<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダメージポイント200(赤色アラート点灯中)

頭も体も弱っています…
8月末~9月頭の仕事が大混戦中。
今日のライブも行けるかどうか…

色々滞っておりますが
なにとぞご容赦のほどを…!
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-30 14:58 | 日々のこと

長かった一週間。

気が付いたらもう月末…
経理でも総務でもないのに
なんで月末が忙しいのか。
というわけで、今日も仕事が終わらず土曜も出勤決定。
神様。私に公休でも代休でもない夏休みを下さい…。
でも、来週はお初のケツメイシライブ2連チャンなので
絶対帰ってやる!

そうそう、今大人気のケツメイシ。
最初は「ラップはちょっと…」とか思っていたんですが
聴いてみたら意外とキャッチーなメロディ。
そして歌詞がおっさんくさい!
なので…すっかり好きになっちゃいました(爆)
どこのバンドが、恋歌に混ぜて
「加齢臭」を歌うのかと(笑)。
ライブのビデオを見せてもらって
普通にMCでコントやってるのを観たら
やっぱり観に行くでしょう、関西人としては(ええっ?)
というわけで、今からちょっと楽しみです。

あ、今思い出した。
書き忘れてますが、
福岡で「亡国のイージス」観てきました。
仙石がかっこよすぎたよ(笑)。
そして陸チーム、絶妙の配役。
キャスティングした人に拍手。
後半、原作とは違っていて残念だったのですが
あの原作をあの尺に収めなくてはならないということで
仕方がないのかなと。
阪本監督がインタビューかどこかで
「真田さんを起用したのは、身体能力が高いから。
原作は仙石@どんくさい中年のおっさんと如月@俊敏な若者の対比が面白いのだが
映画でそれをやると、仙石は30秒でジョンヒに殺されてしまう。それはいかんと。」
というようなことを言っていて、笑いながらも納得。
「身体能力の高い人は、ダメな状態も演じられる。無様に転ぶこともできるけど
そうでない人がやると本当に怪我をする」とも。
役者さんも大変だ…。

しかし、真田広之って、いつ見ても目がきらきらしているなぁと思うんですが。
あれも役者の条件のような気がするぞ。
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-26 23:51 | 日々のこと

哀愁のヘビーローテーション

c0074486_0353181.jpg
TVアニメ「おねがいマイメロディ」キャラクターズアルバム「黒盤」
クロミ(竹内順子) 柊恵一(置鮎龍太郎) ヤナギ&マッツン(堀内賢雄&小杉十郎太) クロミ&バク(竹内順子&前田登)他




なんだか大きな油壺にはまってしまった気分です。←意味不明。

アニメのキャラクターソングCDのはず…ですよね。
なのに、なんですり切れるほど聴いてるんでしょう(爆)
全10曲を通して聴いて、
それからトラック5「愛・終列車」(Original Version)を延々リピート。
息苦しくなったらトラック1から聴き直す。
その繰り返しを続けております。

お…面白すぎる!!

子供向けのはずなのに、子供が喜んで聴くとは到底思えない内容(笑)
スカに演歌にハードロックにブルースと
すばらしいバラエティに富んだラインナップ。
しかし、完全に「愛・終列車」目当てで買ったのに
ちょっとクロミにときめいてしまった。
クロミ…かわいいよクロミ…(とか言ってみる)

もちろん我らがヤナギ&マッツンはその圧倒的な歌唱力で
まわりの時空をゆがめ、スピーカーの前を
紫の紗がかかったアダルト空間に仕立て上げております(笑)。
なんだろう、このドキドキは…
幼少のみぎり、中条きよしの歌声に
子供心になんだか聴いてはいけないものを聴いてしまったという
あやしげなナニカを感じたとき以来かも(大げさ)
まず女歌なのがすごいですね。
オンエア時にヤナギの「弱虫ね♪」の「ね♪」でヤラれ、
今回フルコーラスを聴いて
2番マッツンの「悲しいほど♪」の「ほど」の後の
とどめを刺されました…
セクシーダイナマイト、
まさに寄り添い絡み合うデュエット(笑)。
もうそれこそ息も絶え絶えです…

いや~、ええもん聴かせていただきました。
でも、一度是非ともライヴで聴きたい!!
来年のけんじゅうトークライブ内
「ヤナギ&マッツン オンステージ」で!(こらこら勝手に決めるな)
とりあえず、しばらくヘビーローテーションは続きそうです。
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-24 23:33 | 社長!

