<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」

仕事と仕事の間にぽっかりあいた時間があったので、
サントリーミュージアム[天保山]で開催されていた
「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」(4月16日まで)を観に行ってきました。

アンリ・カルティエ=ブレッソン(以下ブレッソン)
1908年パリ生まれの写真家。
1947年ロバート・キャパ、デヴィッド・シーモアらと写真家集団「マグナム」を設立。
1952年に発行した写真集「決定的瞬間」は、写真史のエポックメイキングとなる。
35ミリのライカを手に世界中をまわり、時間を切り取る名手と呼ばれる。
後年はカメラを絵筆に持ち替え、絵画の世界に入る。2004年死去。

結構作品がポストカードになってたりするので、
写真家の名前は知らなくても作品は知ってる人が多いかも。
今回は、世界中で4セットしかない自選コレクションのうちの一つを持っている
大阪芸術大学が学生と一般の人のために、
441点すべてを公開(期間中一部入れ替え)という太っ腹展(笑)
もともと自分がロバート・キャパのファンなので、ついつい比べてしまうのですが、
ブレッソンの写真の特徴は、フレーミングが秀逸なこと。
写真家って、自分の作品をトリミングして使う人も多いのですが、
ブレッソンはフィルムの端まで全部使う、というか見せる。
最初からかっちりフレーム内すべてを使う構図で写真を撮ってるんですね。
これはもともと絵を描いていた人だからかな?とも思うんですが、
とてもバランス感覚が優れている。
目に見えているものを、時には時間さえもそのまま切り取るように捉える。
そしてそれを見つめる目にはいつもユーモアと優しさがある。
そのユーモアも、キャパが時々見せるような尖った風刺ではなく、
もっとおっとりとした、くすりと笑えるほのぼのしたもの。
(一緒に観に行った先輩は、「ブレッソンは育ちがいいからや」といってましたが…笑)
確かに、同じ戦争を撮っても、政治的先導者を撮っても、
キャパとブレッソンはアプローチが全然違う。
キャパが報道写真家で、ブレッソンがアーティストと呼ばれるのは
案外そんなところからなのかもしれません。
あんまりガツガツした感じがない=お金持ちの家に育ったから?
まあ、多分それだけではないのでしょうが、
確かにドキュメンタリーのフィルムなどで見るご本人は、
おっとりした感じの方でした(笑)。

デジタルで撮り、デジタルで加工した写真であふれているこの時代。
モノクロ写真の光と影の柔らかな色合いは思いがけず雄弁で、
かなりの点数を楽しみながら苦もなく見ていくことができました。

いや~、なごんだなごんだ(笑)

やはり時々はこういう時間も必要なのだなと思った次第であります。
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-30 17:54 | お楽しみはこれもなのだ

12人の美少女殺し屋vsオヤジの物語?(笑)

今夏放送開始予定(でも放送局未定)の
「コヨーテ・ラグタイムショー」、
先日の東京国際アニメフェア、
ユーフォーテーブルのブースでPVが流されたそうで。

しかし、
「主人公のオジサンたちの命を狙う『12人の美少女殺し屋集団』の物語」って…!
ある意味新境地。
いいなぁ…うらやましいなぁオジサンたち(笑)。
オヤジ冥利に尽きるとはこのことですな。

というわけで、ニュースはこちら…→


25周年イベント、おかげさまで4公演参加決定です。
これでGWのスタートはナイスなオヤジ堪能?(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-29 18:42 | 社長!

なんとか一段落。


ケンユウオフィスオフィシャルHPに
今回のイベントチケット販売についてお詫びコメントが出ていましたね。
堀内賢雄25周年イベント係より

大阪での朗読会で券売に苦労したこともあり、
今回、プロモーターを入れずに運営するにあたっては
事務局も手探りだったのでは?
(それにしては謙虚すぎたかも…ですが。笑)
まあ、「そんなもんだ」と素知らぬ顔してぶっちぎることもできたものを
わざわざお詫びコメントまで出すというのは
かなり良心的といえるのではないでしょうか?
仕事でもなんでも、「逃げない」というのは、
次のステップに上がるための重要な一歩ですから。
これでひとつノウハウも手に入ったことですし、
なにはともあれ、お疲れさまでした。
ということで、次の30周年イベントは大いに期待!!
(って勝手に決めるな~!…笑)

とりあえず、ワタクシ担当の30日分は昼夜チケット無事到着しました。
さてさて、29日分の結果はいかに…
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-28 21:20 | 社長!

