カテゴリ:日々のこと( 277 )

本年もよろしくお願いいたします。

2011年 あけましておめでとうございます。
こちらでは本当にご無沙汰しております。
もう完全にツイッターに移行している状態になっておりまして(汗)

やはり、自分には短い文章をうわごとのように
ちまちま書いているほうが合っているようで。
(長文になると、考え込んでしまって結構時間がかかる
→面倒になる、のデススパイラル)

そんなにはいらっしゃらないと思いますが、
もし興味がおありでしたら、こちらへどうぞ→ 

今年は以前よりイベントに行く回数が減るかもしれませんが
社長は引き続き追っかけていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

はぁ…また社長朗読会やらないかなぁ…
[PR]

by yuqui084 | 2011-01-04 17:42 | 日々のこと

あいかわらずちまちまと。

おつかれさまです。
ご無沙汰しております。

最近は手軽なツイッターにいるもんで
あまりこちらにはこられていません(汗)
パソコン立ち上げずに携帯でいいし、
140字という短さが自分には気軽に利用できるようです。

とりあえず、こちらのアカウントでバカやっておりますので
よろしければ遊びに来てください。


といいつつ、やはり「薔薇攻撃」のお知らせはこちらでやらねばなるまいと。
いやいや社長、100ステージですか…!
ネオロマンスと名前がついているイベントステージを100本っていう意味なんでしょうが
公開録音とかは入ってるのかな?
あらためて数えなおす気もないので
信用して「そうなんだー!」と言っておきます(なんだその適当具合)。

いやもうこれがアラモードでなければもっとうれしかったんですが…(涙)
音頭に法被のがっくり感はなんともいいようがないです。

しかしながらお祝いです。
本人はとっても喜んでいるようなので
ここは大人の対応で!祝うぜ!

というわけで、今回はプレミアムぼったくりプランで参加します!(自爆)
[PR]

by yuqui084 | 2010-05-31 15:29 | 日々のこと

ちまちまっと。


 イマココ → 
[PR]

by yuqui084 | 2010-04-26 17:26 | 日々のこと

オタクの魂百まで

年末年始をやりすごし、通常業務がスタートしました。
しかしながら、いまだ正月ボケ。
ぼちぼち自分を取り戻します(汗)


昨年の暮れに高校の同窓会があったのですが、
同じクラブに入っていた男子(ていうか、もうおっさん)が
「アンタになら言える!実は、ヤマト(アニメ版)の前売り券2枚も買っちゃったよ」
ととってもうれしそうにしていたので、
やはりオタクはいくつになってもオタクなのだと改めて思った次第です(笑)。
会社のえらいさんになって、それなりの仕事をしていても
やはりヤマトは最後まで見届けねばならぬだろうと…!
ちなみに、前売り特典のポスターを持って帰って壁に貼ったら
息子に「お父さんなにこれ?」と言われたそうです。
「お父さんの青春だ」と答えたそうですが、
結局一人で見に行ったみたい。
そうだよね…息子は誘いにくいよね。
今の若者には別の意味でハードル高い作品だもんね…(汗)

え?もちろん、自分も見に行きましたよ?(爆)
はっきり言って自分も「見届け派」ですから。
どんなに泥にまみれても最後まで見届けますとも!

で、感想は「技術の進歩はすごいなぁ!」でした。
すごかったよ戦闘シーン!
脚本は突っ込みどころ満載で
痛いほど薄っぺらかったけど(爆)

相変わらず一隻で最強の不沈戦艦ヤマト!
そしてなぜか必ずいる
「武士道を理解し、身を挺してヤマトを守ってくれる敵キャラ」。
オープニングでいきなりクレジットされる
「原案・石原慎太郎」にびっくり。
…だいじょうぶか?東京都知事。

そしていちばん驚いたのは、最後に出る
「第一部 完」の文字。

…って、まだ続くんかいっ!!(爆)

一瞬、今年12月公開の実写版に続くのかと思ってしまった(苦笑)

わかりましたよ、続くんですね?
へーへー、お付き合いしますよ。見届けるって言っちゃったもんね。
ちゃんと実写版も見ますよ。
こうなったら地獄まで!(そんな大層な)
…でも、主題歌はやっぱりささきいさおさんに歌ってほしいなぁ…


