カテゴリ:社長!( 166 )

「声優口演2007」10月28日公演

いよいよ秋も深まってきましたね。
この日曜は今年最後の東京行き(多分)、
声優口演2007 in尚美」に行って参りました。
会場は昨年と同じ、水道橋の尚美バリオホール。
ちなみに昨年の感想はこんな感じ→

今年の演目は
○アニメ「のらくろ二等兵」
  ・監督:村田安司
  ・口演:福山潤
○映画「弥次喜多・岡崎の猫騒動」
  ・監督:村田操
  ・口演:近石真介
○映画「探偵学入門」
  ・監督:バスター・キートン
  ・口演:堀内賢雄、井上喜久子&尚美学園の学生さん
                               (以上敬称略)
そして、全ての音楽の作曲&演奏を
「東京ミュージック&メディアアーツ尚美」卒業生の増田年男さんが担当、
ナビゲーターは総合プロデューサーの羽佐間道夫さん。
アニメ・邦画・洋画とバラエティに富んだ内容。
キャパ364席というこじんまりとしたホールなので、
最後列でもステージの上の皆さんの様子がよく見えました。
今年はルーキースター福山さんがいるせいか、
お客さんには若いお嬢さんが増え、司会の羽佐間さんもウハウハです(笑)
でも、トップバッターで出てきた福山さんの顔色があまりよくなかったので、
大丈夫かなと思っていると、
羽佐間さんも「今日来たとき紙のような顔色してたけど、
ちょっと、血色よくなったかな」とおっしゃっておられたので、
本当に具合が悪かったらしい。
売れっ子さんは大忙しだそうで、スケジュールの空きを探すのに、
顕微鏡を使わなくてはならなかったと羽佐間さん。
もううれしそうに持ち上げる持ち上げる(笑)。
が、演目にはいると調子の悪いところはおくびにもださず、
声の張りも元気いっぱいなところはさすがプロ。
この「のらくろ二等兵」、
もともと台本がないアニメフィルムを観てシナリオライターがストーリーを書き起こし、
できあがった脚本を福山さんが脚色してできあがった作品だそうで、
現代風のてきぱきした、ひとりごとの多い(笑)のらくろに仕上がっておりました。
やっぱり、若手の中では断然上手いです。
ただ、サービス精神旺盛すぎていろいろ盛り込んじゃったおかげで、
演じ分けの「間」を取る余裕があまり無く、
ごちゃごちゃした印象を与えてしまったのはちょっと残念だったかも。
あと、故意にそうしたのかどうかは分かりませんが、
オチがあきらかにミスリーディングだったのが気になって。
まあ、それは脚本のせいなので福山さんにはなんの罪もないわけですが、
復刻ライヴでどこまでオリジナルを踏襲すべきかは、
また別に考えなければならないことかも知れないなと思いました。

2本目の「弥次喜多・岡崎の猫騒動」では、
近石真介さんがお囃子にのって和服で登場。
落語スタイル(というか漫談?)でスタートするという楽しい趣向。
が、昼公演では枕が長かった…!(爆)
普通、落語では羽織を脱いだら本筋のはずなんですが、
そこから延々と続く小咄。
さすがに、夜の部では10分ほど短縮されていましたが(苦笑)。
隣に座っていたお嬢さんは、嵐の中にいるかのように大きな船をこいでおられました。
が、フィルムが回り始めればさすがのベテラン芸。
どちらかというと、アフレコというより、
弁士の語りに近い感じで登場人物を演じ分けておられました。
これは吹き替えというより、語りの芸ですね。
フィルムののんびり加減とあいまって、
まったりと楽しませていただきました。

