<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ベクシル -2077 日本鎖国-

3月の東京国際アニメフェアで
黒木メイサちゃん参加のスペシャルプレビューのステージを見て、
松竹さんの力の入れ具合もあり、
この夏はコレを見に行こうと決めたこの映画。

ベクシル 公式サイト

メールマガジンの登録して、事前にトレーラーもチェックして、
ようやく本編を見に行ったわけですが。

なんでしょう…このツッコミどころ満載感は?

当初、詳細なストーリーは公開されていなかったので、
アニメフェアでもらったプロモーション用のDVDを見ながら友人と
「日本鎖国かぁ…。
実際にはもろもろ自給率の低いこの国じゃ到底無理だろうけど、
設定としては面白いよね。島国だしね。
でも、これってフタを開けてみたら日本が○○で、
日本人がみんな○○○だったら笑うよねー。
で、ワルモノはハイテク企業でさー。」
とか冗談で言ってたんですが。

以下、いろいろネタバレありで…
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-30 15:30 | 映画

夏が終わりますね。

休み明けに会社に行ったら
仕事が机の上に山積みになっていました。
まさに「山」。
もうマンガかドラマでしか見られないと思っていた風景が
実際に目の前に現れようとは!
ていうか、みんな、自分の休みが終わったからって…(爆)

東京1泊2日には慣れてたんですが
さすがに真夏は体力を奪われますな。
2日目は森美術館の「ル・コルビュジエ展」に行ってきました。
これがめっぽう面白かった。
ちょうどこの間テレビで安藤忠雄が訪れていた、
マルセイユのユニテ・ダビタシオンの実物大模型が展示されているとは!
外側は模型だけど、キッチンユニットはホンモノでした。
そんなこんなで、少し時間がたってみると、
前日観た2本の芝居の印象も変わりつつ。
よく考えると、どちらとも観客の文学(史)リテラシーを試されるような内容だなぁ…(汗)

「ロマンス」は6人の出演者全員が実力派揃いで
最初から最後まで安心して観られました。
それぞれに求められている役割をきっちり果たしている、という感じ。
井上ひさしさんのお芝居では、
1人の役者さんが何役も演じるのはよくあることらしいんですが
1人の人物を複数の役者さんで演じるのは初めてだとか。
ステージセットも転換に回り舞台を利用したシンプルで上品なスタイル。
「こまつ座」のお芝居はどちらかというともっと堅苦しい印象だったのですが
外国が舞台だからか、はたまた生瀬効果(笑)か
ずいぶん軽やかに感じました。
すっきりと、でも丁寧に作られている感じ。
一方の「乃木坂倶楽部」
荒削りだけど、熱かった。
今思い返してみると、こちらの方が印象に残っているような気がします。
狭い会場、狭い舞台。背景も大道具も袖幕も手作り。
そして作り手の思い入れもたっぷり。
まあ、書き手本人の思い入れが強すぎて観客に不親切な所や、
時代物らしくときどき文語調の台詞が入るのはいいけれど
漢字や意味が思い浮かべられず観客の反応が遅れたりすることはありましたが。
(「畢竟」って、まず普通に使わないよね…汗)
狭い舞台の上では身体演技も制限されますが、
役者陣は狭いスペースを有効に使って、あまりムダな動きもなく
すんなりと演じておられました。
萩原朔太郎は、箸の扱いからしてホントにダメダメだったし、
朔太郎の友人達は、みんなキャラの立て方が上手かった…(笑)
そして、女性陣はみんなオトコマエでした。
朔太郎を演じる宮崎さんのお芝居には、
そこはかとないペーソスが漂っていました。
なんというか、ダメなんだけどなんだか憎めないキャラ。
多分テーマ的には、
朔太郎と芥川@メフィストフェレスの会話がキモなんだろうと思いますが
友人達との動きのあるシーンでみんな持って行かれた感じ(笑)
古澤さんなんて、ほとんど机に向かって何か書いているか
立ったまま禅問答しているかのどちらかだったので
お芝居的にはちょっともったいなかったです。
結局、幽霊芥川の「死への誘惑」を無効にするほど
朔太郎はダメダメパワーは強かったという話(ええっ!?)。
(まあ、ある意味自死は瞬発力を必要としますからねぇ…)
でも、多分、そんなものなんでしょう、人間って。
当の芥川龍之介は、「なんとなく不安」で自殺を図った人ですが
現代社会では自分を含め、同じような不安を抱えている人は多い。
でも、そう簡単に死ねやしません。
そんなときに、朔太郎のヘタレ口調で唱えるのもいいかもしれません。
「良くも悪くもとりあえず、人間は死ぬまで生きていく」と。
そんなお芝居だったような気がします。

