人気ブログランキング |

<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

中国蒸気機関車DVD

偶然にお仕事情報発見。
でも、勉強不足でトラックバック失敗…(汗)
リンクはこちら写真家・佐々倉実さんのブログ

褒められてますよ社長…

by yuqui084 | 2005-09-11 10:41 | 社長!

空席には人形?(笑)

今週のウェブラジオのエンディングとカウンタートークは
朗読「角筈にて」の告知と稽古のお話。
「チケット売れてない売れてないっていうから、関係者から怒られちゃった」
と言ってましたが、そりゃ怒るでしょう~!
みんながんばって売ってるんですよ社長。
(自分は今回8枚売りましたよ。一般人勧誘で…笑)
だからあなたはもうひとがんばり告知してくださいって。

あと、夏に雪はダメでしょう!(笑)
お父さんは白の麻のスーツにパナマ帽でないとダメなんです!

まったく、相変わらず勝手なこと言ってますね
ホント、関係者諸氏のご苦労を思うと涙が… (T_T)

by yuqui084 | 2005-09-10 03:06 | ウェブラジオ感想

しょぼ~ん…(送信したら記事が消えたので再送)

昨日の記事について、
「あれをわざわざこんなところで書くアンタこそ大人げない」と
某方にたしなめられました。
いいじゃん!ここで書かずにどこで書くっつーの!ジタバタ!(開き直り)
…とはいえ、イベント名伏せ字なところがやっぱりヘタレか…(爆)

話は変わって、
昨日「大学インターンシップ」とやらで
うちの職場に研修生がやってきました。
(まあ研修生というより、見学生って感じですが)。
経営学部の男子1人、経営情報学部の女子2名。
一応昨日一日がうちの部の担当だったらしく
午前中自分がレクチャー(半分は雑談)したんですが
最近の学生さんはおとなしいですね。
っていうか、男子に覇気がないぞ。
去年もそうだったような気がするんだけど、
女子の方が概して熱心で前向き、ちゃんと質問もしてくる。
それに比べて男子は…(苦笑)
今回は2対1で人数が少なかったということもあるんだろうけど、
これが就職試験だったら、一発で落ちるよ?と言う感じの受け答え。
なので、にっこり笑って逆質問攻めにしてみた自分は…鬼?
いえいえ、これも愛です(笑)。
ほらほら、打たれ強くなっといたほうが、後が楽なんだってば!

by yuqui084 | 2005-09-09 23:41 | 日々のこと

「宇津救命丸」は夜泣きの薬。

社長…、動悸・息切れ・めまいに効くのは「救心」です(笑)。

というわけで、これまた今更ながらの『新浪漫流行』感想。
(分からない人はさら~っとスルーでお願いします…汗)

これまで色々なイベントを見てきて、仕事がらみで開催もしてきましたが
これほどまで出演者頼みのイベントもそうないなぁと改めて実感。
もともと忙しい人間(出演者)をかき集めて作るイベントは
共有情報が多いほどスムーズに動くのですが、
その点『長くやってる』ということは、とても有利な要素となります。
なぜなら、出演者(キャスト)が要領分かって勝手に動いてくれるから。
で、サービス精神旺盛な人ほどがんばってくれて
出演者のファンはそれぞれに(台本にない)弾けた面々を観ることができるから
それなりに楽しめる、と。
その反面、キャラクター版権を持っている会社が運営するとは思えないほど
キャラクターイメージ破壊イベント(笑)にもなりうるわけで。

じゃあ、主催者はいったい何がしたかったのか?
それはずばりお金儲けです。

投資家向けの決算説明会資料で
この手のイベントがメディア事業部の戦略に入っているのを見るとおり、
ゲームの販売促進のためのイベントと言うより
それ自体が収入の柱となってしまっているわけですね。
で、実績を残してしまうと、やめられないのがイベントというもので
一旦それで予算を立ててしまうと
マンネリズム、内容がない、と言われようと続けなければなりません。
(続けなければ、その予算を埋めるために新しい代替の企画を考えなければならないので)
だから、ネタに困った主催者は、
今回、大胆な企画を実現させました。
「キャストお触り企画」
見せるだけ、聴かせるだけでは客が呼べないと判断した主催者は
踊り子さんに対するお触りをオッケーしてしまったのです。
高嶺の花に客席通路を歩かせて客引きですよ?
花魁道中でも、沿道の人には手なんか触れさせはしないというのに。
言ってみれば、キャストの皆さんの「芸」だけでは金は稼げないと思ったわけです。
しかし、よく考えればそれは出演者にとって大変失礼な話です。
自分のファンイベントでもないのに、身体を張れっていわれてもねぇ…。

芸能プロダクションの社長やマネジャーが
自分の事務所に所属する新人タレントに
「ここらで一丁、グラビアで脱いでみるか?」というのはあり得る話ですが(ええっ?)
これまで長くやってきたイベント出演依頼で
「お触りありなんですけど、『新しい試み』なんですよ。出てもらえますよね?」
というのはアリなんでしょうか?
ていうか、そんな『新しい試み』はどうよ?
まあ、観客に触られたり、いじられたりするのが好きな人もいるかもしれないので
すべてがそうだとは言えませんが
ここにパワーハラスメントの匂いを感じる、といったら
うがちすぎでしょうか?