そういえば、この年始に電気屋さんが実写版のCMを見たそうですが
その感想が
「古代がねぇ…木村拓哉でした。いつでもどこでも木村。いっそ木村進。」

いやいやいや、それは元吉本新喜劇の座長ですからー!
[PR]

by yuqui084 | 2010-01-06 15:54 | 日々のこと

ミュージアムリンク・パス コンプリート

久しぶりにオタク煩悩と距離を置く旅(笑)に
電気屋さんと行って参りました。
行き先は香川県直島町。
ベネッセアートサイト直島訪問と
「地中美術館でミュージアムリンクの達成」が目的でございます。
もともと昨年夏に金沢・21世紀美術館で見つけた
ミュージアムリンク・パスのパンフレットが始まり。
金沢・21世紀美術館、東京・森美術館、直島・地中美術館の3館を
1年以内にめぐり、スタンプを集めると、
景品としてトートバッグとマグカップがもらえるというもの。
パスを提示すると、入場料が割引になるのもGOODです。
まあ、東京には年に何回か行っているのでよいとして、
直島はほぼ10年ぶりの再訪。
以前はミュージアム棟しかなかったベネッセハウスも、
2006年にはパーク棟、ビーチ棟が完成。
スパやテラスレストランも併設され、宿泊施設も充実しておりました。

今回は、アンチューさんこと安藤忠雄建築のなかではめずらしい、
木造の「パーク棟」に宿泊。
高さではミュージアム棟に負けますが、
この地は何と言っても窓からの眺めがごちそう。
天気にも恵まれて、目の前に開けた海と瀬戸内の島々を見ながら
ぼんやり過ごすのがおすすめです。…が、
貧乏性のわれわれは、アート作品が点在する敷地内をわくわく探検隊のごとく、
がしがし歩いて散策(笑)。
海岸を見ればアハハウフフ♪と走ってみたり、
突堤で「あ~れ~」と言いながら落ちるふりをしてみたり、
いい歳してまるで小学生のような振る舞い。
ラウンジのウエルカムシャンパンも堪能し、
リゾートなロケーションを存分に楽しんで参りました(笑)

そしてもうひとつ。
ここでの醍醐味は、宿泊者だけに許される、
ホテルに併設されたミュージアムでの「ナイトミュージアム体験」。
シンとした館内をほぼ独り占め状態で作品鑑賞。
作品たちの、昼間見るのとは違う顔を見ることができる至福のひとときでした。
ただ、残念だったのは、
夕食をとったテラスレストランの料理が大味だったこと。
あんなぱさぱさした舌平目のムニエルなんて初めてだよ~(涙)。
期待しすぎたのが敗因だったのか…(爆)
あと、ポーションの量が多いのを強調するのはいいけれど、
半分以上付け合わせの玄米だったりポテトだったりするのはどうよ…。
電気屋さんがオーダーしたステーキのおおざっぱな盛りつけ具合に
「…ここはアメリカのダイナーか、USJか…」と思わずつぶやいてしまったのはヒミツ。
こんな凝った料理は全然出てきませんでしたよ~(涙)。
といいながら、「食べ切れませんよ」と言いたげなスタッフの心配をよそに、
我々と、一緒に食事した電気屋さんの会社の先輩&お友達一行は
全て完食してレストランを後にしたのでした(笑)。
とりあえず、ベネッセハウスのテラスレストランでは、
「ソレイユ」のコースは全くおすすめしません、
ということは分かったのでいいか(苦笑)。

さて翌日は、いよいよメーンイベント「地中美術館」へGO。
ホテルからてくてく歩いて20分あまり。
近づいてもそれらしい建物は見えず…というのも当然。
地中にあるから地中美術館という冗談のような命名のとおり、
建物のほとんどが地下にあるという造り。
チケットセンターから某パナウエーブ所属員のような(汗)
まっ白な制服のスタッフさんが案内をしてくれます。
レセプションで「ミュージアム・パス」を見せると
入場料2000円が100円引きの1900円に♪。
達成のスタンプも押してもらいました。
帰りに、簡単なアンケートに答えると記念品がもらえます。