2本目終了後に、羽佐間さん、近石さん、福山さんで短いトーク。
羽佐間さんの会場いじりと福山さん褒め殺しが炸裂。

そして3本目が我らが社長と「揺れ動く17歳」(本人談…笑)井上喜久子さんの
「バスター・キートン『探偵学入門』」。
井上さんはいつ見ても素敵ですv。
この2人は昨年に引き続いての出演なので、
その安定感は証明ずみなのですが、今回社長に試練が…。
バスター・キートン作品って、
チャプリン作品と同じく完全なるキートンフューチャー作品なうえに、
それが作られた時代の映画事情もあって、圧倒的に男優の出演が多い。
ということは、ヒロインとごく一部の女優、
ナレーション以外は男性のお務めということで、
一時間ほどの作品中、井上さんの休憩はあっても、社長休憩なし。
主役にワルモノ、ヒロインのお父さん、使用人、その他モブと何役もの兼ね役。
二枚目声、悪役声、三枚目声のバリエーションもネタがつきて
語尾に「だっぺ」で演じ分け(笑)、
昼の部の演目終了後は、着ていたシャツが透けるくらい滝のような汗。
持っていたハンカチでは間に合わなくて、
会場のお客さんにタオルハンカチを借りる始末(笑)。
おまけに、着替えを持ってきていなくて、
夜の部と昼の部の間にマネジャーに買いに行ってもらったワイシャツが
480円だか420円だかだったのを夜のステージで自ら暴露(どこで買ったんだろう?)。
そしてとどめが、買ってきたてのシャツの襟芯(厚紙)をはずさずに着ていたのを
お客さんに指摘され、襟元からへろへろとはずすという素晴らしいパフォーマンスで、
会場を笑いの渦にたたき込んでおりました。
なんというか…あいかわらずの自虐を超えた自爆技…大好きだ!!(笑)
(いやいやいや、寄席の爆笑リポートじゃないんだから)
とりあえず、真面目な感想を考えてみると、
今回昼の部をセンター席で作品中心、
夜の部を下手役者さん前で観させて頂いて、
今更ながら社長の擬音語のバリエーションの多さに感心致しました。
もともと「っ!」とか「ん?」とか、
ちゃんとした台詞の合間の「間」を表現する間投詞を入れていくというのは
技術としてあるのだと思うのですが、とにかくあまり黙っていることがない。
画面の動きと役者の息に合わせてなんらかのリアクションを
ちゃんと音として発していて、それも意図して出している風でもなくさらっとやっている、
というのはちょっとした驚きでありました。
いつも何か発見させてくれる社長ですが、
今年最後の東京行きは、そういう意味ではなかなかの収穫だったかも。
少なくとも某ネ○ロマの数倍は楽しかったです。
来週の公演は相手役が大先輩の池田昌子さんということで、
またいつもと違う社長が見られるのではないでしょうか(笑)。
自分は行けませんが、観に行かれる方、
またお話聞かせて下さいませませ~。

というわけで、是非是非来年も開催して頂きたいなーと思った次第です。
羽佐間さんのトークもまた聞きたい!
ちなみに、今回の個人的な羽佐間さんのツボ発言。
ロッキーの台詞「エイドリア~ン!」のあとで、
うれしそうに「実は2本目もあるんだよね」とおっしゃったので、
「ロッキー2」の話をするのかと思ったら
いきなり「ビードリア~ン!」
「そんで3本目がシードリア~ン!」とおっしゃった瞬間に、
わけのわからないツボを押され、ワタクシの腹筋決壊しました。
我ながらオヤジギャグに弱い…(爆)
ということですので(どういうことだ)
来年もどうぞよろしくお願いします羽佐間さん!
[PR]

by yuqui084 | 2007-10-30 19:19 | 社長!

正しくはどっち?

残業の素材待ちで暇だったので
久しぶりにネット検索してみたら
松涛エルサ氏(笑)の出演作品が。

「そして明日の世界よりー」11月22日発売。
終末エンドなおとなしめ(っていうか地味)ギャルゲー。
松涛さんのお仕事は主人公のお父さん。
「無口」設定のためか、キャラ絵より老け声です(苦笑)

そして、12月発売予定のBLゲーム
「メイド☆はじめました」(つのだ☆ひろ風?)
最近予約店によって特典が違うという商品が多いのですが、
なぜかアニメイトのみの予約特典に松涛さんのドラマCDが…
あれ?この作品じゃサブキャラだったんじゃ…

しかし、松涛「エルザ」と「エルサ」の両方の表記があるんですが
命名意図からするとやっぱり「エルサ」なんだろうなぁ。

というわけで、仕事に戻ります。
[PR]

by yuqui084 | 2007-10-23 20:46 | 社長!

