人気ブログランキング |

「SAYURI」と「Mr.&Mrs.スミス」

昨日消えちゃったので今回は簡単に感想。

「SAYURI」
貧しさ故に置屋に売られた少女の数奇な運命を描いた
ベストセラー小説「メモリー・オブ・ゲイシャ」が原作の
無国籍ファンタジー&サスペンス巨編(笑)。
なぜファンタジーかというと、日本のようで日本でない国の話だから。
主役「さゆり」のチャン・ツィイー(とその子役)は
ブルーのカラーコンタクト装着で「水の相」を出し、
語られる言葉は全編英語、踊りはモダンダンス、花街はまるで九龍城。
着物の着つけも結われた髪も奇妙な違和感。
そしてなぜサスペンスかというと
そりゃぁもう女たちが怖いから。(笑)
綺麗に着飾り、笑顔を振り撒く裏で
男たちを転がし、
ライバルを泥沼に引きずり下ろそうと画策する
女優陣の強烈な存在感。
さすが「シカゴ」で女のケンカを描ききったロブ・マーシャル。
やられてはやりかえす熾烈な闘いに、
中盤までがかなり緊張感が高い作りになっていて
体調が芳しくなかった自分はよりダメージを受けることに…(笑)
なんかね、桃井かおりが荒野の魔女に見えたよ…(爆)
気の毒だったのは男優陣。
みんなすっかり影が薄くなっちゃってて…。
でも、思ったより「キレイキレイ」な映画じゃないところがよかったです。


「Mr.&Mrs.スミス」
ひとことでいうなら、
倦怠期を迎えた凄腕殺し屋夫婦の壮大なる夫婦ゲンカ。
これはもう、ただひたすら
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーを観賞する映画です。
ストーリーなんて気にしちゃいけません。
お互いの正体があまりにもあっさりバレてしまうとか、
簡単に筋書きが読める展開とか、
あれだけ大暴れしておいて傷一つない人たちとか…(爆)
車を壊し、家を壊し、ビルを壊し、
組織の人海戦術にも負けない不死身さは
もうバットマンやスパイダーマンを越えて
チャーリーズ・エンジェル並みだとか(どんな比較や)。

しかし、もう個人的にはそれも許す!
なぜなら、なによりもアンジーがカッコイイから!!
(そして、アンジーが相手だとブラピがヘタレちっくなところが最高。)
ナイフにピストル、ライフルにマシンガンにミサイルランチャーまで軽々と扱い、
身のこなしもしなやかなそのボディーを包むお衣装はエレガント&セクシー。
これを眼福と言わずして何という。
(気分はすっかりオヤジ)
いうなれば、なーんにも考えずに、
闘う美男美女を堪能するための映画。
(ある意味バーリトゥードだし…)
とりあえず、アンジーは最高!ということで(書き逃げかよ!)

by yuqui084 | 2005-12-19 22:12 | 映画

<< お誕生日おめでとうございます。 うわ~ん(泣) >>