<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

DS Liteがやってきた。

先週末のゲーム大会で
ようやく「ワンダと巨像」をクリアしたんですが、
なんというか…
アクションダメダメ人たちが苦労に苦労を重ねて乗り越えてきた数々の試練(割増中)が
あまり報われないエンディングに思わずがっくり。
ラストの巨像のスカートにしがみついていた4時間の記憶が
涙でかすんでもう思い出せないよ…(しょんぼり)

というわけで、気分を変えて、
ニンテンドーDSのゲーム「ウィッシュ・ルーム」をプレイし始めました。
このソフトと4月発売の「逆転裁判4」がなければ、
あと3年ぐらい本体を買わずにいたのではないかと。
なんといっても、プレイヤーズキャラが、
うらびれたルックスのセールスマン兼捜し屋(33歳・元刑事)。
それだけで本体ごと購入決定。(笑)
で、いつものごとく取説も読まず、
内容も見ずにプレイし始めたのですが、
ときどきDSの操作自体にとまどうものの、
さくさくとチャプター進行中。
一度行き詰まって3時間くらい時間を無駄にしましたが、
どんどん楽しくなってきましたよ~(笑)。
どうやらこのゲーム
「人の死なないミステリー」らしいです。
とりあえず、
脳内では主人公=カイル・ハイドは社長の声でしゃべってまーす(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-28 18:56 | お楽しみはこれもなのだ

オスカーといえば、

炎の守護聖。
…ってまたベタなボケを。

しかし…作品賞、
「ディパーテッド」って!!

もうアカデミー会員たちの
マーティン・スコセッシに対するイジメとしか思えない~(涙)。
あれであげるくらいなら、
「ギャング・オブ・ニューヨーク」であげときゃよかったのに!

リメイク作品で賞をもらって素直に喜ぶ人じゃないと思うんだけど…

外国語映画賞の「善き人のためのソナタ」は先週観に行きました。
ドイツのケビン・スペイシー(笑)ことウルリッヒ・ミューエ氏が
とても勤勉かつ(ある意味)善良な人を演じていて好感度高し。
しかし、あの程度の音楽と言葉でががーんとカルチャーショックを受けるなんて
ヴィースラーはなんておぼこい人だったんだろうと…
ていうか、大上段に立った「自由な芸術を…」云々より
ヴィースラーはクリスタに恋しちゃったんだね、
だから、彼女には幸せになってほしかったんだね、というほうが
この映画に関してはわかりやすくて腑に落ちます。
まあ、一歩間違えば立派なストーカーなので
推奨はしかねるんですが。
ただ、彼は常に誠実であろうとした人なんだろうと思います。
国にも、仕事にも、人間にも、そして自分にも。
だからこそ、ラストの笑顔が美しい。

で、一緒に観に行った人との共通の感想は
「どの国でも、芸術家が政治に興味を持つとろくなことがない」
ということでした…(苦笑)。
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-26 16:20 | 日々のこと

禿しくプロモーション中(笑)

高橋広樹さんがパーソナリティの
文化放送「BE YOURSELF」公開録音、
3月18日は社長がゲストです~。
現在絶賛観覧者募集中(笑)

文化放送「BE YOURSELF」公式ブログ

文化放送「BE YOURSELF」公開録音
ゲスト:堀内賢雄
日時:2007年3月18日(日)17:00~
場所:ヒューマンアカデミー渋谷校

<応募方法>
1.住所(+郵便番号)
2.氏名
3.年齢
4.電話番号
5.参加したい意気込み

以上を書いて、ハガキの方は…
〒105-0002 文化放送「BE YOURSELF」公開録音の係へ。
メールの方は…
hiroki@joqr.netへ。
(件名に「公開録音の係」と入れてください)

※締め切りは3月4日必着。
※応募は1人1通で。

さーさー、5周年イベントプロモーションもかねて
いろいろ社長露出が始まりますよ~(笑)
今回は電車男つながりで…っつーか、ビッグショットがらみですな。
自分は行けませんが、行ける方は盛り上げてあげて下さい~。
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-22 16:39 | 社長!