「千に3つの真実!」(笑)

ほぼ月イチ東京が続いておりますが、
今回のメインはS.S.D.S.イベント。
どうやらメンバーに雨男がいるらしく、昨年に引き続き雨です…(苦笑)。
このイベント、基本は「華麗なる予定調和」=速水版○ィズニー○ンド(笑)なんですが、
観客の年齢層も、お約束に対する大人な態度もかなりCOOL!…だと思うのは自分だけ?
というわけで、今回は昼は中央10列立ち位置正面、
夜は上手3列というネオロマでは考えられない良席でした
(Pさん、いつもありがとうございます!)。
おまけに夜はミヒャエル・シューマイヤー@森川さんの真正面で、
初めてまじまじとシューマイくんを見てしまいました。
だって…ステージの上でなんだかずーっと動いてるんだもんこの方。
こくっと首をかしげたり、口角をくいっと上げてみたり、
目の前のお客さんをじーっと見てみたり、手持ちぶさたに上半身をねじってみたり、
他の人の話にほーほーと頷いてみたり、BGMに合わせてリズムとってみたり。
全然じっとしていません。
おまけに、ステージに向かって手を振るお客さんに応えて
「うんうんにこっ!」と笑う姿は完ぺきにキャラ入ってます。立派です!
「なのだ」語尾も、わざとハネさせた金髪後ろ髪も可愛いくて(ちょっと顔むくんでたけど)。
正直なところ、初めてこの40ちゃい男子を「可愛い!」と思ってしまいました…。
やられたわー(笑)

で、気を取り直しての我らがブラディ・トランシルバニア伯爵@社長なんですが、
オープニングの呼び込みでステージに現れた瞬間、
自分の頭をよぎった衝撃の事実。

…もしかして…微妙に生え際前線後退してる?(爆)

社長―!前髪を後ろに持って行きすぎですー!危険危険!
…はー、ちょっとドキドキしました。
この間のネオロマではあまり気にならなかったのに。
日々、髪との戦いは続いているのですね。
おまけに昼の部、SSDSワールドでは
いつも微妙に被害者寄り(笑)にいるブラディ@社長が「お当番」で。
ドラマパートでふられた超絶長セリフを、
つばを飛ばしながらの大熱演(大熱読?)。
他の皆さんはその間その様子を楽しそうに眺めたり、酒盛りを始めたり…(笑)
本人も読み終わった後に「これには悪意を感じる!」と
脚本を書いた某H水氏に向かっておっしゃっておりました(笑)。
かと思えば、診察パートでは「暗黙の了解」で悪魔の羽を頭につけさせられ、
みんなに取り囲まれてパンプキンのポシェットを首から下げさせられ、
両手にハロウィングッズを持たされ、襟元にハタキを差される50歳(笑)。
本当に愛されてるなぁ社長…孫がたくさんいるおじいちゃんみたいだ(爆笑)
「こんな屈辱は久しぶりだ!」と叫ぶ顔がとっても嬉しそうなのはお約束。
これほどおいしく弄られるのはこのイベントくらいですもんね。
で、これだけ墜とされておいて、
聖ラフォーレ病院再建のための「中野コレクション」の
ホワイトローブ(白衣)ファッションショーでは、
ブラディ@社長だけが役柄設定で黒のフロックコート(黒衣)で登場。
ちょうど我々の真ん前の階段から降りてきてくれたので、よく見えました。
3つボタンで裏地は赤。もしかして速水さんの私物?(笑)
残念ながらすぐ白衣に着替えてしまいましたが、ちょっとかっこよかった。
なんというか、ファン(と本人)に対する飴とムチの使い方がうまいなぁ速水さんは(笑)。
本人もちょっとご機嫌ぽかったし。
でも、昼の部トップバッターのバウム・クーテヘン教授@関さんに、
「一曲目で流れが決まるから」と意地悪なプレッシャーをかけておきながら、
夜の部のトップが自分たちだったというオチでは、
沢登@松本さんに
「そんなこと言って、(台本)読めば自分に返ってくるってのがわかるでしょうが」
とたしなめられていて爆笑。
まあ、それが社長クオリティですからねー。