なごみ系漫画

最近、忙しいときについつい手にとってしまう漫画があります。
この2冊。

c0074486_21493562.jpg
ひなちゃんの日常
南ひろこ/産経新聞ニュースサービス



ドッポたち―ちがっててもへいきだよ
小泉 吉宏 / 幻冬舎





どちらも新聞連載漫画で、毎回楽しみに読んでいました。
本にまとまるのを心待ちにしていたのが、
相次いで単行本発売。
ちなみに、「ひなちゃん」は産経新聞朝刊で毎週火曜日
「ドッポたち」は読売新聞夕刊で毎週火・水・木・金曜日
現在も好評連載中です。

どちらも主人公はこども(たち)なんですが
「ひなちゃんの日常」はその素直でやさしいところが描かれ
「ドッポたち」はシニカルで醒めた部分も描かれています。
でも、こどものときはだれでも両方の視線を持っていたはず。
そして、どちらも同じなのは「まっすぐ」なこと。

大人になって、曲がりくねって裏道通って
わざとわかりにくく生きるようになってからは
昔のまっすぐだったときのことを思い出しながら読んでます。
ときどきちょびっと泣いたりして…。
でも、読み終わるとゲンキになるので
おすすめの2冊です。
自分が子供だったときのことを忘れてしまいそうになったら
読んでみてください。
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-23 21:44 | 読書

そういえば…

朗読会まで1カ月とちょっと。
土曜日はお稽古だったんですよね。
さてさてどんなふうに泣かせてくれるやら
いまから期待に胸がふくらみます。
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-22 00:24 | 社長!

初体験・その2

落語に引き続いて初体験のお話。
今回はジャジャジャーン!

メイドカフェです!←うれしそう(笑)

友人と買い物に出て、ちょっと休憩しようということになり
この間横目で見て通った店の事を思い出して
「どう?」って誘ってみたら
面白がってついてきてくれることに。
表通りからちょっと奥に入ったそのお店は
見た目は普通の喫茶店。
でも、ドアを開けた瞬間、お迎えの声が。
「お帰りなさいませ♪」

でたー!

やっぱり言うんだ、「お帰りなさいませ」。
で、帰る人には「行ってらっしゃいませ♪」なんですね。

ウエイトレスさんは、みんな白いエプロンのメイド姿。
ワンピースの基本は黒レース、ソックスは白のニーソックス多し。
もちろんガーターベルトや頭に乗っけるひらひらしたもの(名前知らない)も健在。
でもよかった。
これでワンピがピンクやブルーのサテンだったらキャバク…ごほごほっ!

メニューには普通のメニューと
どうしても読解不能のお品があります。
「メイドさんおすすめパフェ」780円はいいとして、
「大きな萌え」9800円、って何!?
で、「赤い彗星」ってあったので
これはどんな飲み物かと聞くと
「赤くて辛いものです♪」との返事。
赤くて辛いものって何ー!?(汗)
さすがにそれをたのむ勇気が無くて
とりあえずお店の名前が付いたお茶をアイスで頼んでみました。
出てきたのは…アイスチャイでした。
でも、ここからが普通の喫茶店とは違うところ。
「シロップはお入れになりますか?」と聞かれ、
ハイというと、「ストップとおっしゃってくださいね♪」と
メイドさんが入れてくれるのです。
で、その後もちゃんと混ぜてくれる。
個人的にはそこまでしなくても…と思うのですが
そこまでがサービス。
男の子ならうれしいのかな?
そういえば、メニューの裏に注意書きがあって
・特定のメイドを長く引き止めるのはおやめ下さい、とか
・メイドたちのシフトはお教えできません。とか書いてありました。
長く通うとお気に入りもできるんでしょうね。
もう一つ普通の喫茶店と違うところは
お客さんとメイドさんが結構親しく話をするところ。
自分たちも、おしぼりを渡されながら「イベント帰りですか?♪」とか
「赤い彗星」って何?って聞いたら
「ガンダム、お好きなんですか?♪」と明るく言われて
ちょっとびっくり。
店に来るって事がオタクであるという暗黙の了解というか
前提になってるんですね。
だから、ちょっとしたヒントでオタク話を展開できる、と。
なかなか興味深い。