モネの作品をイメージした「地中の庭」沿いに歩いて館内に。
一旦アートスペースに入ってしまえばほとんど決まった順路が存在しないので、
自由に回るのもOKです。
もともと、巡回展などの展示というより、
モネの「睡蓮」、ウォルター・デ・マリア「タイム/タイムレス/ノータイム」、
ジェームズ・タレル「オープン・フィールド」「オープン・スカイ」などを
恒久的に収めるために作られた美術館、という印象が強く、
普通の美術館よりはるかに自由度の高い造り。
迷路のようにぐるぐるまわるのも楽しい。
そのなかでも目玉はやはりモネの「睡蓮」連作。
4点展示のスペースがあるのですが、
オープン時に展示されていた一点をアサヒビールに返してしまったので、
何も入ってない額縁がひとつ(笑)。
思わず何か浮き上がってこないかとじーっと見ちゃいました。
そういえば、京都の大山崎山荘美術館にある「睡蓮」も、
アンチュー建築のギャラリー内に収まっておりますね。
で、さすが電気屋さんは建築屋さんのお嬢。
まず「絵」よりも先に建物や展示スペースに興味を引かれた模様(笑)。
壁やら天井やら床やら明かり取りやらを観察。
まあ、展示室の角まで歩いて行って
「角は小丸…」というヤツらもめずらしいですが(笑)
敷き詰められた70万個の白いカット大理石は、
かつてミケランジェロの彫刻用石が切り出された採石場から届けられたとのこと。
壁も天井も「白」ですが、
それぞれに素材が違って色目のニュアンスの違いが出る「白」。
そのなかにペールカラーの「睡蓮」が展示されている様子はかなり贅沢。
さすが「作品ありき」で用意された宝石箱です
(ちょっとハレーション起こして目がしぱしぱしましたが)。
個人的に好きなのは、
ウォルター・デ・マリア室「タイム/タイムレス/ノータイム」。
部屋がまるまるひとつの作品になっております。
言ってみればデ・マリアと安藤忠雄のコラボレーション。
自然光を取り込み、時間や天気と共に作品も表情を変えるよう作ってあるという贅沢さ。
全て見たけりゃ入り浸れ!ということですか(汗)。できるものなら入り浸りてぇ…!
なんか、部屋の隅っこに座ってぼーっと見てたいです。
ここもそうなんですが、
直島にある作品って、ぼーっとただ長い間観ていたいものが多いのです。
そして、名残惜しみながら帰って、
次にまた来たときに「よぉ、ただいま!」って声をかけたくなるような…。
あまり人がたくさんいないのも好きな理由のひとつなんですよね
(なぜなら、人が満員の超ハイシーズンをはずして行っているから…)。
とりあえず、直島行くなら、
島の所々できれいな花が楽しめる春がおすすめです。

その後、本村地区で展開されている、
島に古くからある家屋などを利用した「家プロジェクト」(いつの間にか7カ所になってる…)
のうち、予約のいらない6カ所を回ってアート三昧、楽しんで参りました。
本島に戻ってくる頃にはすっかりリフレッシュ。
よい旅でした。
電気屋さんもありがとう!♪
Mさん&Mさん、変なCD聞かせちゃってごめんなさい…(笑)
次回もまたよろしくお願いします!


しかし…直島にいるあいだ、
見事に携帯がつながりませんでした。
電話もメールもダメなので、諦めてずっと電源OFF状態。
それはそれでふっきれますね(苦笑)
おかげで、宇野に近づいたらいきなりメール40件…(爆)
ウィルコムさん、アンテナ設置頑張ってくだしあ~。
[PR]

by yuqui084 | 2009-04-22 20:44 | 日々のこと

2009?