そうそう!これを忘れてはいけません。
注目の沢登達哉@松本さん&ブラディ@社長のデュエット「Viva La Fiesta」、
出だしの英詞をちゃんと歌ってました!
カンニングモニターガン見だったけど(爆)。
もう前のめりになって壇の上から転げ落ちるかと思うくらいガン見(笑)。
でもちゃんと歌ってました!時々ずれてたけど。
でも、ちゃんと生だった!コーラスかぶせてもらってたけど(しつこい)。
もう涙でステージが見えない…!!!
侑斗を思うデネブの気持ちがよく分かりました(オカンかよ!笑)
いや、でもホント、生で聞けて良かった。
振りもつけて、テンポもよくて一杯一杯だったけど楽しそうでした。
歌は、Dr.HAYAMI@速水さんとバウム教授@関さんの
「未来の鼓動」が素晴らしかった!
CDではユニゾンで歌っていたサビの部分を関さんがコーラスで!
高音がきれいにハモってちょっと感動。締めを飾るにふさわしい余韻がのこりました。
まあ、最終的な締めは「刹那の英雄」なんですけど。

夜の部のラスト、「デオキシリボ助さん」~「刹那の英雄」では、
速水さんの仕切りで、上手メンバーと下手メンバーが立ち位置チェンジしたため、
目の前に社長がやってきたのですが、
振りの激しいこの2曲で疲労困憊、息も絶え絶え(爆)。
笑顔の固まる社長を久々に見ました(笑)。
隣で元気に拳を振り上げていたのがケロユキ@福山さんだったので、
その対比がまた…(汗)
本当に最初から最後までおつかれさまのイベントでございました。
とはいえ、スプリンターステークスでの社長予想、
アストンマーチャン一着にはびっくりしました(笑)。
本当に流して買っていたんでしょうかね?
しかし社長、スプリンターはスプリント=短距離の意味で
スプリング=春ではありません…(一応ツッコミ笑)。
というわけで、本当は他にもいろいろ楽しいことがあったんですが、
来年3月にはDVDが出るということなので、
詳しくはそちらをごらんいただければと。
オーディオコメンタリーのお当番はだれなんでしょうね?


次の日は池袋乙女ロードに連れて行ってもらい、
サンシャインで偶然昔の相方に会い、
お互いに「なんでここにいるの!?」と(笑)。
偶然って面白い。
今回も東京でお世話になった皆さん、ありがとうございました。
来月もよろしくお願いします!m(__)m
[PR]

by yuqui084 | 2007-10-01 19:13 | 社長!

絶賛リピート中。

どんぎぶぁぷぇすぺしゃるぶぇいびぃ
あいりるぎびそーまいらい
わらはばどりーふぉゆーあんみー くれーじーふぉーゆー
あんねばーすとっぷ
どんぎばぁぷぇすぺしゃるぶぇいびぃ
あいりるぎびそーまいらい
わらはばどりーふぉゆーえんみー べいびーいっつゆー

…もうこうしか聞こえません。
ザッツ・ソラミミアワー?(笑)

名曲です。
デバラ ゲバラ ビバラ もとい、
「Viva La Fiesta」

明後日は生で聴けるのでしょうか…わくわく!
[PR]

by yuqui084 | 2007-09-28 00:19 | 社長!

褒め殺し対談。

声優グランプリ10月号を買いました。
目当てはケンユウオフィス師弟対談。
声優グランプリ 2007年 10月号 [雑誌]
/ 主婦の友社

しかし、この手の雑誌は相変わらず買うのが恥ずかしい…(汗)
そして、値段が高い。
まあ、そんなに発行部数もないだろうから
コスト高なのは分かるんですけどね。
対談のほうは、奈良徹さんと河原木志穂さんに褒めて褒められ
企画の意図がよく分からない内容に…(笑)
一瞬パブリシティ記事かなと思いましたよ(こらこら)。
社長褒め殺し(笑)で「いくら払ったんだろう…」とか思っちゃったり。
まあ、こじんまりとアットホームな事務所ですし
「仲良きことはうつくしき哉」ということでしょうか。
そういえば、「コヨーテ・ラグタイムショー」で
記念すべき声グラ2回目の表紙を飾ったのも去年の10月号でしたっけ。
10月はオヤジフューチャー月?
そして10月と言えば、番組改編月。
新しいアニメのレギュラーに社長の名前はなく、
ちょっと寂しくもあり…。

SSDS、取っていただいていたチケットが到着いたしました。
今回も素敵な席です。
…というか、SSDSは10列より後ろで観たことがないような気が。
本当にいつもありがとうございますm(__)m

12月のネオロマはアラモードだそうですが、
自分は基本アラモード不参加の人間なので
ことしの社長納めは10月の「声優口演」になるのかと。
とりあえず、当方のゲームシティ会員枠一つあいてますので
チケット口数必要の際は気軽にご用命ください(笑)>お友達のみなさま。
[PR]

by yuqui084 | 2007-09-19 00:44 | 社長!