「有頂天ホテル」と「エミリー・ローズ」


やばい…もういつ観たのかも忘れてしまいそう…(爆)
とりあえずざっくりと感想。
多少支離滅裂気味に。

More…
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-28 20:05 | 映画

家に帰ると

ハガキは来てませんでしたが、
今週末のファントマのチケットと
KAT-TUNチケットの連絡が。
うわ…初ライブにアリーナBブロック…
やっぱり予習していくべきか(汗)

テレビをつけると「怪~ayakasi~」が最終回。
このシリーズ、結構斬新で面白かった(飛び飛びにしか見てないけど)。
そういえば、例の落語アニメももう終わり?
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-28 01:51 | お楽しみはこれもなのだ

20時間睡眠

土曜日の朝に健康診断の再検に呼び出されて、
帰ってくるなりいきなりガタンと体調急降下。
どこかで風邪を貰って来たらしく、日曜は寝込んでおりました。
とりあえず、水分と食糧は確保していたので、
少しでも食べて薬飲んで寝るを延々繰り返し、
せっかくだからとかけていたCDも、どれも途中で記憶を失い…(苦笑)。
結局「S.S.D.S. 愛の解体新書 レヴォリューション3」は3回以上回してしまった。
でも、まだあんまり内容がよく分かってません。
…ていうか、速水さん、「不良」の描写古すぎ!20年前の「積み木くずし」レベル!(笑)。
でもハジける皆さんが楽しかった…
「愛とバクダン2」はいつも緑川さんの泣き声でビクッ!と目が覚める…(泣き笑い)。
そしてイトケンさんのなだめ声でまた眠りに…。そして、社長の芝居は記憶にない。
我ながらどうなんだこれ?

とりあえず、まだ本調子ではないので、早く治します…
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-27 19:38 | 日々のこと

voice information 「特ダネ☆5番街」

(有)フィフスアベニューの新企画
声でニュースを届ける「特ダネ☆5番街」
第1回プレゼンターが社長です。
来月の25周年記念イベントについて話しているようです。

これって、いわゆるパブリシティ番組、ってやつですかね?
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-22 17:58 | 社長!

攻める男、健在。

おはようございます。
昨日、東京から直接会社へ出勤したら、
ありえないことでトラブッていました…(爆)
だから、あれほど確認しとけといっただろーに!!
人を待つより、お前が走れ担当者!
というわけで、昨日は事態収拾のため疲労困憊、家帰ってそのまま倒れて寝てしまい、
今日もその余波で出勤中…(涙)

でも、イベントは楽しかったです!
ご一緒していただいた方々、お世話になってますの方も、
初めましての方も、ありがとうございました。m(_ _)m

しかしながら当日はなによりも、
10歳以上歳の離れた後輩達を前に、
齢48にして、攻める姿勢を崩さないオヤジに脱帽、
もう感動の涙で前が見えない…!でございました(四分の一くらいウソ)。

実は昼の部、
寸劇(笑)コーナーでシークレットゲストのメンバーが一堂に会した時点で
「これはかなり不利な状況なのでは!?」とちょっと心配してたんですよ。
今回呼ばれていたのは、
緑川光、鳥海浩輔、岸尾大輔、鈴村健一、神谷浩史(敬称略・順不同)という
若手~中堅でも、かなりの実力のある人たちな上に
これまた反射神経のいい人ばかりで。
吉本新喜劇でもなかなかみられないくらいのアドリブの応酬、
ツッコミも鋭く、ずっこけのジャンプも高い!すべてにK点越え(笑)。
なのに社長ってば、二日酔いによる体力的不安を払拭すべく
いきなり赤ジャージに胸毛の「出オチ最終形態」を発動してしまって
夜はいったい何を武器に立ち向かえばいいのかと…!