あけましておめでとうございました。

松の内も明けようかというのに、ご挨拶が遅れました。
旧年中はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

仕事納めはバトルで終わりました。
年末年始は風邪で寝込みました。
仕事始めはバトルで始まりました。
しかし、頭痛の種が去り、
ひとすじの光明も見えてきました。
働くものの矜持を胸に抱きつつ
今年もがんばろうと思います。

ネオロマ大阪はがんばって4公演観た甲斐がありました。
近年まれに見る面白さでした。
フリーダムな出演者たちの言動に、
思わずここは「四ツ橋花月」か!?と思ったくらいで(笑)
フルでDVDにならないのが残念です。
ていうか、ならないからああいう盛り上がり方が出来たわけですが。
やはり、ライブはナマモノですね。

三が日あたりは、元日に実家に帰り、
母親に付き合って大衆演劇(大川竜之介劇団)を見たほかは
家にこもって寝ていたので
まだまだ正月になった気がしません。
布団の中でディシディアもプレイしてみましたが
目がしばしばして短時間で挫折。
チュートリアルをクリアしたあとは
ストーリーモードに入らずショートバトルでひたすらPPを溜めて
さくっとPPカタログで皇帝とセフィロスを使えるようにしてからミュージアム開封。
あからさまに邪道(笑)。自分的には目的達成。
ただいま、皇帝レベル7です。
しかし、なんですかこの必要以上のセクシーぶりは !(笑)
高飛車なのに、キャラ中最弱。
さすがネタキャラ(笑)

さてさて、これから会社有志で新年会です。
でも、全然年が明けた実感が無くて大変。
多分、自分の2009年は
1月13日から始まるのではないかと思います。あはは…
[PR]

by yuqui084 | 2009-01-09 18:05 | 日々のこと

霜月を振り返る。

まったくもってご無沙汰しております。
11月がバタバタと猛スピードで過ぎて行き、
あっという間に年の瀬に(汗)
ちまちまこまごまと書いていたエントリも、
アップする前にどんどん古くなり、
いまさら感もあったので、さくっと省略して。

●アネット・メサジェ「聖と俗の使者たち」@森美術館
  「カジノ」に心を動かされました。
  会場で流されていたドキュメンタリーを見て一言。
  「あの作業を楽しげにできることこそがアーティストの証」(爆)

●劇団すごろく「陽炎・稲妻・水の月」
  大衆演劇に通じる人情時代劇。がんばってテープ投げました。

●S.S.D.S 秋の診察会
 毎度おなじみ「愛される社長の会」(笑)。癒されました。
 ラジオ体操での見事なはめられっぷりはDVDで反芻予定(笑)。

●大場富生版画展
 初期の泥臭さからいろいろそぎ落とされていい感じの大人の作品に。

●ドラマティックカンパニー「バースディ2008」
 比べちゃいけないのかも知れないけど…
 すごろくさんより安定したクオリティで安心して見られました。
 今回、中尾さんがいい役だったなぁ…。ああいう人の嫁になりたいっす。
 そして麻生さんがとても可愛いかった。
 えーっと、ティーカップ・プードルみたい(笑)

●グリース
 やっぱり生田斗真くんは舞台映えするなぁ。
 なんでテレビではしょぼく見えるんだろう…(こらー!)?
 ダンスのアンサンブルは素晴らしい!。けど、
 ストーリーには全く共感できないという微妙な作品。

●映画「おくりびと」
 マンガ表現的にいうなら、「目の幅で涙」。化粧直しが大変でした。
 でも、あそこまでのあからさまな職業差別は
 話をわかりやすくするため?
 とりあえず大変な仕事であることは確か。

●映画「ブーリン家の姉妹」
 あの!ヘンリー8世がエリック・バナなのはなんのサービス?(笑)
 そしてアナ・トレント@キャサリンの漢前ぶりに萌え。
 え?そんな話じゃなかったでしたっけ?
 見応えあるメロドラマだったのは確かです。
 今度「宮廷画家ゴヤは見た」を借りにいこう。
 …と思った自分はナタリー・ポートマン好き。
[PR]

by yuqui084 | 2008-12-02 15:47 | 日々のこと

秋ですね…

立秋越えてからさすがに涼しくなって、過ごしやすくなりましたが、
どうやら夏の疲れが目にきたらしく、ウイルス性結膜炎発症。
商売道具が役に立たないのはなんとも不便です。
治るまでの一週間、両眼ともコンタクト禁止で瓶底メガネ装着。
そのメガネももう10年くらい前に作ったモノなので、
デザインもイマイチだし、今ならもっと薄くて軽くて安いレンズ
(当時は一番薄くて軽いレンズでも、今の1・5倍くらいの厚さがある上に、
レンズだけで軽く10万越えた…爆)ができているらしく、
完治したら新しいメガネを作ろうかな…。
とりあえず、炎症を抑えるためにアルコール禁止というわけで、
久々の禁酒生活。
おまけに鈍痛があり、やはり目が疲れるためテレビ・ビデオ・ゲームも自粛。
することないので、瞑想などしております(大嘘)
まあ、人と会うのに不快感を与えてはいかんと、
今週はデスクワーク中心に仕事のスケジュールを組みました
(来週からがちょっと怖い…)
やっぱり、どこか具合が悪くなって初めて、
いろいろ健康のありがたみが分かるものですね。

