人気ブログランキング |

<   2005年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本日一番の萌えネタ。(from ウェブラジオ)

仕事帰り、一緒に飲みに行って
普段はお酒に強い先輩が
珍しく酔っているのを見て心配し
ちゃんと面倒をみた上に
タクシーに乗せてあげる後輩。

by yuqui084 | 2005-05-14 12:34 | ウェブラジオ感想

お掃除BGM~♪

今年の2月ぐらいからいろいろ遠征費などなどがかさんで
現在お財布の中が大ピンチ。
今月はお給料日までどうやってやりくりしようかと思っていたのに
ついふらふらと入ったお店でやってしまいました…衝動買い。

自分がよく衝動買いするものといえば、本とCDです。
大阪の新世界に「さわの履物店」という老舗の履物屋さんがあって、
そこの4代目若旦那の澤野由明さんが立ち上げた「澤野工房」という
小さなジャズ・レーベル会社があるのですが、
以前ふらっと立ち寄ったCDショップで何枚か視聴して購入して以来
なんとなく気になるレーベルになっておりました。
はっきり言って、自分は超有名なスタンダード以外
ほとんどジャズを知らないので、
そのときに視聴したアーティストも
まーったく名前を知らない人たちだったのですが
どのアルバムも、「これは日曜日のお茶の時間に聴きたいなあ」とか
「週末の夜、お風呂に入った後に一杯引っ掛けながら…」とか
それを聴くときのシチュエーションがはっきりイメージできるような
CDだったので、ついつい何枚か買ってしまったのでした。

で、今回もやってしまったわけです。
今回のイメージは、一言。
「お休みの日、掃除をしながら聴くユーロジャズ」
もともと平日の帰りが遅くてなかなか掃除ができないまま週末出かけてしまうと、
どんどんその状態が積み重なって部屋が大変なことになっていくのですが
現在がちょうどその状況でして…
この週末こそは大掃除!そして衣替え!と自分の気持ちを奮い立たせていたのですが
ついつい怠け心が…(ああ、なんて心弱いんだ自分)。
そんなときに視聴機のヘッドフォンから流れてきたのは
軽やかなピアノに彩られた
「Isn’t It Romantic」と「My Favorite Things」。
コレだ~!この曲が後押しを!と、そのままレジに直行してしまったのでした。
ちなみに、アーティスト名は「トヌー・ナイソー・トリオ」、
アルバム名が「With A Song In My Heart」。
どうやらエストニアの方々らしいのですが、
メンバーの名前、ルビ振ってないと読めません。
どんな活動をしている人たちなのか、さっぱり分かりません。
でも、音がぴったりきたんです。お掃除BGMに(笑)
ありがとう、これで明日無事に掃除できます!!(…と思う)。
しばらく晩ご飯は目玉焼きだけどさ!

by yuqui084 | 2005-05-13 15:33 | 音楽

関西人の哀しいサガ

根っからの関西人なせいか
笑いはコミュニケーションの潤滑油と思っている節があるらしく
普段の会話でもつい笑いをとることに気を取られて
人に「面白キャラ認定」をされることが多いです。
特に、第一印象で好意を持った人には
「なんかいい感じ→この人には好かれたい→よろこんでもらいたい=笑ってもらいたい」
という感情が外に出るらしく、
いつもより熱心に笑いをとろうとするくせがでるようです。

しかし、ここに大きな落とし穴が。
笑い=よろこびという単純行動が
男女間ではなかなか恋のめばえには結びつかないということです。

女性→男性では、「面白い人」はOKゾーン内です。
むしろポイントは高いといえましょう。
なのに男性→女性では、「面白い人」と言われた瞬間に
言われた人間は「お友達」のエリアに移されてしまうのです。

こんな理不尽な話があるでしょうか。
喜ばせたいと思っただけなのに、
あの人の笑顔が見たかっただけなのにいいいい…!(エコー)

(ちょっと遠い目)

いえ…すみません。
あこがれの人の天然ボケについ漫才ノリでつっこんでしまったと話したら
会社の人に即座に「失格!」と言われてちょっとショックだったので…

でも…後悔なんかしてないやい…!!(涙)

by yuqui084 | 2005-05-11 13:11 | 日々のこと

なんとなく

人に自分のことを認識してもらうには、
こいつ、(もしかしたら) 役に立つ (かも?)
と思ってもらえるようになることが必要なのか?と思った夜。
(ちょっと混乱気味)

by yuqui084 | 2005-05-09 19:00 | 日々のこと

母の日

今日は母の日なので
久しぶりに母親と出かけるべく予定を立てた。
見たいという映画の席を予約し、
お昼ご飯はどこで、そのあと買い物を…などと考え、
当日は日曜なのに珍しく早起きした。
が。
朝いきなり父からかかってきた電話。
『今日入っていた予定を忘れていたらしい。今慌てて出ていったぞ。』

…脱力。

町内会主催のウォークラリーの受付を頼まれていたのを
一週あとだと勘違いしていたようだ。

…おかーさま、だから先週念のために予定を聞いたんじゃありませんか(涙)。

どうやら午後には帰ってくるらしいので
とりあえず、開演が迫っていたので慌てて映画館まで行って
時間を変更してもらい、お昼はキャンセル。
せっかく外に出たのでそのままふらふらしていたら
買わなくてもいいものまで買ってしまった…(爆)。

