人気ブログランキング |

コンスタンティン

この映画、試写で観る予定だったのに
当日仕事が終わらずに観に行けず
やっとレイトショーで観てきました。

スタートしてから10分ぐらいして
なんだろう…なんだか…デジャヴ?
で、はたと思い当たりました。

これって、実写版「妖獣都市」(もしくは「闇狩り師」)じゃん!(笑)

自殺の罪を贖うために、
天国と地獄の均衡を図るエージェント(=闇ガード)となったジョン・コンスタンティン(ウソ)。
キアヌ・リーブスがシニカルにやさぐれていて、いい感じでした。
もちろんキリスト教がらみの話ですから
菊池秀行的エロスとはまーったく関係なく(笑)
宗教がらみだからこそ制約が多くて
逆にわかりやすい、というエンターテインメントに仕上がっていました。
いわゆる「様式美」の世界ですね。
監督はミュージックビデオ出身の方らしいですが
画面がとても美しく、わくわくしながらみてしまいました。

そして、素敵キャスティング。
ティルダ・スゥイントン=ガブリエル。
出てきた瞬間にまんま「オルランド」じゃん!と(笑)。
おまけに、背景とか小道具の使い方とか衣装とかのシンクロ度が
デレク・ジャーマン作品かと思うくらいで。
レイトでパンフ買い損ねて詳しいことはわからないんですが
でも、確信しました。
フランシス・ローレンス監督はデレク・ジャーマン好きだ(笑)!
短い登場時間ながらさすがの存在感は、
ピーター・ストーメア=ルシファー父ちゃん。
かなりツボに入りました。激ラブ!
白のスーツで軽妙なトーク、
地獄の王なのに、
死に瀕したコンスタンティンを自分で迎えに来ちゃうくらいにご執心なとことか、
ガラスのかけらの降る中を悠然と歩く姿は
眉毛がなくても気にならないくらい(こらこら)素敵!!
キアヌのやさぐれっぷりと、
この二人を見れただけでもお金を払った甲斐がありました。

DVDが出たら買っちゃうかも…
そして、吹き替え版のキアヌは、へたれた森川智之氏を熱烈希望!!
ねっ!Sさん?(笑)

by yuqui084 | 2005-04-30 01:12 | 映画

<< スタスキー&ハッチ 2004(... リアリティ >>