授業料を払ってきました(笑)

社長、2回目の検査結果も良好だったようで。
もうほぼ治った感じですかね。
はー、良かった良かった。

さて、今日は会社の先輩2人に連れて行ってもらって
人生2回目のパチンコ体験に行って参りました。
なぜなら、コレが見たかったから!!
 ↓
CRフィーバー キャプテンハーロック

初め、パチンコ店の前で等身大の立て看を見たときはびっくりしました。
自分的に、とても思い入れのある作品でしたので。
まあ、ある時期レジェンドが迷走し始めてから
松本先生ってば、どこへ行っちゃうんだろう…(涙)と離れてはいましたが
やっぱり青春の一ページには違いなく…。
それに、ハーロックのキャラクターヴォイスを
誰がやっているのか確かめたかったんです(←コレ重要!)。
とはいえ、さすがに1人で突っ込んでいくのは勇気がいるので
保護者についてきてもらいました(笑)

はっきり言ってハードの役モノデザインはなんじゃこれ?なんですが(笑)
さすが東映アニメーション協力。
液晶部分のアニメヴィジュアルは美しかったです。
自分で打ってみた時は、どこの釘を狙えばいいかもよく分からなくて
あっという間に予定、というか予算(5000円…笑)終了。
でも、先輩が打ってくれてアニメーションリーチをいくつか見せてもらったのと
隣の列で打っていたおじさんの大当たりを見せてもらったので
すっかり満足して帰ってきました。
ただ残念だったのは、まわりの音がやかましすぎて
キャラクターの声がほとんど聞こえなかったこと。
ハーロックの声もだれなのかさっぱり分からず…(涙)。
長時間いると難聴になるんじゃないかなぁ。

しかし、大当たり確率が350分の1って、
だいたい3万円打って当たるかどうからしいんですが、
どう考えても自分にはそれだけもつぎ込めません(小心者)。
ていうか、3万円あったらキャプテンハーロックのDVD-BOX買うって!!
その前にPS2のパチンコシュミレーターで十分です(笑)。
はぁ、つくづくギャンブラーにはなれないなぁ…
(射倖心より目の前の物欲優先だから!)
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-21 02:55 | お楽しみはこれもなのだ

散髪しました。

春なので、髪を切ってみました。
何年ぶりかと思われるミディアムショート&前髪。
年も変わったし、
なにか面白いことしたいなーと担当の美容師さんに相談。
あーだこーだと言ってるうちに、
じゃあ前髪作ってみよう!と言ったところ、
ものすごく驚いた顔をされました。
まったく想像つかなかったらしい。
おまけに真顔で「イメージじゃないんですよねぇ」とか言われ…。
いくら5年以上担当してくれてるとはいえ、
もう少し言いようがあるんじゃないですかNさん(苦笑)。
まあ、ヘアスタイルを変えるのに、
普通「面白いことをしたい」という人はいないとはいわれましたが。
それでも施術後に丁寧にヘアアイロンの使い方を講習してくれてありがとう!

おかげさまで、会社では会う人会う人に驚かれ、
もしくは廊下で会っても気づかれず…。
ある意味とても「面白い」状態になっております。
しかし、問題はこのスタイリングがどれだけ維持できるかです。
ミディアムショートという便利な長さだけに、
高校生にも、生活に疲れたおばさんにも見えないようにするのは一苦労。
どっちかというと、疲れたおっさんが得意なんですが(関係ない)。
うぬぬ…アイロン技を磨かなくては…!
人生に新しい試練はつきものです。
(三日坊主だったらごめんなさい)
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-19 17:16 | 日々のこと

