アリーナAブロック」。
電気屋さんが「無欲の勝利かもね」と。
本命さんのコンサートが予定も立っていない時点で
勝利なのか敗北か難しいところです…(苦笑)
[PR]

by yuqui084 | 2008-04-25 00:07 | 日々のこと(社長ネタ込み)