人気ブログランキング |

四月の雪

ハイ、今、タイトルを見てびっくりした人~!
自分もびっくりしました(笑)
でも、観に行ってきたんですよ「四月の雪」。
はっきり言って、いつでもどんなときでも我が道を行く嗜好、
韓流ブームとは真逆の位置にあったこの人生。
自慢じゃないですが、ヨン様出演作品は
ドラマも含め一本も見たことがありません。
なのに何故?といわれると
「シチュエーションに興味があった」と言うしかありません。
だって、自分たちの伴侶が不倫旅行中に事故起こして
人を殺した上に、どちらが運転していたか分からない状況で
どちらとも意識不明。死ぬの?生きるの?事故の賠償はどうなるの?
おまけに自分たちもお互いが好きになっちゃった、さあ、どうする?
というような、どちらにどう転んでも必ずだれかが不幸になるこのシチュエーション、
いったいどうオチをつける収拾をはかるのか?
それが知りたかったのです。

以下ネタバレ含むので



で、どう収拾がつけられていたのか。

はっきり言って、よく分かりません(笑)
結局ソヨン(ソン・イェジン)の夫は死に、
インス(ぺ・ヨンジュン)の妻は意識を取り戻すのですが、
事故の補償・賠償については全く触れられず、
ラスト付近のお引っ越しのカットで、
結局インスが離婚したっぽいという「感じ」になり、
ラストシーンは雪の降る中、車中の二人の会話で終了。
とにかく全編、行間を読めと言わんばかりのシチュエーションカットの連続で
「二人のその後は映画を見た皆さんの心の中に…」
とか言い出しそうなずるい作りになっております。
(まあ、メロドラマの作り方としてはこれが正しいのかもしれませんが)

なので、勝手に話を作ると、
意識が戻った妻の元に戻り、かいがいしく世話するインス。
その姿を柱の影から見るソヨン。彼女の中に残るのは短い思い出。
しかし、夫を失い、心の支えを失ったソヨンが
その思い出にどんどん依存・傾倒していって精神を病みはじめ
「この女さえいなければ!」とインスの妻殺しを計画。
最後は止めに入ったインスともども刺し殺して
血塗れた姿で笑いながら自分も屋上から飛び降り自殺。
しかし本当は、インスは妻の怪我が治れば
離婚してソヨンの元に戻ろうとしていたのである。
…って、サスペンスホラーかよ!!

いやいや、勝手な妄想はそれくらいにしておいて。

特筆は、ソヨン役のソン・イェジン嬢でしょう。
画面に登場した当初は、疲れた感じの陰気な老けた奥さんだったのですが
インスのことが好きになると、どんどん可愛くきれいになっていくのです。
おまけに無意識の小悪魔ビーム発動(笑)
白のランジェリーの清楚さもプラスされ、
後半、もうファーストカットとは全然別人。
そこらへんはホ・ジノ監督、上手いです。
が、それに対してぺさんが…(爆)
インスというキャラクターがそんな設定なのかもしれませんが
なんだか最初から最後まで茫洋とした人でした。
なんつーか、喜怒哀楽にメリハリがない。
ていうか、何考えてるのかよくわからんのですよ。
泣いてても嘘泣きにみえちゃうし(こらこら)。
自分は、ぺさんの芝居自体を見るのが初めてなのでなんとも言えませんが、
いつもあんな感じなのでしょうかね?

なにはともあれ。
レイトショーで観たので
観客はぺさんファンの女性グループがほとんど、
といってもトータルで10人くらい。
が、笑ったのはラブシーンの最中に大きないびきが聞こえてきたこと。
思わず、
「おばちゃん!ヨン様ファンならここで寝ちゃあかんやろ!」と
心の中で突っ込んでしまいました(笑)。

by yuqui084 | 2005-10-13 11:40 | 映画

<< 朝から電話。 がっかりするやら笑えるやら… >>