そうそう、
ロビーで「萩原朔太郎10選」と称した記念CDが発売されていたので購入。
開幕前に会場に流れていたものらしい。
社長が
●地面の底の病気の顔●内部に居る人が畸形な病人に見える理由
●大渡橋●漂泊者の歌●帰郷、の5編
古澤さんが
●ばくてりやの世界●猫●竹●Omegaの瞳●郵便局の窓口で、の5編を
詠んでいます。
残念ながら、録音環境がプロ仕様でなく、
一本一本の音響レベル(というか、音質?)がばらばらなので
少々聞きづらいのですが、まあぼーっと聞く分にはいい感じ。
面白かったのは、社長の読みは「客体」、古澤さんのは「主体」。
意図して選んだのかもしれませんが、
古澤さんはまりすぎ(笑)
社長の「漂泊者の歌」もぐっとくるんですが、
自分が一番好きなのは古澤さんの「竹」でした。
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-29 23:00 | 舞台

『ロマンス』&『乃木坂倶楽部』

観てきました。
偶然ながら、昼はチェーホフの評伝劇、
夜は萩原朔太郎の時代の1ページ。
どちらも創作する人たちの人生。
そしてどちらも面白かった。
詳細はまた。
乃木坂倶楽部、昼の部は社長と宝亀さんが観にきてたらしいですよー。
夜も満席だったし、盛況でなによりです♪
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-26 00:39 | お楽しみはこれもなのだ

アンティーク・アニメ・コレクションとか(ちょこっと追記)

久しぶりに検索をかけてみたら、引っかかってきたので。
IVCから発売されているアンティークアニメのDVD(一枚1890円)のうち、
いくつかに社長ご出演の模様。

豪華声優陣で蘇る!『アンティーク・アニメ・コレクション』発売!

『スーパーマン1』 『スーパーマン2』 『スーパーマン3』
『メリー・メロディーズ』
『アヴェリー・バラエティ ねむいウサギ狩り』

フライシャー兄弟作の「スーパーマン」は1巻3話収録で30分。1本10分。
他の作品も、4編収録で30分強とか。
そういえば、昔の海外アニメって短かった。
でも、作るのは大変だったんだろうなぁ…

そういえば、ワーナーの
「LOIS&CLARK/新スーパーマン」シリーズ
BOX廉価版も、9月7日発売です。
あ…セカンドシリーズ買い忘れてる…

今日は「『24』の日」だそうで。
小山力也さんのブログ
小山さんお気に入りの「ジャック・バウアー着うた?CM」歌詞が公表されていて爆笑。
曲は3曲、歌詞パターンは30種類あるとか。すごいなぁ…
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-24 11:29 | 社長!

ダメ人間リターンズ

休みはとっくに終わったのに、
夏の太陽のせいにしていろいろ滞っている今日このごろ。
多分、休み中に脳細胞の30%は死滅したと思われます。
今週末は東京だというのに、
このままでは新幹線に乗るのに近鉄電車の駅に行ってしまいそう…(爆)

休みの最終日に「レイトン教授と不思議な町」をクリアしたんですが、
最後のパズル問題に手こずり、
そこまでくるのに12時間くらいしかかかってないのに、
その一問だけに3時間以上かかって疲労困憊。
最後はすっかり意地になって…キレそうでした。
でも、面白かった。続編も期待。
「緋色の欠片」も一人目クリアしたのですが、
もうそれ以降続ける気力がなく。
…だって、主人公(=プレイヤーズキャラ)が何考えてるのか分からないしー。
っていうか、今時の女子高生ってみんなあんななの?(なわけない)
つくづく恋愛シミュレーションには向いてないと自覚。
オールクリアは断念しました。
次は借りたままになっているFF12に挑戦です。(今頃!)
FFといえば、このあいだふらりと寄ったTUTAYAで、
クライシスコア FF7・新型PSP同梱版の限定予約受け付けしていて、思わずレジへ。
45個のみ受付だったのですが、自分の予約番号は44番。
77777個の限定生産(またか)
発売されるのを知ったときにはすでにネットショップでは軒並み予約終了、
店頭でも入荷本数不明、予約不可であきらめていた品ですが、
こんなにあっさり手に入ろうとは。
本体にイラストが入っているのがちょっとこっ恥ずかしいですが、
人の目に付くところでは多分しないので無問題。
おかしいなぁ…当分PSPは買わないつもりだったんだけど…(爆)。
まあ、こういうのもご縁ということで。
あと気になるのは、ソニーお得意の初期不良だけですな。
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-23 12:25 | 日々のこと