この手の店は最近になって結構増えてきましたが
各店それぞれに制服とかメニューとかルールにバリエーションがあるみたい。
機会があったら、また別の店にも行ってみたいと思います。
でもさすがに、1人では行きづらいので
今度会社の面白いもの好きな人を誘ってみようっと。
とか言いながら、
「いってらっしゃいませ♪」とお見送りしてもらうなら
クールな低音のお姉さまタイプじゃなくて
やっぱりふわふわした可愛い声の子がよかったなぁ…などと思ってしまう
我々はやはりオヤジなのか…(爆)
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-21 23:04 | お楽しみはこれもなのだ

初体験・その1

ちょうどミナミへの引っ越しで
ディープ大阪・ディープ関西を見直そうといううちの会社ですが
この間、上方落語に定席(落語の常設劇場)を!という
「天満・天神繁盛亭」の建設募金にようやく寄付したらしい。
(遅いっての!)

というわけで、せっかくだからブームに乗ってみるか、と
寄席を観に行ってきました。
これまで、イベントの一部や
CDやDVDでは観たことがあったのですが
ライヴで落語のみの舞台は初めてです。
貝塚市の市民ホールで
笑福亭福笑さんが数年前から企画している
「秋桜(コスモス)寄席」。
なんでこれを見に行こうかと思ったかというと
某紙で福笑さんの独演会を絶賛していたから。
創作落語をメインに、いま一番パワフルに活躍されている噺家さんらしいです。

出演者は
桂しん吉、桂梅団治、桂朝太郎、笑福亭仁智、笑福亭福笑の5人。
一般市民向けの企画らしく
長屋ものから現代創作もの、野球ネタ、手品の面白パフォーマンスまで
バラエティに富んだ内容。
実は自分、正直なところCDを聴いていても
これまであまり落語を面白いと思ったことが無かったのですね。
普通、落語CDはそれこそ寄席で音を録ったライブ版がほとんどで
お客さんの笑い声なども入っているんですが
いまいち雰囲気がつかめなかったんです。
で、今回ホールに来ているお客さんも
ほとんどが年輩の方々。もしかして、我々が最年少?っていうかんじで
ちゃんとついていけるかなぁと不安だったのですが、
なんのなんの、とても面白かったです!

まず、お囃子が生だった!(笑)
勝手に絶対テープだと思ってましたもん。
で、お囃子をちょっと長めに演奏することで
1ベルの役目を果たす+噺への空気を作るんですね。
で、空気が整ったところで、噺家さん登場。
ステージには緋毛氈に座布団が一枚。
よけいな舞台装置がない分
噺家さんの芸に集中することが出来ます。
でね、やっぱり枕から入るんですね~(あたりまえ!)
扇子を扱う動作とか、身振りとか
なんか、お約束の一つ一つが新鮮で面白かった。
ネタの一つ一つがものすごく面白い!というよりも
ライブ感と空気が面白さを増幅させる気がしました。
普段の会話なら笑わないだろうと思うシャレも
思わず笑っちゃったりして。
で、それが楽しい。
いや~、イイ娯楽を見つけました~(笑)
定席ができたら絶対観に行こうっと。
それまで、ちょこちょことイベントチェックしてみます♪
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-20 22:12 | 舞台

捨てられません…

家に帰ってきてちらっと見たCXドラマ「電車男」。
電車くんが脱ヲタのために
ヲタグッズを捨てるシーンを見て思いました。

自分にはできない…! _| ̄|○

興味が無くなったならまだしも
(興味が無くなったものは結構あっさり捨ててる)
まだ好きなものを

捨てるなんて…!

というわけで、引き続き隠れオタク潜伏中。
どう考えても社長ご出演CD&DVDはまだ捨てられません。
たとえそれが段ボール箱いっぱいに部屋の一角を占有してようとも!