そんなこんなで夕方合流して母の日のやりなおし。
デパートの中をぐるぐる連れ回され
いろいろ愚痴も聞きながら半日を過ごした。

でも、けっこう楽しかった。

いまだに嫁にも行かない親不孝者の娘で申し訳ない。
いろいろあるけど、
人情深くて世話焼きで
「交渉人 真下正義」を楽しんで観るあなたが大好きです。
お母さん。これからもよろしくおねがいします。

by yuqui084 | 2005-05-08 23:30 | 日々のこと

日米コメディ映画(基本はスラップスティック?)

連休中に観に行った3本の映画のうち
2本がコメディ映画でした。
1本は邦画「真夜中の弥次さん喜多さん」、
もう1本は洋画「ドッジボール」。

「真夜中の弥次さん喜多さん」は
舞台(大人計画)と最近はもっぱらテレビで活躍中の
宮藤官九郎の初監督作品。
原作はしりあがり寿で、あの原作をどうやって映像化するのかと思ったら
結構電波~な感じに仕上がっておりました。
ある意味荒川良々大活躍。
ストーリーは、恋人のヤク中を治すためにお伊勢さん詣りに向かう
ホモカップルの話です(って、身もフタもないですね)。
…ていうか、はっきり言ってしまいましょう。
自分は古田新太のためにこの映画を観に行きましたー!(←アホです)
あの、切ない顔で斜め上方を見上げるおなじみの泣きの演技を見た瞬間、
「来た甲斐があった!」と得心。
2時間の上映時間のうち、総出演時間が3分だったとしても満足です。
…負け惜しみじゃないやい…(涙)
実は最近仲間内でドラマ「タイガー&ドラゴン」が大ブームでして
その流れで観に行ったとも言えるのですが
両方を観て思ったこと。
「長瀬智也、キャラ引っ張りすぎ…」
お正月のドラマ特番の時はあんなに濃くなかったはずなのに
間で映画の撮影が入ったのか、
弥次さんの濃い江戸っ子キャラがそのまま小虎に乗り移ったかのよう。
いえ、好きなんでいいんですけど(笑)
自分としてはラリった中村七之助の顔が苦手なので
もう少し短くてもよかったかな感が…。
しかし、なにより驚いたのがクレジットに出ていた「支援:文化庁」の文字。
本当にいいのか文化庁!?


そして、ベン・スティラー&ヴィンス・ヴォーンの「ドッジボール」は
下ネタ&小ネタ満載のアメリカ映画。
ついこの間2人が出ている「スタスキー&ハッチ」を観たところなのに
この映画のベンとヴィンスはまるっきり別人のようです。
(まあ、ある意味「スタ&ハチ」がコスプレだったのかもしれませんが。)
…ていうか、他のキャスト地味すぎ!(笑)
ずーっと「…この人どっかで見たことあるんだけど…」とか考えていて
画面に集中できませんでしたよ。
おまけに、拾えない小ネタとヤバイネタ多すぎ!
おかげで久しぶりに、この手の映画でパンフレット買いました。
20世紀FOXにやられたって感じです(爆)
だーかーら!
あれがチャック・ノリスだってのはわかったけれど
なんであそこでチャック・ノリスなのかがわかんないんだってば!とか。
まあ、本当は何も考えずに見るのがいいのかもしれません。
自分たちのジムを買収から救うため
ラスベガスのドッジボール大会に賞金目当てに出場する
ダメダメチームの奮闘記、というスポーツものでは典型的なストーリーなのに
ラストのカタルシスが弱いと感じたのは
それまでがいろんなものを詰め込みすぎて
くどくなりすぎたからなんじゃないかと思ったり。
観客を疲れさせてどうするんだって!(笑)
特にベン・スティラーは濃かった…
もともと薄くはないキャラですが、
今回はちょっと胸焼けしそうになるくらいで。
でも、下品なのに目をつぶれば、楽しく見られる映画でした。
ドッジボールの試合自体は面白かったし。
相手チームのキャラ立ちがよかったので、もっと試合を長く見たかったなぁ。
仲間内で一番ウケたのが、ドイツチームの「ハッセルホフ!」でした。
すごいなぁ…デヴィッド・ハッセルホフ(笑)。
これから気合い入れるときは「ハッセルホフ!」って言ってみよう。

by yuqui084 | 2005-05-06 23:30 | 映画

インドア三昧

花のゴールデンウイーク、外はいい天気。
しかし我が家は窓を全開してインドアです(笑)

いえいえ、正確には旅立っておりましたよ。
「ニルヴァーナ」に(爆)

というわけで、この三連休は家に友人が遊びに来たので、
久々のゲーム合宿(笑)と相成りました。
一応、その他にも3本ほど映画を観に行ったりもしたんですが
それは別項で。