久しぶりにテンション上がりました

昨日は芝居がはねたあとまっすぐ帰るのが惜しくなって、
近所のバーに寄ったら人がいなくて、
延々マスターと芝居の話をしてしまいました。
そうしたら後から入ってきたお客さんが自分が持っていたプログラムを見て
「僕も観ましたそれ。金曜にもう一回行きます」
なんですかこの偶然。
ちなみにその後、そのお客さんはすでにこの公演を3回観ていることが発覚。
上手がいましたよ(笑)。


というわけで、観てきました
劇団☆新感染(染さまメインだから)「朧の森に棲む鬼」。
譲ってもらったチケットは、1階最後列中央花道近くの通路側。
松竹座の最後列は舞台からの距離は近いんですが、
傾斜がないのでちょっと前の人の頭が気になる感じ。
が、今回は舞台の全景が見えてとてもよかったです。

なにしろ、美術がとても美しかった!

オープニングの森の造形は、ちょっとゴシック入った木々の透かしに、
青っぽい照明が幻想的で、幕が開くとともに空間に引き込まれます。
おまけになんとも贅沢に使われる本水!
「吉原御免状」では回り舞台が印象的でしたが、今回はやっぱり水!
雨になり滝になり川になり、血塗られた物語に流れる血流のようでした。
そして、郭でもあるラジョウの背景にはヒエロニムス・ボッシュの「快楽の園」。
――ベタや!(笑)
でもわかりやすい!そしてやっぱり綺麗。

その他にも濃厚な照明に美しい衣装、
殺陣に踊りにさまざまなギミック、いつもながらの音効・特効。
もうね…とってもお金がかかっている!(笑)
それも丁寧にお金をかけている!という印象。
これじゃぁチケットも高くなるわけだよなぁ…。
でも満足度も高かった。
魔法にかけられた箱庭のような美しい舞台に、
ドラマが展開していく様は夢見るような3時間半でした。


実は、今回市川染五郎こと染さまが主演だと聞いて、
パスするつもりでチケットを取っていなかったのは、
「阿修羅城」とこの間観た「染模様恩愛御書」の染さまが
なんとなく線が細くてもの足りなかったからというのがあったのですが…。
ごめんなさい、今回すごく良かったです
この役者さん、テレビドラマに出ているときも
なんとなくたたずまいがシニカルな感じがしていたのですが、
ヒーローより悪役のときのほうが断然色気がある
色悪とはまさにこのことと納得。
「好きも嫌いも同じなんだよ」の台詞にはちょっとくらっときました(笑)。
なにしろ口八丁でのし上がる悪党という設定なので、
とにかく膨大な台詞の量があるのですが、
ときどき混じる歌舞伎調が良い感じのリズムを生み出して、
独特の雰囲気を醸すんですね。
そして、このキャラを映す鏡として重要な役が、
阿部サダヲさんのキンタ。
阿部さんの瞬発力というか芝居力というか、
ライブでの力は相変わらずすごい。
特に後半、刀を逆手に持っての立ち回りはキレがよくてスピード感も抜群。
カーテンコールでも大きな拍手を受けておられました。
女優さんたちも美しかった。
新感線のお芝居に出てくる女たちは、いつも綺麗で漢前です。

古田新太さんはねぇ…古田さんでした(笑)。
観ていてすごく安心する。
ホームグラウンドの安定感。やっぱり好きだなぁ。
で、昨日は古田さん、どうやら罰ゲームのお当番だったようで。
幕間の休憩時間にロビーに出たんですが、
1階席ロビーでスタッフがなにやら机を出し始めたと思ったら、
いきなり真木よう子さん(シュテン役)の写真集を販売。
しかし、よく見ると販売テーブルの向こうに座っているのは、
マダレの衣装を着たままの古田さん
マダレ入ったままなもんだから顔が怖い!(笑)
なのに真木さんの写真集にサインしてます。なんでやねん!(大爆笑)
本公演パンフとか、自分の本じゃないところがミソで、
どうやら「幕間に休憩させない」罰ゲームだったらしい(笑)。
でもなんだかその姿を見られただけで得した気分でした。
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-15 19:32 | 舞台

一回戦終了。

5周年記念イベントのチケット先行発売、
19日の期間満了を待たずして予定枚数(200枚)終了したようで。
ひとまずは一回戦勝ち抜き(笑)、おめでとうございます。

一般発売は3月3日。
残るは各公演MAX400枚!