朝帰りは眠い…

昨日は1年半ぶりのネオロマイベントでした。
久しぶりの横浜。
しかし、帰りにトラブル発生。
ゆうに3時間を超える公演時間でしたが、
最終列車に乗り遅れるまいと
アンコールをぶっちぎって新横浜まで出たら…
新幹線止まってました…(爆)。
岐阜羽島で集中豪雨。
2時間遅れで運転再開したものの、自分が乗るはずだった便は運休。
結局別列車の自由席で帰って、特急料金全額払い戻し。
とりあえず、家までのタクシー代+αにはなったのですが、
家に着いたのが午前2時。
いやー、色々落ち着かなくてすみませんでしたPさん。
あれならアンコール最後までいても一緒でしたね(苦笑)
日曜日のイベントも休みを取れば最後まで見られるんですが、
月曜は朝からやることがたくさんあって
そう簡単には休めないんだよねぇ…

さて、久しぶりのイベントは、
微妙に世代交代を思わせる雰囲気でございました。
まあ、4作品あるなかで現在進行形で動いているのは2作品、
アニメ化や舞台化、新作も出るし、出演者も若い分勢いがある、
ということで、現時点で動きのないアンジェリークチーム不利。
あとは出演者のなかでも
前に出る人と引く人がはっきり分かれた印象。
前に出る人の前のめりになるほどのサービス精神はよく分かり、
それなりに面白かったのですが、
おかげで微妙にバランスが悪くなりましたね。
人数が多いといろいろ大変です。
宮田さんや杉田さんなんて、もっと面白いはずなんだけどなぁ。
関智一さんも意外におとなしかった。ちょっと残念。
あとは、平川さんの愛されっぷりにびっくりです(笑)

で、われらがネオロママスター社長ですが、
前日欠席したせいで昼の部は微妙に乗り遅れた様子(笑)。
どんくさい司会の進行による「旅のフリートーク」では
「ヨーロッパならどこへ行きたいですか」の質問に、
謎のフレーズ「スコットランドでスコッチ飲んでガーッと走る!」
を誕生させた(笑)ものの、
今ひとつアドリブとトークにキレが…。
とはいえ、夜の部では、愛のメッセージに歌もあるしで、
ちょっと立ち直って色々なところにツッコミを入れていました。
しかし、「事務所のプロフィールに新しいキャラ『ホラ吹きじいさん』が加わりました♪」
のコメントは本当に笑っていいのだろうか…(爆)
歌った歌は、「夜を始めよう ―All nigt All light!―」。
久しぶりに聴きました。
会場も予想外だったらしく、曲の出だしで大きな歓声。
みんな、本当に「ファイヤー!」が好きなのね(笑)
歌では、森川さんの「Love is pain」がダントツですんごいかっこよかった!
アクションの見せ方といい、ライブ版としてクオリティ高いです。
あと、多分あれは意図的だったと思うんですが、
さすがだなぁと思ったのは、関俊彦さん。
夜のフリートークで、ダメな司会者が、
キャストに質問を質問で返されて全然進行できなかったところを、
あえて横から質問を挟んでちゃんと前に進めたところ。
こういうベテランのありがたさをピンポイントで見せてもらうと、
やっぱりなんだかんだいっても、ネオロマの層は厚いな、と思いました。
ていうか、台本読むだけの頭の悪い勘違い司会者はもういらないでしょう。
質問を質問で返されるのは力量を試されているのだと気付けよ。

PRでちょっと気になったのは
「遙かなる時空のなかで 舞一夜」舞台化。
制作にあのチャンバラエンターテインメント集団「Z団」が絡んでいるらしい。
Z団のお芝居は、雑誌で読んだり劇場でもらうチラシでよく見ていて
気になってはいたんですが…
大阪でもやるみたいだし、ちょっと見に行ってみようかな。

というわけで、いろいろトラブルもありましたが、
久々のイベント、楽しかったです。
短い時間でしたが、お話出来た方々、ありがとうございました!
Oさん、今度は関西でまた是非!
さて、次はお楽しみSSDSでございますよ。
今度は泊まりなので、新幹線を気にせずに飲めます!!(笑)
またその節は皆様よろしくお願い申し上げます。m(__)m

追記。
[PR]

by yuqui084 | 2007-09-10 17:28 | 社長!