しかしながら、それが全くの杞憂であったのは、
予想を遙かに越える最終進化形態で人々の前に登場したときに知りました。
夜は7列目中央で見てたんですけど、思わず自分の目を疑ったくらいで。

あの~、もしかしてあなたがいま頭にかぶっているのは、
昼間はいていた、ほのかに暖かさも残るかのような赤ジャージのズボンですか…?
そして、そのゴム周り=頭まわりにヘアバンドのように巻かれているのは
昼間顔の周りに装着して、途中でいろんなところに振りとばしていたヒゲの数々ですか?
おまけに、あなたが動くたびに、頭の後ろで
ジャージの脚の部分がへろり~へろり~となにかの生き物のように揺れるんですけど!

…マジで笑い死ぬかと思った…
もう捨て身としか思えないそのワザは、あなた以外の誰にも使えません。
肉を切らせて骨を絶つどころか、自分が真っ二つになってますけどー!!

そして、言うにことかいて
「なんだろ、だれもやってくれって言ってないのに…どうなんだろうね?コレ」って、
うれししそうに自問自答。

やっぱりあなた最高です社長!(爆笑)

とはいえ、さすがベテラン。
その後若手が人心撹乱作戦(笑)に動揺してぐだぐだになり、
一部朗読のコーナーにまで響いていたのに、
自分はさっさとモードを切り替えて、
「梨園の貴公子」での森川さんとのやりとりでは、
例の演技プラン(笑)を自信たっぷりに披露。
ヘタレ芝居に客席が沸き、
それを聞いてスポットが落ちる瞬間に満足げににやりと笑ったのを
自分は見逃しませんでしたぜ、旦那。
やはり亀の甲よりも年の功(ええっ?)を見せつけられた瞬間でございました。

しかしながら、さすがは森川さん、
メインナビゲーターという役割と生来の生真面目さで、
社長のせいで収拾つかなくなった場を冷静に本線に戻してくれました。
ありがとうモリモリ!
社長とのものまねごっこ、可愛かったです(笑)
なにを楽しそうにじゃれているのか、この人たちはと!
そしてやっぱり朗読は上手かった…。すごいぞ酒呑童子。

ゲストの方々も、さすが朗読では本領発揮。
個人的には、神谷さんの声量と声の張りに驚きました。あと、岸尾さんの起用さに感心。
阿部プロデューサーのチョイスって、
セールスと実力の両方を見てるのでかなり手堅い(笑)。さすが常務取締役。

ただ、今回は、日が経って冷静になった時点でDVDを観てみたら、
かなり微妙な内容になってるような気がしますね(笑)。
まあ、ある意味「春のお祭り」なので、それを楽しむのもアリかと。

とりあえず、社長がナビゲーターでいる限りは参加する方向で、
攻める男を見守りつづけます!(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-21 17:52 | 社長!

結局…

仕事終わりませんでした…(涙)
明日新幹線の中でやります。
というわけで、仕事と査定面接用のシートを持って東京行き。
だれだよ、月曜にいきなり面接するって決めたの…!(爆)

でも、向こうに着いたら何もかも忘れて楽しむぞー!

向こうでお会いできるみなさま、
多分へろへろになってると思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


ヤバイ…
買い物行かなきゃ!!
デパートが閉まる~(汗)
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-18 17:59 | 日々のこと

テレビをつけたら
薬師丸ひろ子が懐かしい歌を歌っていました。

うわ…
全部いっしょに歌えてしまった…。
懐かしすぎる。
でも、名曲たちです。

…と思ったら
今度はHISだよー!(笑)

素敵すぎる!!
[PR]

by yuqui084 | 2006-03-16 23:37 | 日々のこと