がーんばーれー!!

河原木志穂嬢の所属するplumeのブログによると、
本日が顔合わせ&読み合わせだそうで。
いよいよ稽古スタートですね。


そういえば、今朝8時に宅急便が着いて
なんだろうこんな朝早く…と思ったら
「S.S.D.S秋の診察会」のDVD(おまけディスク付き)でした。
本当にバレンタインデーの朝着。
事務長、いい仕事してますね(笑)
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-14 13:45 | 社長!

枕は大事だよ~

長年使っていた枕を変えたら、
どうやらいまひとつ身体にあわなかったらしく、
いきなり背中痛と腰痛が…!
今までのは一応レディーメードで作ったものだったんですが、
ぺったんこで堅くてそば殻で、おばーちゃんの枕みたいだったんですよ。
夢見るようなふわふわの羽根枕にあこがれて買ったのに…!(涙)
やはり身体が貧乏人に出来ているのか…(しょぼーん)


3連休の頭2日は梅を見に行ったり、落語聞いたり、芝居を観たりしたんですが、
3日目は久しぶりに引きこもりました!(威張ることか)。
ゲーム「ワンダと巨像」も、あと2体攻略を残すところとなり(遅っ!)、
今回は来週のボス戦に備えてレベル上げもかねてワールドマップ行脚。
木の実を落としたり、トカゲを食ったり、山や谷を登ったり下ったり、
湖で泳いだり、馬と競走したり。
全て徒歩で。
ワンダはホント元気だなぁ…(笑)。
シームレスフィールドのビジュアルが美しくて、
全然飽きずにいろんなところをぐるぐるぐるぐる回っておりました。
気分はアレキサンダー大王の世界征服ですよ。
アレキサンダーって、あれだ。イスカンダル?(笑)
おかげさまで体力MAXで終盤に臨むことが出来ます。


日曜は痛む身体を抱えて千林大宮まで行ってきたんですが、
2時間強芝居を見るのは結構つらかった…(涙)
で、見てきました。劇団鹿殺し「僕を愛ちて。」
まあ、タイトルからして幼稚語なのが「…。」だったんですが、
やっぱり内容も「…。」。
新聞の劇評を読んだところでは、
いわゆるエンタメ系と言われる劇団なのかと思っていたのですが、微妙…。
話の途中で登場人物が踊り出したり歌ったり(これがエンタメ系ってこと?)。
お話は、ざっくり言ってみればニート版「鶴の恩返し」なんですが、
なんとも後味のよろしくない感じで。
ごめん。あの主人公に共感するのは無理だ…。
きっとこれは越えられない壁なんだと思います。
でも、脚本自体も、飯島愛だのドラゴンボールだのクイーンだのジョジョだの、
既存のイメージに頼りすぎて、
観客の共通認識を創作の力でないコマーシャルな人や物の名前で得ようとするのは
ずるい…というか、ちょっとぬるい感じ。
あと、男優が意味もなく白いブリーフになるのはどうよ?orz
あれが、この劇団のスタイルなんでしょうか?とりあえず脱ぐ、とか?(苦笑)
唯一の女優である座長さんの芝居(と歌)が後半かなりよかったので、
違う演目だったら印象が変わったのかなぁ…と思わずにはいられません。
オープニングで歌った男優さんは、動きもよかったんですが、
芸風がどうしても某右近健一さんとかぶって…(汗)。
オリジナリティという部分ではつらいよね。
ただ、全然関係ないけど、1人すごく声のいい役者さんがいて、
諏訪部順一さんみたいだなぁと思ったら顔もそんな感じでした。
(ほんとうに全然関係ないな)