恒例・薔薇攻撃のお知らせ(5日まで表紙)


薔薇攻撃のお誘い

今回も堀内賢雄私設ファンクラブ「NON STOP!!」さんで
9月9日のネオロマンスフェスタに出演する社長に薔薇の花を贈る
恒例・薔薇攻撃が企画されています。
(詳細は上のリンク参照)
どなたでも参加できますので、上記リンク先にお気軽に参加表明を。

さてさて、久しぶりのフェスタですが…
社長は新曲歌うんですかね?

SSDSの新曲はかなり難曲のようですが、
松本さんとのデュエットとのことで期待大。
まあ、ステージ上のハプニングもイベントの楽しみの一つですから♪
[PR]

by yuqui084 | 2007-09-05 20:59 | 社長!

アンティーク・アニメ・コレクションとか(ちょこっと追記)

久しぶりに検索をかけてみたら、引っかかってきたので。
IVCから発売されているアンティークアニメのDVD(一枚1890円)のうち、
いくつかに社長ご出演の模様。

豪華声優陣で蘇る!『アンティーク・アニメ・コレクション』発売!

『スーパーマン1』 『スーパーマン2』 『スーパーマン3』
『メリー・メロディーズ』
『アヴェリー・バラエティ ねむいウサギ狩り』

フライシャー兄弟作の「スーパーマン」は1巻3話収録で30分。1本10分。
他の作品も、4編収録で30分強とか。
そういえば、昔の海外アニメって短かった。
でも、作るのは大変だったんだろうなぁ…

そういえば、ワーナーの
「LOIS&CLARK/新スーパーマン」シリーズ
BOX廉価版も、9月7日発売です。
あ…セカンドシリーズ買い忘れてる…

今日は「『24』の日」だそうで。
小山力也さんのブログ
小山さんお気に入りの「ジャック・バウアー着うた?CM」歌詞が公表されていて爆笑。
曲は3曲、歌詞パターンは30種類あるとか。すごいなぁ…
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-24 11:29 | 社長!

Lover’s Prayer はつ恋

Lover`s Prayer はつ恋
/ ケンメディア

ツルゲーネフの自伝的小説「はつ恋」と
チェーホフの「The peasant woman」の2作を
脚色して作られた文芸作品。
16歳の主人公が避暑地で知る、年上の女性(といっても20歳)との初めての恋…。
邦題「はつ恋」の「はつ」がひらがななのは、
神西清訳版を踏襲しているということでしょうか?
別にチェーホフパートはいらなかったんじゃないかなー?
ロシア文学っぽくちょっと社会派風味にしたかったんでしょうかね。
キルスティン・ダンストがえらく若いなーと思ったら、2000年制作。
出演俳優も地味で、テレビドラマのスペシャル版くらいのスケールの作品なので、
どう考えても同時期DVD発売の「マリー・アントワネット」との
抱き合わせ用にリリースされた感が。
しかし、だからこそ実現したのではないかと思われるのが、
吹き替え版のキャスティング。

Read More…
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-21 19:37 | 社長!

50歳です!…か?

この間、新感線の「犬顔家の一族の陰謀」を見に行ってからのマイブーム。
劇中での橋本じゅんさんのネタ「これが○○です!…か?」
「○○です」と断言したあとで、ボケたように不安げに「か?」と語尾を上げる。
で、言われたほうが
「どっちやねん!」「あんたが言ったんじゃん!」と突っ込む。
いわゆる不条理レスポンスなんですが、
なぜかこれがツボに入ってしまい、
しばらく笑いが止まらずに死にそうになりました。

というわけで、ぜんぜん関係ないけど
社長!お誕生日おめでとうございます!
いよいよ50ちゃいです…か?
これからもますますダジャレアイドル(笑)としての技を磨いてください!
社長が役者である間は追いかけていきますから!
[PR]

by yuqui084 | 2007-07-30 21:08 | 社長!