ていうか、昔から人の趣味にごたごた言う男は好きにならなかったな…(遠い目)
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-18 23:50 | 日々のこと

君の名は?

会社の女子達とSMAP話をしていて気づいたこと。
みんな呼び名がバラバラです。
中居正広→中居ちゃん、中居くん、ナカイ
木村拓哉→木村くん、拓哉くん、たっきゅん、キムラ
稲垣吾郎→吾郎くん、吾郎ちゃん、ゴロー
草なぎ剛→草なぎくん、剛くん、ツヨポン、ツヨシ
香取慎吾→香取くん、慎吾くん、慎吾ちゃん、シンゴ
ちなみに自分は一番最後、気分はカタカナな感じで(笑)。
敬称略ですみません。
昔、ジャニーズタレントはみんな年上でも「くん」付けなのが
すごく不思議だったのですが、
ある意味、ファンに年齢を感じさせないために
わざと「くん」までを源氏名としていたのかもしれません。

というわけで、今回のライブも
トークコーナーは「君ら中学生かいっ!?」と思わせるような雑談モード(笑)
なんで、メンバーと話をするとき、みんなあんなに楽しそうなんでしょうね?
特にリーダー。
個人的には、クサナギツヨシの天然ボケに
嬉しそうに突っ込むリーダー、という図が大好物なんですが
今回も二人の「お花ちゃんズ」(メンバー内カワイコちゃん担当)ぶりを
堪能させていただきました。

2日目トークでは、前夜のライブ後、
生放送出演のためにテレビ局にいたしんつよコンビのもとに
呼ばれてもいないのにわざわざやってきたという
さびしんぼジーニスト・キムラ(笑)が
テレビ局でのことやホテルに帰ってからのことを語る語る。
(ゴローはそのころ部屋で『アロマキャンドル』を焚いていたそう。
さすが、期待を裏切りません!…笑)
その後も、午前三時にケータリング部屋で
酔っぱらって床を叩きながら大笑いしていたという
チョナン・カンのエピソードをバラしていました。
チョナンはSMAPメンバーなのに、
ベストジーニストと一緒にいると未だに緊張するらしく
「木村くんのいないところではいばっている『ちびっ子番長』」と
リーダーに命名され、ダメダメぶりを披露。
そしたら慎吾もジェスチャー付きで
「ボクも、酔っぱらった上に一升瓶を頭に乗せて
くるくる回っているクサナギツヨシを見た!」との証言。
会場は大爆笑、ツヨシはマジ顔で否定。
もちろんこれはデマなのですが、
反射的にその台詞が出てくる慎吾が大好きだ…!

そうそう、慎吾と言えば、
今回のソロは今までないくらいのアダルト路線で
黒のゴシックなロングコート姿で
お姉さまダンサーたちを従えて歌い踊るのですが、
短く刈った金髪が黒のレースとマッチして
なんだか魔王風でかっこいい。
しかし、後半ジャケットを脱いで、
上半身レースのノースリーブで中央花道を練り歩く姿を見た瞬間
思わず「………」。
お兄さん、そのボディはまったり…というより「むっちり」?。
そして、ベルトの上に腹が乗っているように見えるのは錯覚?

いや~、リバウンドって怖いっす~!
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-17 23:57 | 音楽

る~るる るるっる~♪(遠い目)

本当は今日もフルで休みたかったのですが
午後からの仕事があったので出勤することになり
宅急便の受け取りやらなんやらをこなして
のんびり家を出ました。
で、CDを聴きながらぼんやり歩き、
地下鉄を乗り換えてさあ駅だ…と思った瞬間
目に飛び込んできた駅名表示。

…引っ越し前の駅だよ(爆)

いや~驚いた!
こんな事やらかす人間は
「サザエさん」くらいかと思っていたら
いたんですね、現実に!

…って、自分だ自分!

思わず、何食わぬ顔で
そのままホームの反対側に止まっていた車両に乗り込みました。
…よかった、早めに家を出てて(涙)。

おまけに会社に着いたら
地震のおかげでいろいろ予定変更が…(苦苦苦)
そんなこんなで休み明けいきなりの残業でございました。
[PR]

by yuqui084 | 2005-08-16 23:33 | 日々のこと