お芝居って、一本観たらなんだかどんどん観たくなるんですが
もらってきたチラシのなかでちょっと興味のあるものがあったので
時間を見つけてまた行ってみようと思います。
とりあえず、明日は新感線です。
そうそう「ENDS」のチケットも取れました。
久しぶりだー遠藤遼一。新譜チェックした方がいいんだろうか…(汗)


キッズステーションで「ナイト・ミュージアム」の吹き替え版予告が流れたんですが
ベン・スティラーの声が社長じゃなかったよ…(涙)
しかし、「王の男」を劇場に観に行ったときは
チャンセンは森川さんのような気がしたけど、
あの王さまを社長が演るとは思いもしませんでした。
ヘタレで、泣いたり笑ったり結構躁鬱の激しい役なので
その振れ幅をどう演じるのかちょっと楽しみです♪
というわけでDVDコレクターズエディション初回限定版の声優対談にも期待!
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-13 22:00 | 日々のこと

「ボイスー玉手箱-」一般参加者募集要項

「一般参加者」って、ステージに乗る人のことだったのね(笑)
どうやら、内容・時間等詳細が確定したようです。

TAF&JAUステージ『ボイス玉手箱』一般参加者大募集!

「一般参加者の方には、「東京国際アニメフェア2007」当日のステージにて、
日本俳優連合所属の人気声優さんと一緒に、
『紅白対抗・声の達人バトル』へ挑戦していただきます」。


だそうですよ、奥さん!
まあ、「アニメフェア」らしく親子メインということで。
しかし、応募動機と写真まで送らなければならないなんて
なんてハードルの高い申し込み…!
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-10 00:10 | お楽しみはこれもなのだ

お楽しみいろいろ

5周年イベントのチケット(19日まで絶賛先行発売中)が
案外あっさり取れてしまって逆に拍子抜け。(気合い入れすぎ)
1時半には振り込みも全て完了。
…と思ったら、プレリザーブの結果やら人様のお声がけやらで
手元にいろいろチケットが到着♪
この間まで予定は真っ白だったのに、
決まるときにはバタバタと決まるものなんですね。

というわけで、とりあえず今後の予定。
・2月11日(日)10時 大阪再発見の集い(天満天神繁盛亭)
  ↑シンポジウムと落語。
・同 19時半 劇団鹿殺し「僕を愛ちて。」
  ↑劇評を読んで観たくなり、当日券参加。
・2月14日(水)18時 劇団新感線「朧の森に棲む鬼」 
  ↑急に行けなくなった人から半額で譲ってもらいました♪
    16日の「コリオレイナス」も声をかけてもらったんですが、
    そっちは先約があって行けませんでした。残念。
・3月25日(日) 東京国際アニメフェア
  ↑とりあえず参加の方向で(笑)
・4月7日(土)19時 ヨーロッパ企画「苦悩のピラミッダー」 
  ↑ヨーロッパ企画初参戦~♪
・4月29日(祝)13時、17時半「ケンユウオフィス5周年記念公演」
  ↑既定路線(笑)
・5月6日(日)14時 美輪明宏「双頭の鷲」
  ↑初めての美輪さま舞台!
・6月9日(土)18時半 ヨーロッパ企画「衛星都市へのサウダージ」
  ↑勢いで2本目(笑)


☆そのほか結果待ち
・3月10日、11日NEWS コンサート
・4月12日「ENDS」LIVE
・5月4日、5日 KAT-TUN コンサート
・6月10日「藪原検校」

「藪原検校」は激戦の予感…(汗)
でも、スケジュール帳が埋まっていくのは嬉しいな~♪
[PR]

by yuqui084 | 2007-02-09 18:13 | お楽しみはこれもなのだ