Lover’s Prayer はつ恋

Lover`s Prayer はつ恋
/ ケンメディア

ツルゲーネフの自伝的小説「はつ恋」と
チェーホフの「The peasant woman」の2作を
脚色して作られた文芸作品。
16歳の主人公が避暑地で知る、年上の女性(といっても20歳)との初めての恋…。
邦題「はつ恋」の「はつ」がひらがななのは、
神西清訳版を踏襲しているということでしょうか?
別にチェーホフパートはいらなかったんじゃないかなー?
ロシア文学っぽくちょっと社会派風味にしたかったんでしょうかね。
キルスティン・ダンストがえらく若いなーと思ったら、2000年制作。
出演俳優も地味で、テレビドラマのスペシャル版くらいのスケールの作品なので、
どう考えても同時期DVD発売の「マリー・アントワネット」との
抱き合わせ用にリリースされた感が。
しかし、だからこそ実現したのではないかと思われるのが、
吹き替え版のキャスティング。

Read More…
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-21 19:37 | 社長!

絶賛夏休み中。

ちょーっとばかり持ち帰り仕事もありましたが
やっとの夏休みを堪能しております。
積んだままになっていたものをいろいろ読んだり観たり聞いたり。

しばらくモバイル機ばかり使っていたので
久しぶりに家のメインPC(ノートだけど)のメンテをしたら
ウイルススキャンだけで3時間かかった…(涙)
そして、この夏デジカメを買ったので
めずらしく取り説を読んだり、
編集ソフトをいろいろ取り込んだり。
とりあえずなんだかんだで1日潰れました~(遠い目)。
まあ、時間があるときにしかできないので。

でも、外にも出てきましたよ。
15日は奈良へ。
「東大寺大仏殿万燈供養」「春日大社中元万燈籠」を堪能。
そして遠目に大文字送り火をちらりと。
久しぶりの奈良でした。
ろうそくの揺れる灯りにはなんとなく心が癒されます。
電気屋さん@M嬢、おつきあいどうもありがとうでした。
で、デジカメを買ったので、浮かれていろいろ写してこようかなと思ったんですが
よく考えたら時期がお盆。そして、お寺。
シャッター切った画像に予期せぬものがいろいろ写ってたら…(汗)と思い、
持っていくのをやめました。
でも、心のシャッターは切ったよ。

昨日越後屋さんにメールで教えていただき、
今日ポストに案内が。
「声優口演2007」開催
昨年は日俳連の50周年記念イベントとして無料(申し込み制・抽選)で開催されましたが
今年は有料で4回公演。
そのうち10月21日(日)の公演は
東京国際映画祭の関連イベントとして開催されるようです。
 ● 関連記事
社長の出演は10月28日(日)昼・夜と、11月3日(土)の3回。
とはいえ、自分は11月3日に別の芝居を見に行く約束をしてしまったので
行けるとしたら10月28日かなぁ…。
でも、絶対10月21日と11月3日のほうが面白そうなんだよなぁ…(涙)
ちなみに、10月21日の公演は
Yahoo!チケットでプレミアム会員用の先行申し込みと、
チケットぴあでのプレリザーブが始まっています。
一般発売は8月25日(土)。
28日と11月3日のチケットの扱いは、ちけっとぽーと浜松町店
ちょっくら電話で問い合わせしてみたら、
まだチケット発売の詳細はなーんにも決まってないそうです。
8月最終週くらいにまた問い合わせしてみてとのこと。
でも、発売は9月3日なんですけど…?(苦笑)

以下、整理用メモ
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-17 23:30 | 日々のこと

にっちもさっちもどーっちも

さあ皆さん、今日は「オーシャンズ12」放送日ですよー。
あと何回見られるか、という社長のブラッド・ピット、耳に焼き付けねば…。
山像かおりさんのブログによると、収録は7月28、29日!?
そんな短いスパンでやってたんですね…。

そして、9月13日の木曜洋画劇場「ブルドッグ」
山寺宏一・森川智之・堀内賢雄(以上敬称略)のステキキャストだとか!
(メールいつもありがとうございます!m(__)m)
でも、「ブルドッグ」っていわれてまったくどんな話か見当も付かず、
ネットで調べてみたら、覚えがありましたよこれ!
トリプルXで盛り上がったヴィンちゃん人気を
追いかけるように公開されたアクション映画!
…でも、試写室で寝ちゃった一本…(爆)。
ということは、社長ワルモノ!(笑)。
山寺・森川の正義の味方吹き替えぴかぴかコンビに対抗するのはキビシイですぞ…(笑)。