せっかく「蛇男」買ったのに、まだ見れてないし…(涙)

以下、愚痴なので皆さんスルーの方向で。毒満載ですみません。
[PR]

by yuqui084 | 2008-09-04 18:58 | 日々のこと

キャッチフレーズ。

突然ですが。

某所で見つけて、やってみました。
質問に答えていくと、プログラムさんが作ってくれます。


Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場

Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場

…だそうです(笑)。

でね、遊び心で設定性別を「男性」にして
もう一度やってみたんですよ。
したらば、


Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場

Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場

…って!!!

なんてすばらしい二面性…ていうか、自己完結?(爆)

でも、これはこれでなかなか楽しい。
お暇があったらお試しください~♪
[PR]

by yuqui084 | 2008-08-26 17:30 | 日々のこと

春は、いろいろ忙しい。

一週間って早いなぁ…(汗)
ア○ナミンEXを飲んだせいで
自分が発するビタミン臭に気持ちが悪くなる、
というデススパイラルっぽいものに陥っている今日この頃。
おなじみ春の新番組チェックも、ソファでの寝落ちには勝てず、
レコーダーのハードディスク残量と戦う日々です。
先週末は、録ったままだった前クールのドラマ他をやっと見ました。
酒と薔薇の日々…もとい、薔薇のない花屋は思ったより野島色薄くてあれ…?だったし、
ハチクロは低空飛行のまま終わった感じでした。
今回、レコーダーの中に入っていたので一番萌えた燃えたのは、
「ガンダム00」のアリー・アル・サーシェスvsロックオン戦。
ちょっとした永久保存版ですね。とてもひろしvsコジロウとは思えない…(笑)
しかし、いつからこんなに深夜アニメの数が増えてたんでしょうか。
チェックするのも大変な数ですよ、これ。

先週のスミス夫妻は、高画質で保存。記念として(笑)。
久しぶりにチャーミングなブラッド・ピット@社長でございました。
とりあえず、新番組ではドラマ「猟奇的な彼女」と
23日からの「ブリーチ」は標準画質で録画セット(笑)。
あと、気になるのは
「マクロスF」(アクエリオンに引き続き、管野さんの主題歌が耳に残る一作)、
「ブラスレイター」(運昇さんが主人公な画期的アニメだと思ったら…違うのね)、
「コードギアスR2」(ドロクの次はニチゴとな…笑)
「隠の王」(雲平先生が浪川さんだとは全然気づかず…)、
「ゴルゴ13」(ちゃんとお色気シーンもあるよ!笑)、
「あまつき」(原作好きなので)
「ネオアンジェリーク」(もはや惰性)。
関西ではまだ放送されていないのが
「RD」「秘密」「Holic」「図書館戦争」「二十面相の娘」。

以下微妙ライン。
「ドルアーガの塔」(1話本編で苦笑、2話オープニングで爆笑。
最近はなにやっても許されるんだなぁ)。
「仮面のメイドガイ」(小山さんだけで観るのはもはや不可能かも)
「クリスタルブレイズ」(なんだろう…あか抜けない…。
キャストに六角さんがいるのが一番びっくりした…笑)

あとは、番組表だよりです。
(レコーダーのジャンル別番組表で録画予約しているもので)
でも、レコーダーを買ってなかったら、
こんなにチェックできませんでした。基本不精者なので。
しかし、これに時間を取られるのも悩ましく…(爆)
前クールは結局見る時間がなくて
出演者確認だけして消してしまったのも結構ありましたからねぇ。
でも、そうしてたから社長のゲスト回を捕獲することもできたわけで…
まったくもって、悩ましいです。はい。
[PR]

by yuqui084 | 2008-04-15 22:16 | 日々のこと