最近は時間もあまり取れず
一本のゲームをクリアするのに3カ月はゆうにかかっているありさまですが
久々に楽しく遊んでいるゲームが
「デジタルデビルサーガ アバ゙タールチューナー2」。
アトラスのメガテン系ゲームはこれまで「ペルソナ」「ソウルハッカーズ」など
手を出したはいいが、悪魔や仲魔を合体させていくのが面倒で
途中で放り出してきたものが多いのですが
このDDS ATはシンプルなRPGでストーリーを追うタイプだったのと
ムービー&キャストが好みにあったらしく
結構時間をかけてやっております。
(とはいうものの、まだレベルは70くらい)
「1」は去年の秋クリアしたのですが
エンディングが「えええ~っ?!」という感じで
どうするんだこれ…とか言っていたら
案の定年明けに「2」が発売(笑)。
ご贔屓キャラにかける愛の差か、
先にやり始めたドラゴンクエスト8は光の海図で止まったままなのに
DDS AT2はもうラストダンジョンまでやってまいりました。
(といっても、ヘボプレーヤーばっかりなので普通の人より全然遅い。)
なんというか、プレーヤーが毒人間たちだと
ドラクエは健全過ぎて(以下略)

というわけで、この三日間、
ラストダンジョン突入して1日平均6時間くらいゲームやってたのですが
結局クリアできませんでした。
どうやらレベルは足りててもスキルが足りないらしい(爆)。
次にいつ集まれるかは分からないのですが
とりあえず、次回のゲーム大会まで
自分の仕事はレベル上げとスキル獲得のようです(涙)。

by yuqui084 | 2005-05-05 20:00 | 日々のこと

ごーるでんういーく?

このゴールデンウイーク、
自分がカレンダー通りなので特になにも考えずに出社したら
なんだか職場に人が少ない…。
でも、お昼ご飯を食べに外に出たら結構人がたくさんいて
なんだなんだ~?と思ったら
そうか、皆さんお休みでお買い物にいらしてるんですね。
そういえば、去年会社の裏に新しいビルがオープンしてから
このあたりも訪れる人が増えたような気がします。
劇場やら、ライブハウスやら、ブランドブティックやら、レストランやら
新店舗も目白押しで
人の流れが変わってきたのですね。

とまあ、こんな繁華街にある会社も、
この夏に移転で都落ち。
こんなにぎやかさを感じられるのも
今だけなのかもしれません。

とはいえ我らが新社屋、
まわりにあるのはマンションとスーパーだけ…って、
それビジネス街じゃありませんから!!
…残念!!(涙)

by yuqui084 | 2005-05-02 17:16 | 日々のこと

スタスキー&ハッチ 2004(DVD)

1970年代に作られた、
ポール・マイケル・グレイザー&デヴィッド・ソウル主演の海外ドラマを
ベン・スティラー&オーウェン・ウィルソン主演で
2004年に劇場版としてリメイクした特別版。
DVDを買ったのは吹き替え目当てですが
オリジナルのドラマ好きも楽しめる内容になっておりました。

ベン・スティラーが出ているので
アホアホ度はオリジナル以上。(←自分的にはそういう認識らしい)
しかし、オーウェン・ウィルソンがギター持って
「Don't Give up On Us」を歌った時には
制作チームの、オリジナルへのリスペクトを感じました(笑)
いや~、実は自分、かつてはデヴィッド・ソウルのファンで
レコード(CDではない)も持っておりましたもので
この曲を聴いたときには涙ちょちょぎれ&大爆笑。
なのに、ラストでオリジナルの御大二人が登場したときには
一瞬、だれだか分からなくて(わざわざ同じ衣装まで着ているのに!)
ちょっとばかり、時の流れを非情と感じてみたり…。

しかしながら、この作品のベン&オーウェンコンビは激キュート!
おまけにどう見てもラブラブにしか見えません(笑)
堅物で融通の利かない(でも、やってることはおバカ)のベンを
世慣れたオーウェンが「しょうがないなぁ…」と言いながらカバー。
以前の共演作品「ズーランダー」では両方がアホを競っていたのに(こらこら)
今回はどう見てもオーウェンがお母さん(笑)。
警官仲間にも「カップルだ」とちゃかされてたり。
こんな感じはどこかで…?と思っていたら
ナインティナインの岡村ちゃんと矢部っちがふと浮かんだ自分って…(爆)

そして、その他の共演者で特筆すべきはやはりスヌープ・ドッグでしょう!
なんかもうね、「つきあいたい!」とか思ってしまった(でも結婚はムリ…笑)。
衣装からヘアスタイルから何から激cool!
紫のスーツの上にカラーリングしたミンクのコートを着た190cmの男ですよ、奥さん!
それがまた似合ってるんですよ!
この作品のセクシー大賞!スヌープ・ドッグ~!という感じでした。
ハンドタオルを腰に巻いた二人は次点で(笑)

どうやら続編の制作も決まっているという話ですが、
やっぱり日本での劇場公開はないんだろうなぁ…
でも、DVDが出たら絶対買うぞ~!!

おっと、その前に「ドッジボール」観に行かなきゃ…


追記:吹き替え版の個人的なハマリツボは、
社長の歌う「That's the way」のワンフレーズでございました…

by yuqui084 | 2005-05-01 12:56 | 映画