9月9日のネオロマ、無事チケット確保できました♪
(Oさん、お気遣いありがとうございました~m(__)m)
なんだかすごく久しぶりの聖地のような気がします。たどりつけるかな?(嘘)

なんだかんだとバタバタしている隙をぬって、
会社のバイト嬢たちとレイトショーで見てきました。
「劇場版 仮面ライダー電王」「獣拳戦隊ゲキレンジャー 電影版」
レイトだけあって、お客さんは大きいお兄さんお姉さんがほとんどでしたが(笑)
ゲキレン→モモタロスの夏休み→電王という順番なのですが、
なんだろう…続けて見ると、
ゲキレンと電王の間に歴然たる方向性の違いが見られるというできあがりに。
電王目当てに来る人には、ゲキレンのストーリーが
「てれびくん」か「たのしいようちえん」に載っている番組紹介なみに
子供向けに感じられるだろうし、
逆に電王はテレビとコラボしていることもあって、
シーンとシーンの間を想像力で補わなくてはならないという、
ゲキレンで単純に喜んだ子供達にはちょっとわかりにくい作り。
本当はそれぞれに一本ずつ楽しむべきなんでしょうね。
でも、あんまり深く考えずに気軽に見るには楽しい2本でした。
いやねぇ、モモタロスがホント可愛いのよ(笑)。LOVE。
勢いついてメイキングのDVDも買っちゃいました。
これを見るとやっぱり佐藤君が大変そう。お疲れさまです!と頭が下がります。
あと個人的にはアクション監督さんをはじめ、
裏方のおじさん達がきらきらしながら現場を仕切っている姿に萌え(笑)
いいなぁ…職人魂。
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-10 17:25 | 日々のこと

働いています。

働いています。ただひたすらに。
夏休みをとるために!
ちょっとお盆の頭にでかいめの仕事を担当することになったため
今が正念場。
でも萌えが枯渇しかけてるー!
よれて帰りながらも萌え供給のために、 
会社のバイト嬢が貸してくれたゲーム
「緋色の欠片」をやろうと思ったら
導入部3分で爆睡してしまいました。
ううむ…どうやらツボを押さなかったらしい。
今日はヴァッサロードのCDを聞くぞー!

只今こちらを読んでから
激しいひろし萌えの波がきております(笑)
劇場版借りてこようかな…
 ※参考:野原ひろし ウィキペディア
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-07 19:57 | 日々のこと

日付の感覚が…

びっくりした。
もう8月ですよ奥さん。
夏・夏・真夏。
…泳ぎに行きたいなぁ…(どこへ?)
なんだか暑さで脳みそやられて
あまりちゃんとしたことが考えられなく…て…(思考停止)

最近映画はレイトショー、というパターンがほとんどで、
夜更かしスパイラルに。
この間は「ダイハード4.0」か「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」かと迷って、
結局時間が合った「ハリポタ」に見に行ったんですが、
みんな大きくなったんだねぇ…。
ロンがいい顔になってました。
そしてネヴィルがでかくなってる!(笑)
で、このシリーズはなんというか、
レイフ・ファインズがお気の毒なシリーズですね。
監督のデヴィッド・イェーツという人はよく知らないんですが、
心象風景を多く挟んだところがこれまでの監督さんとは違った感じ。
ヘレナ・ボナム・カーターが素敵でした。
実写版「ナイトメアー・ビフォー・クリスマス」みたいで。悪役だけど(笑)。

「マナケミア」は1週目クリア。グンちゃんエンド。
破天荒だけど、いいあんちゃんでした(笑)。
どうやら社長はウに濁点の「ヴ」の発音が苦手らしく、
最後まで主人公の名が言いにくそうでしたが。
このゲーム、クリアしたら、
エクストラメニューでキャストコメントが聴けるんですね。
社長のコメントは楽しそうでした。
チョーさんがね、いい感じ。
最後の方は、調合でグロウブックを埋めるのが楽しくて、
全部埋めて100%になったときは達成感がありましたよ。(笑)。
2週目は基本スペックが1週目終了時点から持ち越せるみたいなので、
暇ができたら、2週目メガネくんでやってみようかな…。

「Fate/Zero」3巻購入。
やっぱりイスカンダルはいい!
そして、本編では断然凛派だったんですが、
「Zero」のセイバーはなんだか本編よりけなげで可愛くて好きだ。
まっすぐな女の子がでかいおっさんとか男前に囲まれて、
ちょっと譲られたり、守られたりしてるところは萌えですな。
(なんだこのオヤジ感想…)

夏休み、ちゃんととれるかなぁ…(涙)
[PR]

by yuqui084 | 2007-08-03 17:57 | 日々のこと