すみません…こんな風にだらだらと書いたのは
横浜に行く前からなんだかもやもやしていて
帰ったあとももやもやが晴れないからで。

そりゃ、目の前でだれかが面白いことをやってくれれば反射的に笑うし
社長ががんばってる姿には手に汗握りながらも萌えました。
でも、「面白かったですか~?」と言われて素直にうんと頷けなかったんですよ。
出演者の方々には、ホントに頭が下がりました。
宿題をこなし、意味不明なドラマ台本を押しつけられても
みんなして観客を楽しませようとしてくれました。
特に岩田光央氏!アナタは終始大人だった(涙)!
あの馬鹿馬鹿しいお練りの最中でも、
手が届かない遠くの人にまで気配り目配りして、声をかけてくれていました。
森川さんも、コーナー司会を任されて大変だった上に
できるだけたくさんの人と触れ合おうとしてくれました。
だからこそ、あなたたちにそんなに気を遣わせて
なんだかとても申し訳ない気持ちになってしまったのです。

そしてもう一つ。
「年相応」という言葉を理解できない某出演者を見るのが苦痛でした。
四十歳越えてあれはどうなんだと小一時間…

というわけで、
「面白かった!」と素直に言えないイベントは
心理的なコストパフォーマンスが低いので
多分、『流行』は次があっても行かないと思います。
(横浜イベントは、チケット代の他に新幹線代がかかるからなぁ…)
ていうか、いつまで横浜に通うつもりだ自分…(爆)。

by yuqui084 | 2005-09-08 23:41 | お楽しみはこれもなのだ

今さらながらのケツメイシ感想(ちょっと手を入れました)。

本当に今更なので、簡単に。

実は2デイズだったのですが、
1日目は会場に着いた時点で半分以上終わっていたので(涙)
2日目はわざわざ会場近くで打ち合わせの仕事を作って
そのまま直帰仕様→ライブ直行(極悪)。

で、思ったこと。

観客男子率が高い!
 →ステージ上から「ケツメ好きの野郎ども!」と叫ばれてました(笑)。

会場が暗い!
 →最近、観客がペンライト持ってるライブ&イベントに参加することが多かったので(笑)
   あ、でもみんなうちわは持っていたな~。

オフィシャルTシャツ着用率が高い!
 →みんな買った瞬間に着替えてますよ。
   でも、ここのオフィTってデザインや色遣いがいい感じ。
   メンバーはおしゃれっぽくないのに(こらこら)、
   どこぞとのコラボだというSMAPオフィTよりかっこいいTシャツ(爆)

ライブ本体は、ひとことで言うなら

小学生並みのトーク(約一名)、ぬるいコントコーナー、なのにおセンチな楽曲。
(爆笑)

いや~、このアンバランスさが癖になりそうです。
トークに関しては、照れ隠しも幾分あるとはいえ、
終始下半身ネタでつっ走り通したRYOさんにある意味脱帽(笑)。
そして全編に流れるギャグ&小ネタ。
オープニングからして「幕」が語ります。
(といっても、台詞がプロジェクターで幕に投影されるわけですが)
今回のライブのステージにかかっている幕は
四畳半の部屋に弟と暮らしているらしいです(笑)

とはいえ、
ステージ上で楽器が演奏されない「ライブ」に参加するのは初めてだったのですが
(というより、ヒップホップ系のライブが初めて)
マジ楽しかった!
これでメンバーが何人いるのか分かったし(笑)。

そして、生楽器演奏が無くとも、大音響で聴いてみて
やっぱり「さくら」「涙」「願い」は名曲だなぁと思った次第です。
ぱっと見ふざけていても、根はみんな真面目な人たちなんだろうなぁと
曲を聴いて思ったりして。
ヒップホップ系のライブって、もっと殺伐としてるんじゃないかと
勝手に思っていたんですが、
ケツメイシ、結構叙情派です(笑)
ケツメ刑事純情編?(意味不明)。
また行きたいなぁと思えるライブでございました。
チケット取るの大変だろうけど…(爆)

by yuqui084 | 2005-09-06 02:19 | 音楽

ちょこっと復活。

やっと今日ひと山越えて一段落。
いろいろお騒がせいたしました。
横浜で心配してくださった方々、ありがとうございます。m(_ _)m
喫茶店と焼肉屋でくだまいてすみませんY先輩。
やっぱりおなかがすいていると碌な事考えませんね。
凹んだところもぼちぼち修復しつつ、がんばります。

ところで、ジョニー・デップさん来日してましたね。
前回来日は「デッドマン」公開時だからまさに十年ぶり!
なんで覚えているのかといったら、
当時、東テレ系列で放送していた「愛ラブSMAP」に
わざわざジム・ジャームッシュ監督とプロモーション出演して
そのナレーションを社長がやっていたから。
とはいえ、そのコーナーは明らかにあの番組内では浮きまくってましたが。
だって、どう考えてもあの番組を見ている視聴者は
映画「デッドマン」を観る客層とはかぶらないでしょうに!(爆)。
喜んでいたのは木村拓哉(基本的にミーハー)ただ一人…
いまだになぜあの番組だったのか謎。

で、今回のチョコレート工場のウォンカさん、
「のっぺりした肌の質感が整形後のマイケル・ジャクソンに似てる…」
と言ったら、ジョニーさんファンの某嬢にどつかれました。

by yuqui084 | 2005-09-05 19:18 | 日々のこと

忙しいとは、「心を亡くす」と書く。

時々こういう状況になって思うのは
「仕事」が「作業」になってしまって
自分がやっていることの意味も思い入れもすべてなくしてしまい
機械的になにかをこなしているだけで
「仕事」をしたような気がしている、という怖さ。
こんなときにミスをしたり、
形になったものを見て自己嫌悪に陥ったりする訳です。
でも、自分がやったことだから
逃げられないし、言い訳もできない。
なのに反省する時間もない。
なんだかそれが悔しい。

さて、あと半日。
今週末はゆっくりできますように。
ていうか、日曜日は横浜だよ!
ゆっくりしている場合じゃないかも…

by yuqui084 | 2005-09-02 15:40 | 日々のこと